働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2400

美髪になるための4つのルール

皆様は髪のお手入れ、どうされていますか?産後に髪が抜けてビックリしたママも、今はそのままいつも通りのケアをしてい流のではないでしょうか。髪は年々細くなるため、美しい髪を保つためには日頃のケアが重要です。
今日は日常にやってる方法を少し変えるだけで、美髪になる4つのルールをご紹介します。

美髪になるための4つのルール

1.丁寧にブラッシングを
毎日ブラッシングはしていますか?パーマをかけていたりまとめ髪が多いと、ササっととかす程度という人も多いと思います。
ブラッシングは、髪についている汚れや抜け毛、を取り除くためだけにするのではありません。ブラッシングには、頭皮の皮脂を髪の毛先まで引き延ばして、ツヤツヤの髪にする効果もあるのです。お風呂に入る前や、朝セットする前などに、ぜひ丁寧にブラッシングをしてみてください。

2.シャンプーの前にまずは予洗い
髪をささっと濡らしてすぐにシャンプーをする、という方が多いと思います。シャンプーの泡立ちが悪くて、何プッシュも使うことになってはいないでしょうか?
シャンプーはまず予洗いが大切です。美容院で髪を洗ってもらうと、髪を濡らす時間が長いと感じたことはありませんか?ほとんどの美容院では、1〜2分ほどしっかりお湯で洗います。じつはそれだけで、汚れやホコリが7割は落ちるとされています。
その後にシャンプーをつければしっかり泡立ち、汚れや整髪料などもきちんと落ちますよ。

3.トリートメントは、目の粗いコームでなじませる
トリートメントはささっと軽くなじませて、すぐにすすいそれですすいでしまういる人も多いようです。しかしこれでは、トリートメントの効果が半減してしまいます。
トリートメントをつけたら、目の粗いコームでしっかりとなじませましょう。
これだけで髪の質が見違えるほど変わってきます。

4.正しいドライヤーのかけかた
正しい髪の乾かし方を覚えておけば、ぐっと美髪に近づけます。
まずはしっかりタオルドライをしましょう。
根元、前髪から乾かしていきます。次に、上から下へと向かって乾かしていきます。この時、20cmほど離してドライヤーの風をあててください。イメージとしては、毛先に向かって斜め45°の角度で指を通しながら風を当てるように乾かすといいでしょう。
仕上げに、冷風を当てるようにしてみてください。髪の温度を下げることで髪のキューティクルが引き締まり、髪にツヤが出ますよ。

まとめ

いかがでしたか?毎日行うヘアケアは、正しくできていたでしょうか?
トリートメントをコームでなじませるという一手間だけでも、かなり違いを実感できると思います。
毎日この4つのルールをとりいれて、いつまでも美しい髪を守ってください。
皆様のご参考になれば嬉しいです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog