働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 768

ヘルシースキンの作り方。アイシャドウは使わないのが私流

アイシャドウは色があるものだと思っていた。
まぶたにのせる度に、新たな自分と出会える。
魔法のように、私を大人にする。
何をしても楽しかった10代。

社会の荒波にのまれ、規律という言葉に違和感を覚えつつ、いつしかアイシャドウはブラウン1色になった20代。
でも不思議と嫌じゃなかった。
なんだか大人になった自分が好きだったから。

30代になり、ママとなり、独身時代の華やかさに後ろ髪を引かれながらも、子供に肌が触れるから、という理由で化粧をしなくなった。

自分は目の前の愛するものの為に生きようと決めた

eye

子供も成長し、ふっとのぞいた鏡に見知らぬ自分。
慌てて数年前のアイシャドウを付けてみる。
なんだか違う。
化粧……って。
わたしはしないほうがいいのかしら。

そんな風に思っている人がいたら
知ってほしい。

アイシャドウを塗るだけが化粧じゃないってこと。

アイシャドウはそもそも陰影をつける為に行っているもの。
だとすれば、他の方法で、アイホールに陰影をつければいいだけなのです。
むしろ、粉っぽさは老けの原因となる場合もある。
いっそのこと、塗らないって決めてしまえば、それはそれ。
むしろ、ヌードスキンな今どき風になる。

これはトライしてみる価値あり!

戸田さと美が教える、ヘルシースキンの作り方

kao

・アイシャドウは使わない。(隠しアイラインはOK)
・使っていいのはコンシーラーのみ。
・このコンシーラーを眉下に引く。
・指でぼかす。

そうするだけで、自然な陰影が生まれます。
アイシャドウがヨレるなんて心配もありません。
粉っぽさに、ラメラメに、なんだか違和感を感じている人こそ、是非試してみて。

自分らしさを引き立てるメイク。

それこそがメイクの本質なのだから。

戸田 さと美

美容家・ママ起業家・ウーマンライフプランナーと多才な顔を持つ小学生のママ。 15歳でモデルとしてデビュー。女性が輝ける社会実現をする為、また自身もその可能性を示したいという思いからPETAGO株式会社を設立し、代表を務める。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事