働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1600

後輩のお手本に!大人の上品通勤メイク

通勤時のメイクみなさんはどうしていますか?
オフィスカジュアルを取り入れてる会社が多いため、結構昔から変わってない。同じすぎてこれでいいのかもよくわからないという声をよく聞きます。
今回はオフィスカジュアルを取り入れて、なおかつ高感度の高い通勤メイクをメイクアップアーティストがご紹介したいと思います。

ベースはツヤ重視で好感度アップ

ベースメイクは、ツヤがかった仕上がりにするのがポイント。
「ツヤとマットどちらが好感度が高い?」というアンケート調査では、8割の人がツヤ肌の方が好感度が高いと回答。沢山の人と関わる仕事場でのメイクは、ツヤ重視で仕上げましょう。

ツヤ肌をつくるポイントは、まずスキンケアをしっかり行うこと。その上でベースにはパールや光沢感のあるツヤ肌のタイプのベースを選択し、頬の部分を重点的にカバーするように塗ってください。
ファンデーションは、パウダーよりリキッドやクリームタイプにすると、より光沢感がアップします。
ツヤ肌はオフィスメイクで好感度を上げるキーアイテムなので、しっかりと肌をつくり込んでいきましょう。

アイメイクはナチュラルに!おしゃれ感を出したい場合はカラーを変えてみると◎

オフィスシーンでのアイメイク、濃すぎて浮いてしまうのは避けたいですよね。逆に薄すぎたり淡い色だと、蛍光灯の下では顔色が綺麗に映らないことも。
そこでおすすめなのが、ブラウンやピンクのパレットです。薄い色をまぶた全体にのせ、一番濃い色を締め色にのせて目元を引き締めていきましょう。
締め色にネイビー、ミドルカラーにオレンジなどを取り入れるとグッとおしゃれに仕上がり、垢抜けた印象になります。

リップはピンクベージュをマスト買い

リップは、好感度の高いピンクベージュをセレクトしましょう。婚活リップと呼ばれるリップも、ピンクベージュが多いです。

ピンクベージュは男性からのウケが良いと言われていますが、実は女性ウケも抜群。日本人の顔色によくなじむだけでなく、肌の美しさも引き立ててくれるカラーです。ピンクベージュにもいろいろあるので、実際に塗ってみて、顔色がパッと明るく見えるピンクベージュをセレクトしましょう。

まとめ

通勤メイクって、実は結構見られていることが多いもの。後輩のお手本にもなるように、好感度が高くて優しい印象を与えるベーシックな通勤メイクをご紹介しました。
人と差をつけたいという人は、アイシャドウを一色だけ変えてみたり、アイライナーを黒に近いネイビーに変えてみたりと変化をつけてみてください。皆さんの参考になれば嬉しいです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog