働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 688

花粉やPM2.5などが肌に及ぼす影響

春先は、肌トラブルが起こりやすい季節です。この時期は、普段使っていた化粧品が合わなくなって肌にしみたり、肌荒れを起こしたりする人も多いのではないでしょうか?

春先は、どうして肌トラブルが起こりやすいのでしょうか?原因の一つとして、花粉や黄砂、PM2.5などの影響が考えられます。
今回は、大気汚染物質が肌に及ぼす影響について、解説したいと思います。

春先に肌が荒れがちなのはなぜ?

春先の肌は、冬の乾燥肌の状態が継続し、肌のバリア機能が低下しています
肌のバリア機能が低下すると、花粉や大気汚染物質が皮膚に侵入するのを防げなくなります。すると、花粉や待機汚染物質や細菌が肌に入り込み、かゆみや痛みなどの症状が出やすくなるのです。肌荒れによりバリア機能がさらに低下し、お肌の状態が悪化してしまうという悪循環を招くことも。
またマスクをしたり鼻をかむことで摩擦が生じるのも、肌荒れの原因となります。

春先の肌荒れ対策〜スキンケア〜

肌のバリア機能を高め、大気汚染物資や花粉などがなるべく肌に付着しないようにします。
帰宅後は花粉や大気汚染物資落とすために、きちんと手を洗い、たっぷり泡だてた洗顔料でしっかり顔の汚れを落としましょう
肌の荒れがちな時期は肌に優しい洗顔料を選ぶようにします。目頭、小鼻、唇の下などのくぼんでいる部分は、大気汚染物資が特にたまりやすいので、くぼみに指を沿わせるようにして汚れを落とします。
界面活性剤の入っている洗顔料は、肌のバリア機能を低下させるので、肌の荒れがちな時期は合成界面活性剤不使用の洗顔料を選びましょう
そして、保湿効果のあるバリア機能を高めるスキンケアを行います
バシバシ入れ込むような付け方ではなく、手のひらで優しく包み込むようにつけてください。
肌のバリア機能が正常に働くようになると、肌トラブルも起きにくくなります。

春先の肌荒れ対策〜メイク〜

大気汚染物資をカットする化粧下地や、ファンデーションもあります。様々なメーカーから発売されていますので、大気汚染物資をカット出来るアイテムを選びましょう
ファンデーションは、リキッドやBB/.CCクリームなど様々なタイプがでています。仕上げにパウダーを使用した方が、大気汚染物資が肌に付着しにくくなるため、メイクの仕上げには、ルースパウダーやプレストパウダーなどパウダーを使用するのがいいでしょう

まとめ

いかがでしたか?春先に起こる肌トラブルには、大気汚染物資や花粉が影響していると考えられます。
スキンケアやメイクを見直して、バリア機能を高める肌美活を行なってみてはいかがでしょうか?皆様の参考になれば嬉しいです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog

RELATED POST

あなたにおすすめの記事