働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3056

4歳から始める食育!ママと一緒に料理を楽しく作って学ぶ3つのポイント

4歳は食生活の基礎ができる時期とされています。子供の食事に関する悩みをそれぞれ抱えていると思いますが、楽しく食育を始めてみませんか?

食育とは、様々な経験を通じて「食」に関する知識と「食」を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること、とされています
。難しく聞こえるかもしれませんが、ママと一緒に料理を作ることで楽しく食育ができちゃいます。

子供がもっと食事を好きになれる、食育のポイントをお伝えします。

子供の好奇心が育まれる!まずは一緒に買い物へ

買い物

子供と料理を一緒に作る“食育デビュー”を決めたなら、まずは一緒に買い物に行くところからスタートしてみましょう。

子供と買い物に行く機会は多いと思いますが、普段は一緒にスーパーに行ってもママの主観で必要なものを手早く選んでしまいますよね。

いつもの買い物より時間はかかりますが、これも子供の成長につながるチャンス。その日作る料理に必要なものを子供に伝え、お店で食材探し、一緒に準備をすることで、子供の好奇心やこれから作るものをイメージする想像力が育まれます。

当日に買い物から始めると意外と時間がかかり、ママに余裕がなくなってしまうかもしれないので、前日に買い物を済ませておくのがおすすめです。時間に余裕を持つことで心にも余裕ができるので、思わぬケガの防止にもなると思います。

野菜は子供の学びの教材!野菜を使った料理を作ってみましょう

野菜

野菜には多彩な種類があり、4歳の子供の教材として多くの学びをもたらしてくれます。

すでに野菜の名前を知っている子供もいると思いますが、調理する前の食材を見て、実際に触るという経験は少ないはず。ここからスタートすることが大切です。

いつもは調理された状態でしか見たことがなかった野菜も、洗う工程から体験させることで「実はこんな形をしていたんだ」「ゴツゴツ・ザラザラしている」と、食べるだけでは分からなかった新たな発見があります。

子供が野菜に触れる際、ママは「この野菜は土の中に埋まっていたんだよ」と野菜の育ち方を教えたり、「今が一番美味しい時期なんだよ」と旬を伝えたりすることで、より勉強の幅も広がると思います。

野菜には自宅で育てやすいものもあるので、家庭菜園を行うのも一案です。一緒に育て、成長を観察し、収穫、調理するまでの経験は子供にとって発見の連続になるはず。自分で作った野菜には愛着が生まれるので、日ごろの食事もそれまでとは違った意識に変わると思います。

無理のない範囲で、子供と一緒に調理をしてみよう!

調理

子供の成長に合わせて、無理のない範囲で一緒に調理をしてみましょう。

とはいえ、包丁を握らせたり、火を使わせたりするのはまだまだ心配ですよね。そこまでハードルを上げなくても、4歳の子供にも手伝える簡単な工程がたくさんあります。

例えば、捏(こ)ねる、潰す、混ぜるなどの作業も立派な料理の工程です。

一緒に作業することで、どのようにやれば上手にできるのかと考える力を養うことができる上に、完成した時の達成感・満足感にもつながります。子供が簡単にできる作業から一緒に始めてみてください。いくつかレシピを紹介します。

【参考メニュー】

うちのハンバーグ
子供が大好きなハンバーグ。ひき肉や玉ねぎなどを捏ねる作業を子供に任せましょう。ハンバーグを成形する作業が楽しめます。本来はボウルに生地を入れて捏ねますが、汚れてしまうのが心配な場合はビニール袋に材料を入れて揉むようにしても作れますよ。ハンバーグを好きな形に成形できるので、子供も楽しめます。

簡単!定番!ポテトサラダ
大人も子供も大好きなポテトサラダは、じゃがいもを潰す作業とマヨネーズを加えて混ぜる簡単な作業が任せられます。じゃがいもを潰す際のやけどには気を付けてくださいね。

ホットケーキミックスで簡単ピザ
ピザなんて作ったことがない!というママも安心してください。ホットケーキミックスを使えば生地から簡単に作ることができるんです。ビニール袋を使って作るので、汚す心配も少なく簡単に作ることができますよ。

ホットケーキミックスで焼きドーナツ
ホットケーキミックスを使ったお菓子は、失敗なく・美味しく作れるのでおすすめです。混ぜる作業だけで簡単に作ることができますが、焼きあがった後にチョコレートなどのトッピングでデコレーションすると、楽しさも倍増しますよ。

簡単おやつ♪フルーツヨーグルトゼリー
材料を混ぜたら冷やして固めるだけの簡単な工程に加え、デコレーションする楽しみがあります。季節のフルーツを使うとさらに食育の幅が広がりますよ。

簡単スイートポテト
さつまいもを潰した後に、混ぜる、形づくる工程があるスイートポテト。トースターで簡単に焼けるので、お菓子作りが苦手なママでも作りやすいですよ。

まとめ

いかがでしたか?
4歳で始める食育は、子供が食事に興味を持つ機会となり、絶好の学びの場になります。ママと一緒に料理を作った経験は子供にとって楽しい思い出として刻まれるので、親子のコミュニケーションの一環としてもおすすめです。
一緒に料理をすることで子供の成長を見て取れるのは、ママにとっても嬉しいことですね。
まずはできるところから。子供の成長に合わせて、楽しく、無理なくスタートしてみてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事