働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1464

誰でもできる時短術!手抜きで美味しい料理ができる3つのコツ

最近は結婚したら共働きは当たり前。出産しても仕事を辞めずに家事と育児の両立をしている女性はたくさんいます。
一人暮らしで自炊をしたり、お弁当をしたりする男性も増えていますし、家族に料理を作る男性もたくさんいます。
ここでは、誰にでもできる手抜きで美味しい料理ができる簡単時短術をご紹介します。

コツ1:キッチンにいる時間を短くしよう!

kitchen

食事を作るためには、どうしてもキッチンにいなくてはいけません。材料を下ごしらえする間、鍋に火をかけている間など、その場を離れて別のことができない時間がありますよね?

その時間を徹底的に有効に使おうというわけです。例えば、夜ご飯のカレーの材料を煮ている間に、翌日のお弁当のおかずの下ごしらえをするといった具合です。

お弁当の下ごしらえといっても、本格料理の下ごしらえみたいなことをすれば、その分時間がかかって疲れてしまいます。お弁当の下ごしらえは、メインの下味だけつけておく程度でいいのです。

これだけでも、朝になってお弁当のおかずの調理法を悩む必要はありませんし、焼くだけ、揚げるだけなので翌朝キッチンにいる時間が短くて済むのです。

コツ2:調理器具はフルに使おう!

tool

ここでいう調理器具は、ガスレンジ、電子レンジ、トースターのことです。電子レンジとトースターが一体型になっているという家庭の方が多いと思いますが、できれば別々になっているのが理想的です。

電子レンジとトースターは材料を中に入れてスイッチを入れるだけで勝手に調理してくれるので、料理を作る人はガスレンジを使って調理をするだけで、3品もの料理が完成します。まさに簡単・時短・手抜きの三拍子です!

電子レンジとトースターにお任せで作れる料理はたくさんあります。
例えば、豚肉の生姜焼き、茶碗蒸し、キノコのホイル焼きを作る場合、電子レンジで茶碗蒸しを作りながらトースターでキノコのホイル焼きを作れば、調理する人は生姜焼きだけを焼けばいいのです。

魚焼きグリルを使えば、さらに簡単です。グリルで魚を焼いて、電子レンジでホウレンソウを茹でて、あとはガスレンジでお味噌汁を作れば、あっという間に3品完成です!

コツ3:手抜きに見えないコツは?

photo-1447129568466-afbabc829d86

冷凍食品をチンしただけとか、買ってきたお惣菜を温めただけという料理は時短だし、手抜きだし、美味しいものもあって今回のテーマにちゃんと合っているのですが、その料理を出される方の反応はどうでしょうか?

「うちの奥さん、料理しないんだよね」とか「うちのママ、冷食しか出さないの」なんて声が聞こえてきてしまいます。どうせ作るなら、手抜きに見えない料理を作りませんか?

手抜きに見えない料理のコツは、“全部手を抜かない”ということです。例えば焼売を作る時は、ひき肉をこねて皮に包むところまではやるけど、蒸すのはレンジにお任せするとか、煮魚を作る時に味付けはめんつゆでするとか、一部分だけ手を抜けば手抜きに見えない美味しい料理を作ることができます。

まとめ

簡単時短で手がかからず、それでいて美味しい料理が作れれば…というのが、毎日料理を作っている人の最大のテーマ。それをクリアするためには、便利なものはどんどん使っていろんなアイデアを出す工夫が大切ですね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事