働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

5120

子供用携帯はこんなにも進化してる!おすすめの選び方と8つのポイント

一昔前までは、中学生で携帯を持っていると浮いている時代でした。周りは誰も持っておらずメールをする相手もいない。時代はかわり、今では共働き世帯も増え、小学生でも持っている子供が急増しています。子供に携帯を持たせたいけど、どうやって選べば良いの?子供用携帯の選び方や注意点をご紹介します。

子供用携帯を選ぶ時に注意すべきこと

phone-690091_960_720

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/03/26/09/41/phone-690091_960_720.jpg

小学生が携帯電話を持ち歩く時代となりましたが、携帯電話には危険がいっぱい!携帯電話など安いものでもありませんし、紛失・盗難・破損などのトラブルから、ネット被害などのトラブルが起こるケースもあります。

ネット犯罪に巻き込まれる小中学生も数多く、子供の携帯電話の使い方に悩む親御さんも多いでしょう。ネットトラブルなどは予測不能です。いつどこで、何がおこるかもわかりません。安心して子供に携帯電話を与えるにはどうすれば良いのでしょうか。

まずは、携帯を持つ年齢や、携帯の機種の選び方、そしてネットの使用制限やトラブルに巻き込まれない方法などをチェックしましょう。最近では携帯電話を持つ年齢が低くなっていることから、便利な機能なども登場しています。

子供にスマホはまだ早い?キッズケータイかスマホどっちがいい?

large

出典:http://data.whicdn.com/images/229193160/large.jpg

実際にいつ頃から自分の携帯を持っているか、全国で見てみると、塾へ通っているという子が多い中学生は近年、圧倒的に持っているという子が増えています。

小学校の塾の送り迎えなどで、親御さんがお子さんと連絡をとる手段として活用するのでしょう。ちなみにスマホの保有率は、高校1年生で急増します。

どういったタイミングで持たせる親御さんが多いのかというと、「心配事が増えた時」です。たとえば、進級・進学をして友達ができるのか、みんなが持っているのに仲間外れにされないか、塾へ通って夜遅くなるから心配、など。心配事が多くなったからこそ携帯を持たせたのに、ネットトラブルなど余計に心配事が増えるタイミングでもあります。

親が子供に携帯を持たせたい理由を考える

large (4)

出典:http://data.whicdn.com/images/162218604/large.jpg

親御さんが子供さんに携帯電話を持たせたいと考える一番の理由は、緊急時に連絡を取る手段がほしいからです。最近では、両親ともに共働きのご家庭も増えました。そこで、「カギっ子」をしている子どもたちとすぐに連絡がとれるように、携帯電話を持たせる親御さんが多いようです。

また、3.11関東大震災のような震災や災害が起こった際に、子供と離れ離れになってしまっても携帯電話を持っていたら安心です。

不景気な世の中ですから、早くから受験に励むお子様もいらっしゃいます。そこで、指導塾への需要が増えたことから夜遅くまでやっている塾も急増しています。夜遅くなると親御さんが送り迎えをするという家庭も多いので、連絡を取る手段として携帯電話を持たせたいと思うのです。

子供がスマホを持ってトラブルにあう確率

large (5)

出典:http://data.whicdn.com/images/234403929/large.jpg

子供に携帯を持たせると、ネットトラブルなどが心配です。キッズケータイとスマホではできる機能がかけ離れていますが、スマートフォンを持たせると確実にインターネットを閲覧するようになります。

ネットには、子供にとって役立つ情報もたくさんあります。ですが、悪影響を及ぼす情報も数多くありますし、SNSや掲示板、メール、メッセージアプリなど便利な機能を利用することによって、トラブルに巻き込まれる確率も高くなります。

ネットトラブルに逢う確率は、小学校高学年から急増します。「友達に流されやすい年齢」だからです。友達が、「○○は面白い」「これやってみて」などと言うだけで流されて使ってしまいます。小学校高学年から中学校3年生までは社会の良し悪しも理解できていないので注意が必要です。

携帯にどういった機能があると便利なの?

bebe-827779_960_720

出典:https://pixabay.com/static/uploads/photo/2015/07/01/17/47/bebe-827779_960_720.jpg

キッズケータイでもスマホでも、やはり持つ人物は子供なのですから、安全性と耐久性に優れたものが理想です。落としてしまった衝撃で壊れるようではいけません。また、雨に濡れる、冷たい場所から温かい場所に入る時の湿気などにも強いケータイが便利です。

最低限、両親や兄弟、姉妹、おじいちゃんおばあちゃんなどに連絡が取れる携帯があれば、「親が子供に携帯を持たせたい理由」は解決できます。連絡が取れて、防犯機能がある、それだけを考えると低年齢の子供にスマホを与える必要はないのかもしれませんね。

キッズケータイのメリットと特徴とは?

large (6)

出典:http://data.whicdn.com/images/113079746/large.jpg

キッズケータイのメリットは、必要最低限の機能が備わっているということ。通話とメールなどのやり取りが最大10件でき、ワンタッチで発信できる。また、文字が読めない子供でも録音した言葉を送ることができる機能がついているので、幼児でも持つことができます。

昔は「防犯ブザー」というものを小学生が持っていましたが、キッズケータイには防犯ブザー機能も備わっています。紐をひくと大きな警報音。緊急地震速報などを通知してくれるキッズケータイも登場しているので、スマホでネットトラブルの被害に合うなどのデメリットもキッズケータイなら解消できます。

子供にぴったりな携帯の選び方とは?

large

出典:http://data.whicdn.com/images/72800259/large.png

やはり、子供の携帯は年齢に合わせて選ぶべきです。文字が読めない幼児でも使えるキッズケータイの対象年齢は、4歳頃から小学校高学年まで。そしてスマートフォンなど大人が持つ携帯は、中学生や高校生からが一般的ではないでしょうか。

実は、キッズケータイとスマホの間にもう1種類携帯電話が登場しています。ジュニア用のスマートフォンで、アプリの利用制限、インターネットの閲覧制限など「見てほしくない使ってほしくない機能」を予め制限できるスマートフォンです。小学校高学年になるとキッズケータイでは物足りない時代。そんな時は、ジュニア用のスマホの購入を考えてみてはいかがでしょうか。

まとめ

子供はゲームやくだらない会話など、無駄に時間を過ごせるものが大好きです。動画やネットの閲覧、無料ゲームなど「やりすぎてはいけないもの」は親が制限するしかありません。キッズケータイからスマホまで、お子様の年齢と用途に合わせた携帯電話を選びましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事