働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 336

くすみ・赤み・顔色が悪い・色ムラをカバーするには?美肌力をあげるコントロールカラーの選び方

ファンデーションの前に、コントロールカラーを使っていますか?コントロールカラーとは肌の悩みを解消し、肌の色味をコントロールするアイテムです。ファンデーションは基本的に肌色ですが、コントロールカラーは自分の肌の悩みにあったカラーを使います。
コントロールカラーを使っていない人も多いのですが、ファンデーションの前に使用すると、驚くほどナチュラルに美しく仕上がりますよ。
ファンデーションでカバーしようとすると、どうしても厚塗りになってしまいますが、コントロールカラーを上手く使えば自然な仕上がりにすることが可能です。
「そうは言っても、色がたくさんあって選べない」と感じている方も多いはず。コントロールカラーはグリーン、イエロー、ホワイト、ピンク、パープルなど様々な色味があるので、今日はカラー別にご紹介していきたいと思います。

カラー別にコントロールカラーの効果を解説

Sayaka Kondoさん(@sayaka_makeup)がシェアした投稿

グリーン

グリーンは、赤みを消してくれるカラーです。肌に赤みがある方や、(血管が透けて見えるほど皮膚が薄く赤みが出やすい)赤ら顔の方におすすめ。また、ニキビの赤みなどを隠したい場合に使うと効果的です。アトピー性皮膚炎などで赤黒くなってしまった肌にも、グリーンを使うのがいいでしょう。

【こんなときにはグリーンがおすすめ】
・肌の赤みが強い
・ニキビの赤みがある
・アトピー性皮膚炎などで赤黒さが気になる
・ニキビ跡が気になる

パープル(ラベンダー)

パープル(ラベンダー)は、くすみを飛ばしてくれるカラーです。疲れがたまっているときや、季節の変わり目に、肌がくすみがちな方におすすめです。パープルを使うと肌に透明感が生まれ、サッとくすみを一掃してくれますよ。加齢とともに目の周りはくすみがちになるので、目の周りに塗るとくすみ抜けして美しい仕上がりになります。

【こんなときにはパープル(ラベンダー)がおすすめ】
・くすみが気になる
・透明感を出したい
・華やかに見せたい

イエロー

赤みとくすみを改善してくれる、イエロー。黄色人種である日本人にとっては最も使いやすいカラーです。日焼けした肌にも馴染みやすく、透明感を与えて、ファンデーションを綺麗に見せてくれます。

【こんなときにはイエローがおすすめ】
・くすみが気になる
・赤みが気になる
・ニキビを隠したい
・シミや、そばかすが気になる
・日焼け後のくすみや色むらが気になる

ピンク

ピンクは肌に血色感を与え、生き生きとした透明感のある肌に見せてくれます。「年齢を重ねて肌に透明感がない」「くすみがち」という方に、ぴったりのカラーです。

【こんなときにはピンクがおすすめ】
・顔色が悪い
・青白さい肌が気になる
・透明感を出したい
・年齢によるくすみが気になる

オレンジ

ピンクやイエローではカバーしきれないくすみには、オレンジを使います。濃いシミやクマなど部分的に使用すると、綺麗にカバーしてくれます。血色感を与える効果があるので、健康的な肌に仕上がります。

【こんなときにはオレンジがおすすめ】
・濃いクマが気になる
・肌のくすみが強い
・濃いシミや、ソバカスが気になる
・色黒なので肌に血色感を与えたい

まとめ

いかがでしたか?肌のお悩みによってコントロールカラーを使い分ければ、厚塗り感なく自然に肌の悩みをカバーして、肌をより美しく見せることができます。
気になる部分は隠したいけど、厚塗りはイヤ!そんな方はぜひカラーコントロールのテクニックを活用してみてくださいね。
皆様の参考になれば嬉しいです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog