働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

376

幼児のおやつの選び方とは?安心・ヘルシーで人気のおやつレシピ

成長段階の幼児には、エネルギーや栄養を補うためおやつに軽食を食べさせてあげましょう。市販の甘いお菓子ではなく、素材の甘みを感じられる食材でできたおやつがおすすめです。簡単に作れる幼児に人気のあるおやつと、そのレシピもご紹介します。

おやつって本当に必要!?幼児におやつをあげる目的とは?

AMNさん(@gurinco212)が投稿した写真

大人にとっても子供にとってもおやつの時間は幸せなものですよね。特に幼児はお腹がすいてくると機嫌が悪くなってきます。ちょっと小腹を満たすためにおやつをあげるという人も多いことでしょう。でも、3食きちんと食べているのにおやつは本当に必要なのかなとふと疑問に思うこともあるかもしれませんね。

実は発達が著しい幼児はたくさんの食事量や栄養を必要としています。でも、胃が小さく一度にたくさんの量を食べることはできません。大人では考えられないほどのあの運動量をみても、幼児がエネルギー切れになってしまうのは納得ですよね。
それで、朝、昼、晩の食事以外におやつで栄養やエネルギーを補うことが大切なんです。おやつは欲しがる時いつでも上げるのではなく、時間をしっかりと決めてママがコントロールしてあげることを習慣にしましょう。

安心してあげられる幼児に相応しいおやつの選び方とは?

KeikoToriiさん(@tri_kik)が投稿した写真

では、幼児にはどんなおやつをあげればいいのでしょうか。おやつというと甘いお菓子を連想してしまいがちですが、小さいうちから砂糖依存の体質になってしまうのは避けたいですよね。

また、高カロリーで添加物がたくさん入っている市販のお菓子もあまりおすすめできません。幼児にふさわしいのは甘いお菓子ではなくエネルギーを補給できる軽い食事のようなおやつなんです。素材の甘味を感じられるようなものが特におすすめです。

例えば、蒸したとうもろこしやさつまいも、甘栗や煮豆、季節の果物など添加物の心配なく食べられてエネルギーになるタイプが良いでしょう。手軽に作れるおにぎりなどもおやつの時間にあげることができますよ。食育という視点で考えてもいろいろな素材の味に触れさせて味覚を豊かにしてあげたいですね。

幼児が喜ぶ人気の簡単おやつ3選!

rie.oさん(@merie1219)が投稿した写真

では、上記のポイントを取り入れつつ、幼児に人気の美味しいおやつレシピをご紹介しましょう。

1つ目は甘いさつまいもを使ったフライドおさつです。まず、さつまいもは皮をむき、食べやすいサイズにカットして水にさらします。水気をよく切って180℃の油で揚げます。温かいうちに塩をふりましょう。ホクホクとして甘みが強く美味しいですよ。

次は野菜入りのレシピ、人参プリッツです。小麦粉と粉チーズ、すりおろした人参を良く混ぜ、サラダ油を加えて手でこねます。生地がまとまったら麺棒で薄くのばし10cmほどの長さの棒状にカットしましょう。200℃のオーブンで8分ほど焼いたらカリカリプリッツの完成です。香ばしくって人参嫌いの子供でも美味しく食べられてしまいますよ。

続いては子供が大好きな和風のおやつ、甘辛団子です。白玉粉を水でこねて耳たぶくらいの柔らかさになったら、小さく丸めて真ん中を凹ませ茹でます。浮いてきたら水にとって冷まします。醤油と砂糖、水を混ぜたタレを火にかけて煮詰め、片栗粉でとろみをプラスしましょう。水を切った白玉団子をタレで和えたら出来上がりです。子どもと一緒におやつ作りをして親子で楽しむのもおすすめですよ。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事