働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3632

痛いの?痛くないの?【無痛分娩】という出産方法を選んだ理由

気にはなるけど、実際の話を聞く機会が意外に少ない【無痛分娩】。そこで今回は、妊娠が分かった時から、迷わず無痛分娩を希望していた私が、無痛分娩で出産した経験をシェアしますね。
出産方法は人それぞれで、自然分娩だからえらいわけでも、無痛分娩だから楽をしているわけでもありません。
自分に合った出産方法を選び、最高のお産ができるようにしっかり考えてくださいね。

私が「無痛分娩」を選んだワケ。しっかり考えてベストな出産方法を選びたい

スクリーンショット 2016-10-20 13.54.07

私の場合、たまたま同じ時期に妊娠や出産した友人が多く、出産方法についてたくさん話を聞くことができました。
その中の一人の友人が言ったのです。

「手術するときに、麻酔使わないで手術することってある?ないよね?出産も同じように麻酔を使っていいと思う!」

この言葉は響きました。まさにその通りだと思ったからです。

最近でこそ、様々な出産方法が受け入れられるようになってきましたが、まだまだ自然の流れに任せて、お腹を痛めて産んでこそ、という「自然分娩」が美徳とされる考えもあるようです。

産むのは自分自身。しっかり考えて出産方法を選びましょう。私は痛みを少しでも軽減させたくて「無痛分娩」を選びました。

 

「無痛分娩」は、陣痛が来て産院に行くまで「自然分娩」と同じなんです

スクリーンショット 2016-10-20 15.27.50

私の選んだ産院は、無痛分娩と自然分娩を両方している産院でした。事前にもらう「バースプラン」を立てる際に、無痛分娩希望者は選択します。医師からの説明を受け、メリットやデメリットを聞いて納得したうえで、同意書をもらいます。この同意書に記入して、入院時に提出したら手続きは完了です。

無痛分娩には、大きく分けて2種類あり、「完全無痛分娩」と「和痛分娩」があります。私の出産した産院は、「和痛分娩」を行っていました。

また、無痛分娩の場合は事前入院をする産院もあるようですが、私の産院は特にそのようなことはありませんでした。
陣痛が来るまで、普段通りの生活をしていて、陣痛が来てから産院に連絡。その後、入院セットを持って産院に向かいます。

ここまでは、おそらく自然分娩と同じ流れでしょう。

 

「無痛分娩」は陣痛が来た後に、麻酔薬を注入してスタート

mutsu-3

ここから無痛分娩の流れになります。

自制の利かない陣痛になってきたら、ようやく麻酔を打ちます。
「まだ麻酔を打たないの?」何度もそう思い、助産師さんに確認したことを思い出します。

麻酔は陣痛が来たら、すぐに打つものだと思っていましたが、ある程度子宮口が開き、陣痛の間隔が狭くなってきてから麻酔となります。

無痛分娩は全く痛くないと思っていたけれど、陣痛の痛みをしっかり味わうことができました。

無痛分娩で痛みを和らげるために最もよく使われるのが「硬膜外麻酔」という方法です。まず背中(硬膜外腔)に細いチューブを挿入します。そのチューブを通して背中に麻酔薬を注入する方法で、分娩中はチューブから鎮痛作用のある麻酔薬を少しずつ入れていくことにより、陣痛の痛みが緩和されます。

この麻酔を入れてからはまるで天国!痛みがスッと和らぎ、今まで陣痛の痛みでぐったりしていたことが嘘のようです。私もすっかり平常通りに戻り、ベットに横たわりながら付き添いの夫や家族と会話を楽しむ余裕すら出てきました。

改めて、麻酔の力ってすごいんだと実感せずにはいられませんでした。

 

いよいよ分娩室へ。落ち着いて出産に臨めたのが最大のメリット

secondbaby-5

すっかり家族とおしゃべりを満喫していると、「子宮口が開いたのでいよいよ分娩室へ行きましょう」と助産師さんから声掛けがありました。家族に「行ってきます」と手を振り、分娩室に入りました。

隣の分娩室からは、大きな悲鳴が聞こえてきて多少緊張はしたものの、麻酔がしっかりきいてくれているおかげで、とても冷静な自分がいました。

陣痛の痛みがないので、産院のマタニティヨガやマタニティビクスに通っていたこともあり、叫ばない、取り乱さない、呼吸をしっかりすると、教わっていた通り落ち着いていきむことができました。

陣痛やお産の痛みで体力を消耗したり、パニック状態になったりして、お産の記憶があいまいになるという話を聞いたことがありましたが、無痛分娩にしたおかげで全くそのようなことはありませんでした。しっかりと出産に向かい合うことができ、落ち着いて出産することができました。

分娩室に入ってからは、1時間ほどで出産。長い間お腹の中にいてくれた可愛い我が子との対面は、人生で味わったことのないほどの感動を与えてくれました。

 

産後の回復が早い!出産してからはすぐに育児がスタート

mutsu-5

出産が終わって、ほっと一息する間もなく、すぐに育児はスタートします。

出産で体力を消耗していようがいまいが、赤ちゃんは待ってはくれません。

その点、体力の消耗や体への負担が少なく済い無痛分娩には、大きなメリットがあります。

産院の廊下で出会う産後のママさんは、車いすを使っていたり、歩行がゆっくりでぎこちない方がいたりしました。その中で私は、出産した翌日から歩行もスムーズでした。

先輩ママに「ドーナツクッションは、入院時に絶対使うから持って行ったほうがいいよ」と言われ、入院時に持参しましたが一度も使わなかったほど。

出産してすぐにスタートする子育て。体の回復が早いのは、本当にありがたいことだと心から実感しました。

陣痛の痛みを自然に経験し、麻酔を使ったおかげで冷静に出産できたこと。

可愛い我が子の出産の瞬間の記憶も鮮明で、人生最大の感動を味わえたこと。

出産後すぐスタートする子育てにも、無理なく対応することができたこと。

私にとって、「無痛分娩」は最高のお産となりました。

 

まとめ

いかがでしたか?私のとって無痛分娩はベストな出産方法でした。出産は十人十色。様々なエピソードがあるでしょう。無痛分娩も視野に入れて出産方法を考え、ご自身にとって最高だったと思えるお産ができることを願っています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事