働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1016

おいしくて栄養もたっぷり!幼稚園のお弁当にもおすすめのさつまいもレシピ

子供にもママにも人気の食材、さつまいも。

ここ数年、スーパーでも様々な種類のさつまいもが売られていますよね。
子供が幼稚園などのイベントでさつまいも掘りをして持って帰ってくることも。

さつまいもは、子供にもママにも嬉しい栄養がたっぷりなことをご存知ですか?
今回は、簡単に作れて栄養も豊富なさつまいもレシピをご紹介します。

子供のお弁当にも使える【コロコロ大学いも】

大学芋

材料

・さつまいも  1
・はちみつ(砂糖でも代用可)  大さじ2
・醤油   大さじ1
・みりん  大さじ1
・黒ごま  適量

作り方

①さつまいもは皮付きのまま一口大に切り、水にさらしてよく水気をきります。

②フライパンに多めの油(大さじ3杯くらい)、さつまいもを入れたら火をつけ中までよく火を通します。

③火が通り油が残っていたら拭き取ります。黒ごま以外の調味料を全て入れ煮からめます。火を止め、黒ごまを入れたら完成です。

いつもの大学芋も一口大の角切りにすることで、見た目も可愛く食べやすくなります。冷めても美味しいので、ピックを刺して子供のお弁当に入れるのもおすすめです。

さつまいもの皮には、実よりも食物繊維やビタミンCが豊富に含まれています。整腸効果があり風邪予防にも効果的なので、是非、皮付きで作ってみてください。はちみつの代わりに砂糖でも代用できますが、はちみつの方がミネラルが豊富に含まれており、栄養価も高く免疫力も高めてくれるのでおすすめですよ。

時間がない時は、水さらしした後に耐熱容器に入れ、ふんわりラップをし、一度レンジで軽く火を通しておけば調理時間がぐっと短縮できます。

カルシウムたっぷり!パリパリ食感のヘルシー・スイート春巻き

春巻き

材料

・さつまいも  1
・春巻きの皮  10
・ベーコン  3
・とろけるチーズ  5

作り方

①さつまいもは、皮を剥き耐熱容器に入れふんわりラップをかけてレンジを使うか、茹でるなどして先に火を通しておきます。火が通ったらフォークなどでつぶします。

②ベーコンは角切りにし、キッチンペーパーを敷いた耐熱皿にベーコンをのせてレンジで火を通すか、フライパンで一度焼いておくとベーコンの旨味が増すのでおすすめです。火が通ったら、①に加え塩胡椒で味を調えます。

③春巻きの皮に、とろけるチーズ1/2枚を縦に置き、②のさつまいもとベーコンを手前にのせ、くるくると巻いていきます。巻き終わりは小麦粉を水で溶いたもの(分量外)でしっかり止めます。

④トースターかオーブンの天板に並べ、上になる面にスプーンや刷毛などで油(分量外)を軽く塗ります。

⑤4分ほど焼いたら一度ひっくり返し、裏面をさらに4分ほど焼きます。両面こんがりと春巻きの皮に焼き色がつく頃が焼き上がりの目安です。

いつもの春巻きも、さつまいもを使うだけで簡単に子供も喜ぶ料理に大変身します。

中身も包みやすいのでお手伝いしてもらいながら、一緒に作るのもおすすめですよ。さつまいもは、芋類の中ではカルシウムの多い食材です。チーズを加えることでよりカルシウムを多く摂取できるので、成長期の子供におすすめです。

トースターで焼くことで、揚げるよりもヘルシーに作れます。トーストする際に油を少量塗ることで、パリパリ感もアップし、焼き色もつきやすくなるので、見た目も良くなりますよ。チーズの塩気があるので、以外とパパのお酒のおつまみにも使えます。ブラックペッパーを多めにすると、大人味になりますよ。

子供もママも大好き!とろーりさつまいもグラタン

グラタン

材料

・さつまいも  1/21
・ホワイトソース(市販品)   適量
・ピザ用チーズ(とろけるチーズ)   適量。多目がおすすめ。

作り方

①さつまいもは、皮付きのまま半月切りにします。耐熱容器に入れふんわりラップをし、レンジにかけるか茹でるなどして火を通します。

②耐熱皿にさつまいもを並べ、上からホワイトソースとチーズをのせます。

③トースターでチーズに焼き色がつくまで焼いたら完成です。

マカロニの代わりにさつまいもを使用したレシピです。ほくほくのさつまいもと、クリーミーなホワイトソースが絶品です。

中に鶏肉や子供が好きなウインナーを加えれば、ボリュームもアップします。ホワイトソースも市販品を使えば、手間もかからず簡単に作れますよ。さつまいもを使って作ることで、マカロニには含まれないビタミン・ミネラル・食物繊維も摂取することができます。

さつまいものビタミンCは熱にも強いのが特徴です。風邪予防や免疫力アップの効果が期待できます。またカリウムも豊富に含まれており、ママには嬉しいむくみ予防にも効果的ですよ。

まとめ

いかがでしたか?

どれも簡単に作れて、子供もにもママにも嬉しい栄養たっぷりのレシピです。
これから旬を迎えるさつまいもは、美肌効果や便秘解消効果も期待できる、まさに優秀食材。

どれも簡単に作れるのでぜひお試し下さい。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事