働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 120128

【 まりげ 】第31話:田舎に移住して一年…母が感じた子どもたちの変化とは?

こんにちは、まりげです。

先日小学校の先生と話していて、" 最近は転んだときに顔や頭に大怪我してしまう子どもが増えている。"という話を聞きました。

外遊びをたくさんして転ぶ経験が少ない、というのが原因の一つとしてあるそうです。

一方、わが家の子どもたちは海あり山ありの環境なので外遊びをする場所には不自由しません。

今回はそんな田舎暮らしの中で子どもたちがたくましく成長したなぁと感じた出来事です。

まとめ

昔読んだ本で心に残っている言葉があります。

"足踏みしてても靴の底は減るぜ "

失敗して転ぶこと、間違った方向に進むことを恐れて足踏みしていても靴底は減ってしまう。

それよりも足を一歩前に踏み出せば新たな出会いや、喜びがあるかもしれない。

そんな風に考えて田舎に移り住んでからもうすぐ一年が経とうとしています。

子どもと野山を散策すると、木の根っこや植物のツルに引っかかって転んでしまうことも一度や二度ではありません。

それでも手を前について転び、また歩き出す子ども達を見ているとなんだか頼もしく感じるのです。

子どもたちには失敗を含め、色々な経験をして欲しい。

その時の為にもこの場所で転び方や起き上がる力を身につけて欲しいと願っています。

わが家の日常は、Instagram(@marige333)にて更新中です!

marige333

はじめまして。 まりげです。 ほぼ毎日Instagramに絵日記を投稿しています。 やんちゃな長男と、おっとりした次男の二人を育てています。 夫が昨年脱サラし、京都府舞鶴市に移住してきました。 慣れない田舎暮らし、初めての農業、そして義母との同居と、思うようにならない毎日ですが、家族と過ごす時間が心を和まし、海と山が感性を豊かにしてくれます。 読んでくれる人にホッとしてクスッと笑ってもらえるようなイラストエッセイを描く事が日々の楽しみです。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事