働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

96

意外と簡単に作れる!ミルクレープのレシピ

数あるケーキの中でも、作るのが難しそうなケーキ。それが「ミルクレープ」です。しかし、コツさえつかめば、お家でも簡単においしいミルクレープを作ることができます。子どもと一緒に楽しく作れる、ミルクレープのレシピをご紹介します。

お家にある材料プラスアルファで作れちゃう

スクリーンショット 2016-11-11 12.52.59

ミルクレープを作り始める前に、まずは必要な材料をそろえましょう。

ミルクレープの生地は薄力粉・卵・砂糖・牛乳・溶かしバターがあれば作ることができます。生地の間に挟むクリームは、生クリームを使用すると簡単にできます。生クリームの他には、カスタードクリームやクリームチーズなどを使用しても良いでしょう。

また、カットした時の断面にこだわりたいなら、ブルーベリーやイチゴなど、お好みのジャムを等間隔に挟んでいけば、可愛らしいアクセントにもなります。イチゴやキウイなど、お好みのフルーツを挟むと、とってもカラフルなミルクレープになりますよ。

材料が足りない場合は子どもと一緒に買い物に行くと、「これから自分が食べる物は何からできているのか」ということを自然な流れで教えることができ、食育にもつながります。

とっても簡単!クレープ生地の焼き方

スクリーンショット 2016-11-11 12.54.32

まずはクレープ生地を作りましょう。

ボウルに薄力粉をふるい入れ、その中に砂糖を加えてよく混ぜ合わせておきます。この中に、溶いた卵を加えて泡立て器でよく混ぜます。

さらに、牛乳を2~3回に分けて加え、その都度しっかりと混ぜ合わせ、生地がだまにならないようにしましょう。この中に溶かしバターを加え、混ぜておきます。溶かしバターを加えることで、焼く時に生地がフライパンに敷きつかなくなり、裏返しやすくなりますよ。また、バターを加えることにより、クレープ生地そのものの風味が香ばしくなります。

これを、フライパンやホットプレートで焼いていきましょう。熱したフライパンに先ほど作った生地を流して焼きます。

ここでのポイントは、生地を均一に、薄く流し広げていくことです。ある程度大きさを決めておき、同じくらいの大きさにそろうように生地を焼きましょう。生地の淵に焼き色が付いたらひっくり返して10秒ほど焼き、まな板などの上に取り出して冷ましておきます。

この作業を繰り返していきます。クレープ生地は10枚程度焼いておくと、ボリュームのあるミルクレープを作ることができますよ。

子どもと一緒に楽しく組み立てましょう

スクリーンショット 2016-11-11 12.55.52

クレープ生地を冷ましている間に、生地の間に挟むクリームを作っておきましょう。生クリームの場合は、少量の砂糖を加え、ハンドミキサーで泡立てます。お家にバニラエッセンスがあれば、生クリームに加えてみましょう。クリームの香りが一層良くなりますよ。

生地が冷めたら、さっそく組み立ての作業に移りましょう。クレープ生地の上に薄く生クリームを塗り広げ、その上にクレープ生地を重ねていきます。

そして、また生クリームを塗り広げるといった工程を繰り返していきます。生クリームの他にジャムなどを使う場合は、生クリームの層を3層作ったら、ジャムの層を1層のみ作る。それからまた生クリームの層を3層作る……といった具合に、生クリームの層とジャムの層が等間隔になるように仕上げていけば、カットした時の断面がきれいです。

また、お好みのフルーツを挟みたい場合は、薄くスライスしておき、キッチンペーパーなどで余分な水分は取っておきましょう。フルーツは生クリームの層に挟むことで、仕上がりが美しくなりますよ。クレープ生地とクリームを重ね終わった時に形がいびつだった場合は、修正することが可能です。

ミルクレープ全体をラップで覆い、両掌できれいなドーム状になるように軽く押さえましょう。ドーム状に形が整ったら30分程度冷蔵庫で冷やし、お好みの大きさにカットしてできあがりです。

まとめ

ミルクレープは難しそうで、手間のかかりそうなケーキといったイメージがあるかと思いますが、作ってみると案外簡単にできます。基本のレシピを押さえておけばアレンジも楽しめるので、飽きることなく何度でも作ることができますよ。家族でワイワイ楽しみながら、また身近にある材料で作ることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事