働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 7344

【piyo_pon】第20話:怖がり娘の苦手な絵本とは?

お子さんの好きな絵本は何ですか?
我が家の子供たちがまず初めに気に入ったのは、仕掛け絵本でした。
紙をめくると絵が隠れていたり、引っ張ると絵が動いたり飛び出してきたりするような、目で見てインパクトがあるような絵本が好きで、お話そのものの楽しさに興味を持ち始めたのはしばらく経ってからです。
そして数ある絵本の中でも、大好きで何度も「読んで」と持ってくるものもあれば、なぜかお気に召さずに本棚から全く出されなくなってしまったものもありました。
今回のお話は、娘の小ネギが2歳の頃、怖がって読めなくなってしまった絵本についてのお話です。

まとめ

浦島太郎がおじいさんになってしまったのが怖くて、元に戻そうと髭や白髪をティッシュで拭き始めたことも、「弱虫」を「にのむし」と言い間違えてしまったこともとても可愛くて癒されました。
…でも、娘はこの日以降も浦島太郎のお話を怖がって、ラストのページが近づくと私の後ろに隠れて思いきり首にしがみついてきたり、さらには本を見ずに遠くへ逃げてしまったりと、どうしても太郎がおじいさんになるのを受け入れられなかったので、ほんの数回で読まなくなってしまいました。
今となっては懐かしい思い出です。
ちなみに弟のタマは、オバケが出てくるお話が怖いらしく、読もうとすると必ず本を閉じられてしまいます(笑)

そんな我が家の日常は、Instagramで更新中です!→piyo_pon

piyo_pon

2児の母です。娘(11歳)、息子(2歳)、夫との平凡だけど毎日いろいろな発見がある日常を、インスタグラムに描いています。https://www.instagram.com/piyo_pon

RELATED POST

あなたにおすすめの記事