働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 0

知って得する!コテの巻く時間 温度の違いをご紹介します

こんにちは!青山のヘアサロン【BUMP】の渡邊義明です。
今回は、知ってたらかなり使える!!
コテの巻く時間、温度の違いをご紹介します。
この方法を覚えるとダメージやカールの持ちが変わりますよー!
髪の毛を傷めたくない方、必見ですよ!

ママさん向け コテの巻く時間、温度の違い

■使ったもの■

*コーム

*アイビルコテ25㎜

コテを巻く際に必要な長さは、ミディアムヘア〜ロングヘアの方になります。

ミディアムヘアの方は25㎜、26㎜
セミロングヘアは32㎜
ロングヘアは36㎜、38㎜が使いやすいです。

スタイリングプロセス

■プロセス■

*アイロンを入れる時に重要な事

①髪の毛が濡れていない事!
濡れたままアイロンを入れると、乾燥、パサつきの原因になります。

②洗い流さないトリートメントや巻き髪ローションを事前につけておくと、より乾燥、パサつきがおさえれます。

③毛束を取る幅は少なめがベストです!
コテの幅くらいで巻くとカールの持ちも良くなります。コームでしっかり梳かしてから巻くとツヤ感もアップします。

④コテの入れ方は、基本的に縦に入れます。
毛先から巻いていくとダメージの原因になりますので、中間から入れて巻くようにしましょう。巻いてる時間は1束3〜5秒。

⑤温度設定は普通毛の方は120度
髪が多い方は140度がベストです。

スタイリングプロセスを早送り動画でご覧ください

完全解説フル動画はこちら

渡邊義明公式YouTube
(SALONTube)

まとめ

ママの皆さんいかがでしたでしょうか?

アイロンを使うと絶対的にダメージは付きもの!!
いかにダメージを少なくするのかがポイントです!
第一条件は濡れてない事!
事前にトリートメントや巻き髪ローションで補修&保護をしておく事!
しっかりコームで梳かす事!
温度設定は120度、巻いている時間は3秒〜5秒
本当に大事なことですので、覚えておいてくださいね!

渡邊 義明

ライフスタイルプロデューサー・美容師。誰でも簡単にすぐできる髪型とYouTubeで評判を呼び、今話題沸騰中の美容師。 ヘアアレンジ、美容に関する動画配信中。インスタグラマーとしても活躍中。