働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2376

動画を楽しむだけじゃない!【YouTube Kids】の使い方

Googleが子供向けの【YouTube】として、【YouTube Kids】のサービスを日本でも開始しました。
今まで「動画を見せるのはちょっと心配」と思っていたママでも安心して子供に見せられる、そんなサービスになっています。【YouTube】と【YouTube Kids】はどのような違いがあるのでしょうか?使い方をマスターして、楽しく賢く利用しましょう。

【YouTube】と【YouTube Kids】の違い

一番の違いはコンテンツ内容です。【YouTube】にも不適切なコンテンツを除外できる設定がありますが、【YouTube Kids】は子供向けの適正なコンテンツだけをあらかじめフィルタリングして表示させるようになっています。

・子供が見やすいデザインとアイコン
アイコンが大きく、子供が見やすいデザインになっています。音声検索機能があるので、文字の入力が出来ない小さな子供でも見たい動画を検索することが可能です。

・カテゴリから簡単に見たい動画を選べる
コンテンツは「アニメ・ドラマ」「おんがく」「まなぶ」「はっけん」と4つのカテゴリに分かれています。カテゴリのアイコンが画面上部にわかりやすく表示されていて、操作も簡単です。

・動画の見過ぎを防ぐタイマー機能
動画の視聴時間が管理できるタイマー機能がついています。設定した時間になると自動的に停止するので、動画の見過ぎを防げます。

【YouTube Kids】なら、ママも安心して動画を視聴させることが出来ますね。

【YouTube Kids】の使い方をマスターしよう

使い方はとても簡単です。まずは【YouTube Kids】アプリをインストールして、初期設定から始めましょう。

1.生まれた年の入力(保護者)
2.説明に沿って検索のオン・オフを設定
3.保護者のGoogleアカウントを入力して、確認メールに記載されているコードを入力

これで初期設定は終わりです。

効果音などさらに細かい設定をする場合は、指定されたパスコードを入力して進めます。パスコードはタイマーなどの設定を行うときに必要な指定された数字ですが、好きな数字に変更することも可能です。

タイマーを設定したいときは、右下にある鍵マークをタップします。パスコードを入力すると、アイコンが出てくるのでそこから設定が可能です。設定が終わったら、あとは画面上部にあるアイコンや検索から見たい動画を選ぶだけ。とっても簡単ですね!

より安心・安全に!気をつけておきたい注意点

【YouTube】と比べてとても安全な【YouTube Kids】ですが、注意しなければならない点がいくつかあります。

・検索のオン・オフで見られる動画量が異なる
検索をオンにすると適切な動画が検索結果に反映されるため、より多くの動画を視聴することが出来ます。オフにすると履歴などからチョイスされた、おすすめ動画しか視聴することが出来ません。
検索がオンでも不適切と判断されたワードを検索した場合は、検索結果には表示されないので安心です。

・見せたくない動画はブロックする
適切と判断されても、親としては不適切だと感じる動画があるかもしれません。子供に見せたくない動画があるときは、各動画チャンネルの右下にあるボタンをタップしてブロックすることで、簡単に非表示にすることが出来ます。

・タイマー機能を過信しない
タイマーで視聴時間を設定すれば、時間がくると自動的に動画が停止して「時間だよ、またね!」という画面が表示されます。ただ、アプリを終了させて再度開くとタイマー設定も解除され、動画が視聴できる状態になるので注意が必要です。この裏ワザを子供が使わないように気をつけましょう。

まとめ

スマホなどで動画を見せることは良くないと思われがちですが、正しく利用すれば見て楽しむだけでなく、知識のインプットにもなります。
子供とルールをきちんと決めて、活用してみてくださいね。

Shuka

好奇心旺盛なアラフォーフリーランス(ライター/ブロガー)。夫・高1の娘・小3の息子の4人家族です。読みやすく、ためになる記事を心がけています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事