働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1936

栄養士が伝授!今晩から始められる食事で簡単パパの健康管理術

毎日、家族のために頑張って働くパパ。朝早くから夜遅くまで働いたり、休みがないなど、働き方もそれぞれですが、ストレスや疲れも溜まっているはず。新婚時代から時も流れ、最近健康状態が気になる、太ってきた、などの変化はありませんか?そんなパパ達の健康を支えられるのは、ママ達です。今晩からすぐに始められる、食事でできるパパの健康管理術をお伝えします。

ママの作った食事こそが健康管理への第1歩。1日1食は手料理で体調リセットを

パパ 1

1日に食事は3回です。仕事や生活習慣により、1日3食食べる時間がない、というパパもいると思いますが、そのうちママが作った手料理を食べる機会は何回ありますか?
ママが作った手料理を食べられる時こそ、1日の中でも体調を整える1番のチャンスです。

仕事で昼食は外食、夕食は飲み会や接待など、職種により異なりますが、パパ達が外で食べる食事の内容はママには分かりません。
男性が好む食事の傾向としては、昼食には牛丼チェーン店などの丼物、ラーメン・うどんなどの麺類、ファストフードなど、簡単(早い)・安い・ボリュームがある食事が好まれます。
これらに共通して言えるのは、「炭水化物×脂質」の組み合わせがメイン。つまり、脂肪として蓄えられやすく、生活習慣病や肥満の要因にもなりやすいメニューばかりです。
ストレスや疲れには、野菜や果物などに多く含まれるビタミンミネラルが必要不可欠です。だからこそママが作った食事で体調を整えましょう。

ママの美容食がパパには健康食。ビタミン「ACE」を取り入れて

パパ 2

美容に敏感なママ達は、日頃から美肌やアンチエイジングなどのために、食事に気を使っているという方も多いのでは?
実は、そんな美容に良い食事は、パパにとっては健康食とも言えるんです。

「ビタミンACE(エース)」という言葉をご存知ですか?
抗酸化作用が高く、美肌の大敵ともいえる活性酸素を除去する働きがあると、美容雑誌やテレビでも度々出るキーワードのひとつです。
実はこのビタミンACEは、ママの美容のためだけでなく、パパの健康管理にも一役買ってくれるキーワードなんです。

【ビタミンACEの働き(多く含まれる食材)】

・ビタミンA・・・皮膚粘膜を強くすることで、免疫力を高める。疲れ目に効く。
 食材:うなぎ、レバー、卵黄、人参、モロヘイヤ、かぼちゃなど
・ビタミンC・・・ストレス緩和作用。免疫力の向上。風邪予防。抗ウイルス作用。
 食材:いちご、キウイ、ブロッコリー、赤ピーマン、菜の花など
・ビタミンE・・・血行促進効果による肩こり・頭痛などの解消。生活習慣病の予防・改善効果。生殖機能の維持。
 食材:かぼちゃ、アーモンドなどのナッツ類、うなぎなど

このように、まさに、ママの美容食はパパにとっては健康食。積極的に食事に取り入れるのがおすすめです。

③栄養バランスの取れた献立を簡単に組み立てるコツとは?


 

毎日の食事作りで、特に頭を悩まされるのが夕食、というママが多いのではないでしょうか。
献立の立て方の基本を知っていると、夕飯のメニュー作りを考えるのも楽になり、さらに健康管理にも繋がります。

「一汁三菜(いちじゅうさんさい)」という言葉をご存知ですか?
一汁三菜とは、ご飯、汁物、主菜1品・副菜2品で構成される献立のこと。和食の基本的な献立の立て方で、これに沿ってメニューを考えるのがおすすめなんです。
ご飯で炭水化物、主菜で肉や魚などのたんぱく質、副菜は野菜を中心に考えたメニューという形で、自然に理想の栄養バランスが取れた献立ができあがり、健康管理にも繋がる食事となります。

とはいえ、それでもどうやって献立を考えていくのか?と思うママもいますよね。簡単な考え方としては、最初に主菜となる1品を考えてしまうことです。
つまりメインとなるメニューを考えてしまいます。流れとしては下記のように考えるのがおすすめです。

①メインとなる主菜1品を考える
肉・魚・卵・豆腐などの大豆製品など、たんぱく質を使ったメニューです。
例:生姜焼き、鮭の塩焼き、オムレツ、麻婆豆腐など

②副菜2品を考える
野菜を中心に使ったメニューを考えます。
温かい料理1品、冷たい料理1品、など自分の中でマイルールを作っておくと考えやすいですよ。
さらにメインを先に考えてあるので、メインが和・洋・中どれに当てはまるのかなど、メインが決まってない状態から考えるより、副菜もそのメインにあった物を考えるだけなので、全てをバラバラで考えるより考えやすくなります。

③汁物を考える
全体的に今日の献立は和食なのか洋食なのかにより、汁物も合わせると食事全体のバランスが整います。

これらを踏まえて例えば、夕飯の献立例として
①メイン→鮭の塩焼き
②メインを魚(和食)にしたから、温かい副菜1品を野菜の煮物、冷たい副菜1品を酢の物で、和食に合う副菜にしよう。
③全体的に和食にしたから、汁物は味噌汁にしよう。

といった感じで組み立てて行きます。

カレーライスやオムライスなど、ご飯とメインが一緒になったものの場合は、副菜や汁物を別で考える。といったように組み立てて行きます。

でも、毎日忙しいママ達なので、毎日を完璧に作るのは大変です。
そんな時は、一部お惣菜に頼ったり、時間がある時に常備菜などを作りストックしておくと便利ですよ。

まとめ

いかがでしたか?
毎日の食事は、健康な身体を作る基本といえます。今回紹介させていただいたのは、食事から健康管理をする一例です。毎日完璧にしようとせず、時には楽する日を作り、楽しくパパのために作ってあげてみてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事