働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 5584

人と違っても焦らない。私の子育てを変えてくれた子供の発達障害

最近テレビなどでも取り上げられ、多くの人に知られるようになった発達障害。
「我が子は大丈夫だろうか」と、不安に思っているママもいるのではないでしょうか。
私の息子には、発達障害があります。
子供の成長を周囲と比較していた私ですが、障害がわかってからは子育てに対する考え方が変わっていきました。
今回は、発達障害について私の実体験を交えてご紹介します。

大人になって発覚することも

子供の発達障害がクローズアップされていますが、最近は大人になって発覚するケースも増えています。
発達障害は先天的な障害なので、大人になって発症することはありません。
病院で診察を受けたら、「実は発達障害だった」と発覚することが多く、決して発達障害が増えたということではないのです。
気づいていないだけで、潜在的に症状を抱えているという人も多くいるのかもしれません。

発達障害は次のような種類に分かれています。

広汎性発達障害(PDD) →コミュニケーションが困難、強いこだわりがあるなど
学習障害(LD) →読み書きや算数など特定の学習に困難がある
注意欠如・多動性障害(ADHD) →日常生活に支障があるほど注意力がない、多動であるなど

上記の障害を総称したのが発達障害で、いくつかの障害が併合している場合や知的障害をともなう場合もあります。
発達障害と一口に言っても症状がさまざまで、素人での判断はとても難しいため、専門の病院で受診する必要があります。
診断には基準があり、基準には満たなくとも近い症状のある、いわゆるグレーゾーンと言われる子供たちもたくさんいます。

障害を意識したきっかけは1歳半健診

私の息子は夜泣きもあまりせず、とても育てやすい赤ちゃんでした。歩き始めたのは1歳ちょうどくらいと早め。とにかく活発で目が離せませんでしたが、すくすくと成長していました。
最初に息子の障害を疑ったのは、1歳半健診のとき言葉の遅れと発語の少なさを指摘され、このときから「あれ?周りと違う?」と思うようになりました。

健診のときに、当時住んでいた町の発達支援センターへ通うことを勧められ、子供のためにと通うことにしました。
ところが支援センターに空きが無く、最初はキャンセルが出たときに入れる程度。定期的に通えるようになるまで、結局1年待ちました。ところがちょうどそのころに引っ越しが決まり、結局通うことはできませんでした。

発達障害と診断されるまでの道のり

息子が生まれてから初めての引っ越し。知らない土地で子育てにも余裕がなく、慣れてきたころにちょうど3歳児健診がありました。
何となく「障害があるかもしれない」と思ってはいましたが、言葉が少ないことのほか、視線がなかなか合わない、数字を100まで覚えているなどの理由から、やはり何か障害があるかもしれないと病院での受診を勧められました。

今もそうですが、当時も発達障害を診断できる病院や医師が少なかったため、受診は半年待ち。3歳半を過ぎたころにようやく受診して、広汎性発達障害(PDD)と診断されました。
子供によってさまざまな特性がありますが、息子の場合は視覚から情報を得るのが得意で、幼稚園のころにはおおよその漢字は読めるようになっていました。反対にコミュニケーションや字を書くこと、手先を使う作業、運動など苦手なことが多く、これが生きづらさの原因になっています。

発達障害かもと思ったら

小学校へ上がるまでに子供の年齢に合わせた健康診断が何度かあるので、ここで保健師や先生から受診を勧められる場合があります。
子供の発達が気になる場合は、発達支援センターなど相談できる機関や窓口があるので、まずは一度相談してみてください。

最終的には児童精神科や発達外来など、診断できる医師のいる病院で受診します。ただ、現在も病院や診断できる医師の数が足りておらず、初診まで半年以上待つことも少なくありません。
診断を受けても、「発達障害だからこうすれば良い」という治療法はないので、個々の特性に合わせた適切な対応が必要になります。

私も息子の子育ては手探りで、対応を間違えてしまうこともあり、毎日が勉強です。
どんな人でも得意・不得意があります。息子が発達障害と診断されてからの子育ては、障害の有無にかかわらず、子供がなるべくストレスフリーで過ごせる環境作りが大切だと考えています。
周りと違っても、親が焦らずドンと構えることで、子供も安心できるのではないでしょうか。

まとめ

発達障害の特性や症状の認知度はまだまだ低く、目に見えない障害のため偏見を持たれることが多いのが現状です。
この記事が少しでも障害の理解に繋がり、子育てを見つめなおすきっかけになれば幸いです。

Shuka

好奇心旺盛なアラフォーフリーランス(ライター/ブロガー)。夫・高1の娘・小3の息子の4人家族です。読みやすく、ためになる記事を心がけています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事