働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 4128

【専門家・先輩ママ 教えて!】子どものほめ方がよくわかりません


効果的な子どものほめ方とは?

専門家の回答

叱るときは、ピンポイントに叱りたい点のみを叱るのですが、ほめる時は「ちょい足し」がいいでしょう。
「そういえば、あの時もこうやってくれたよね、ありがとう」みたいな感じで。
「ほめることがない」と言うお父さん・お母さんもいますが、子どもはほめることだらけですよ。

今は当たり前のようにできることも、つい数ヶ月前、数週間前まではできなかったことなのです。
そう思えばほめるところだらけですよね。

「お着替えできてすごいね」と、できるようになった時だけほめて、数日で終わってしまうのではなく、1週間後、1か月後、1年後でも、「いつも着替え上手だよね」とほめる。
そうしたら子供も「僕は上手なんだ、もっと頑張ろう!」とやる気になるんですよね。

やる気になると、「じゃあ、服もたたんでみよう」とか別のことも意識できるようになります。ほめるときは、ちょい足しする、そして、できていることも改めてほめる、というのが僕のコツです。

(保育士:てぃ先生)

先輩ママの経験談

叱り方と同様に、何がどうよかったか具体的に褒めるようにしています。

さつまいも 4歳、2歳のママ

わたしがよいと思ったところ、どこに感動したのかを伝える。

がぶ 4歳、2歳のママ

なるべく大きな声で「すごいねー!!」と驚くようにほめています。すると、とってもうれしそうに、何度もやってます。

のん 3歳、1歳のママ

具体的にほめるようにしています。

がんもどき 3歳のママ

心から全力で褒める!思い出すたび褒める!しつこく褒める!

ムン 4歳のママ

大げさにほめます。すごく頑張ったときは、パパや保育園の先生など、他の人にも教えて、ほめてもらいました。

みかん 3歳のママ

提供元:camily(キャミリー)

camily(キャミリー)

キャミリーは、働くママとパパ、家族の気持ちをラクにする情報サイト。仕事と子育ての両立、育休からの仕事復帰、働くママの育児、生活・家事の時短テクニック、育児マンガなどを多数掲載。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事