働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 53616

【ぺぷり】第10話:難しきかな前髪カット

皆様、お子様のヘアカットどうされていますか?

うちの娘の場合、後ろの髪は3、4ヵ月ごとのカットなので美容院に行っていますが、前髪はその間もどんどん伸びてくるので、前髪だけセルフカットをしています。
5歳になった今は大人しく座っていてくれるので楽になりましたが、娘が1歳や2歳の頃にはそれはそれは苦労したものでした。そして、何度も失敗してきました(娘よごめんよ)。

まだまだ下手ですが、私なりの前髪カットのポイントを書かせていただきます。

【散髪はさみ、すきばさみは専用のものを用意する】
初めは安物の工作用はさみを使っていましたが、切れ味が悪くてうまく切れず、曲がって切れてしまったり時間がかかったりしていました。
小さなお子様のヘアカットは時短が命なので、専用のものを用意する方が親子ともにストレスなくヘアカットできます

【テレビなど、子供がじっと集中できるものを準備する】
子供はハサミを意識すると怖がって動いたりしてしまい余計に危ないので、気を逸らせられる何かを用意しておくとスムーズにヘアカットしやすいです。

【前髪と横髪を分けて切る】
切る前に前髪と横髪を分けて、横髪はピンで固定しておくとどこを切っていいのかわかりやすいです。
ズボラな私は、特に分けたりせずに前にきている髪を全部切ってしまっていたら、いつの間にか横の髪もどんどん切ってしまっており、金太郎のようなヘアスタイルになりました。

【乾いた状態で切る】
美容院などでは濡れた状態で切っているイメージがあるのですが、それはプロの感覚あってのもの。髪が乾くと浮いて短くなるので、乾いた状態で切る方がイメージ通りに仕上げられると思います。

【最初は長めに切って、後で調節する】
漫画のように、左右対称にしようと短い方に合わせて切っていくとどんどん短くなっていってしまいます。悲しいかな、1度切ったものは戻らないです(涙)また、すきばさみですくと短くなったように感じるので、長めの状態ですきばさみをかけて最後に長い髪を切って整えると失敗が少ないと思います。

失敗も多いですが、これまで5年間毎月娘の前髪を切ってきて、少しずつましにできるようになってきました。回数こなせば少しずつうまくなっていくと信じて、今月もセルフヘアカットを頑張っていきます。

まとめ

後ろの髪もおかっぱなことが多かったので、毎回リアルワカメちゃんでした。まだよくわかっていない当時だったから良かったものの、今やらかしたら泣かれてしまうかもしれませんね(苦笑)

instagram(@pepuritan)でも、子供たちとの日常漫画を更新しておりますので、よろしければご覧ください。

pepuritan

4歳の女の子と2歳の男の子のママです。 MAMAPLAでの連載の他、インスタグラムでもマンガを更新しています。 https://www.instagram.com/pepuritan

RELATED POST

あなたにおすすめの記事