働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3672

幼稚園の運動会、子供だけでなくパパ、ママの服装も気を付けて!

幼稚園における親の服装としては、派手すぎない、動きやすい恰好が大切です。パパはスーツなどは避け、汗染みの目立たないシャツを選びましょう。ママもスカートやヒールは避け、Tシャツとパンツなど動きやすく汚れが目立たないコーディネートがおススメです。

運動会にオシャレは必要ない!?

ママ 運動会コーデ2

運動会は大勢の人が集まる場所です。たくさんの人と会うので多少オシャレをしたいかと思いますが、結論から言うと保護者会のようなファッションは向いていません。

ママで言うとスカートやヒールは厳禁。パパもスーツ姿はもちろん革靴や動きにくい襟付きシャツはやめておいた方が良いでしょう。

運動会は見ているだけでも汗をかき、砂埃などで結構汚れるものです。Tシャツにパンツ、スニーカーというラフな格好がベストでしょう。

オシャレをしたいのであれば、パンツスタイルに帽子や小さなアクセサリーなどの小物を工夫してコーディネートしてみてはいかがでしょうか。

結構過酷な親子競技

ママ 運動会コーデ1

運動会の服装はTシャツとパンツが良いと述べましたが、理由のひとつに「親子競技」があります。

親子競技は幼稚園によって内容はさまざまですが、結構過酷な競技が多いのが特徴です。有名な競技で言えば二人三脚、玉入れ、買い物競争などがあります。

しかしこの他にも子供をおんぶして走る競技や、中には肩車をして動き回るような競技もあるのです。これらの競技をスカートや革靴で対応するのは難しく、思わぬケガをしてしまうかもしれません。運動会の服装はあくまで動きやすいスタイルを心がけましょう。

また、動きやすさを重視し上下ジャージにすると、今度はラフすぎて浮いてしまいます。あの人気合が入りすぎている!と思われてしまうので、ラフすぎる格好も避けた方が良いでしょう。

パンツスタイルはもちろん、色も気を付けて

ママ 運動会コーデ3

運動会には動きやすい服装が良い言うことで、パンツスタイルにスニーカー、Tシャツやポロシャツを選択する方も多いでしょう。 しかし忘れてはいけないのが「色合い」です。

特に白いパンツを選ぶと大変なことになります。多くの運動場は土や砂がありますから、状況によってはそこに膝をついたり泥だらけの子供を抱っこしたりすることもあります。白い生地や淡い色合いの生地は泥汚れが目立ちやすく、運動会には向いていません。

またトップスについては、濃い色で汗染みが目立つ生地にも気をつけましょう。運動会の多くは5月か10月あたりに行い、真夏ではないものの暑い時期です。見ているだけでもかなり汗をかくので、汗染みが目立たない生地を選ぶようにしましょう。

日焼け対策もしっかり行おう

ママ 運動会コーデ5

運動会の時期は日焼けをする時期でもあります。運動会は朝9時頃から始まり午後の3時頃まで続くこともあるので、紫外線が一番強い時間帯ずっと外にいることになります。帽子をかぶる、サングラスをかける、日焼け止めを塗るなどの対策を行いましょう。

何もせずに運動会を観戦し、次の日かなり赤くなってしまったという話もよくあります。 日焼け止め対策は大人だけでなく、運動会に出る子供にもしてあげましょう。

当日の朝に日焼け止めを塗っておくことをおススメします。 また日焼け対策に有効な日傘ですが、運動会の会場は人が多く、日傘が観戦の邪魔になってしまうこともあるのでやめておいた方が良いでしょう。

まとめ

運動会の競技に直接出ることは少ないパパ、ママも、運動会の日はオシャレ過ぎない動きやすい恰好を選ぶのが良いでしょう。天候によっては予想以上に汗をかくこともあるので、汗ふきタオルも忘れずに。日焼け対策もしっかりし、楽しい運動会を迎えましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事