働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 0

【知らなきゃ損!】顔周りの後れ毛の 見え方、印象の違い

こんにちは!青山のヘアサロン【BUMP】の渡邊義明です。
今回は、【知らなきゃ損!】顔周りの後れ毛の
見え方、印象の違いをご紹介します。

後れ毛の印象は大事になります!
可愛らしくなったり、色っぽい印象になったりします。ファッションやメイクと組み合わせて作るとお洒落度がアップしますので、この方法は覚えておくと便利ですよー!

ママさん向け 顔周りの後れ毛の 見え方、印象の違い

■使ったもの■

*PUバンド

*アイビル25㎜

顔周りの長さのベストは顎ライン〜顎下5cmくらいが下ろす時にベストです。

今回は基本、前髪がある方の作り方になります。
顔周りの後れ毛のバランスのとり方は、
長い前髪の方も覚えておくと役に立ちますよ!

ヘアアレンジプロセス

■プロセス■

①後れ毛をなしバージョン

・後ろでまとめた際、顔周りの輪郭が出てきます。横を向くと前髪とサイドの間に隙間が開いている状態です。

②後れ毛を下ろすバージョン

・前髪とサイドの間を隠すようにして、全て下ろします。
すると顔周りの輪郭が隠れてくれます!
ですが、前から見た時に顔周りが、厚みがある印象になります。

③後れ毛を出す所を少なくするバージョン

・前髪横の髪を1cm幅で下ろして、頬骨が隠れる所におろします。こめかみの部分も同様に1cm幅でで下ろします。
少し隙間はありますが、前から見た時に重く見えなかなります。
この状態でコテで動きをつけるとよりバランスが良くなります!

ヘアアレンプロセスを早送り動画でご覧ください

完全版フル動画はこちら

渡邊義明公式YouTube
(SALONTube)

まとめ

ママの皆さんいかがでしたでしょうか?

今回のポイントは、印象の違いです!

顔の骨格やバランスによって似合う似合わないがあります。
例えば①の場合でもお似合いになる方は、輪郭が卵型の形で前髪の幅を広げてカットをしているとバランスが良いかと思います。
②の場合でも黒髪だと前から見た時に重めに見えますが、髪色が明るい方だと重く見えず、自然に見えたりします。
③は個人的に合う方が多いかと思いますので、この方法を覚えておくと、1番使えます!

バランスが本当に大事になってきますので、自分に合うものをやってみてくださいね!

渡邊 義明

ライフスタイルプロデューサー・美容師。誰でも簡単にすぐできる髪型とYouTubeで評判を呼び、今話題沸騰中の美容師。 ヘアアレンジ、美容に関する動画配信中。インスタグラマーとしても活躍中。