働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

640

【出産準備】入院時のパジャマの選び方をお教えします!

出産準備といえば、赤ちゃんのグッズばかりに目がいきがちですが、体型がどんどん変わっていく産前産後のママのケアグッズ、ちゃんと準備していますか?ママの必須アイテムの中でも、特にこだわった方がいいのはパジャマです。授乳時の使い勝手も大事ですし、出産入院時に持っていく場合は、産後のお見舞いなどで他人にも見られてしまいます。
産院で貸し出してくれるところもありますが、自分で用意したパジャマを持っていくこともあります。今回は、どんなパジャマが人気なのか、また、その選び方についてもご紹介します。

入院パジャマってどういうもの?買う時期はいつ?

syussannyuuinpajama001

出産入院パジャマとは、授乳対応している「マタニティパジャマ」のことです。
産後の回診でズボンを脱ぐことがあるからか、どれもワンピースのようなロング丈になっています。授乳対応、というのは、胸元に授乳口が空いていて、パジャマを脱いだり前のボタンを開けなくても授乳ができるデザインのことをいいます。

マタニティパジャマというだけあって、妊娠中のお腹のふくらみに合わせてウエストのゴムが調整しやすいように作られているので、妊娠中から産後、卒乳後まで長く着ることができますよ。
ぜひ、妥協せずにお気に入りのパジャマを探しましょう。

入院パジャマは、多くのプレママが体型変化と共に購入を検討するようです。とはいえ、お腹が少し目立ってきたくらいなら大きなサイズのTシャツなどでも代用がきくので、すぐに買う人は少ないかもしれません。
また、出産時期に合わせて長袖を買うか半袖を買うか変わってくるので、季節によるということもあるでしょう。

枚数は2~3枚といわれることが多いですが、産院で洗濯ができるのか、家族が洗って持ってきてくれるのかで枚数が変わってきますので、事前に確認してみましょう。

出産入院パジャマの選び方のポイントは4つ

syussannyuuinpajamaerabikata002

それでは、どんな出産入院パジャマが使いやすいのか、選び方のポイントをご紹介します。

①前開きであること

不慣れな上に頻繁な授乳。不器用かつ貧乳な私は、授乳口を使っていませんでした。
お客さんや両親が居る時は授乳ケープを使っていましたし、正直、あの小さな穴から一日に何度も授乳ブラをめくって乳首を探し出し、飲むのがまだ上手ではない新生児に大口開けさせて咥えさせるなんて無理でした…。
もちろん、これはあくまでも個人の意見ですが、デザイン重視で選んだ部屋着のように見える被り物のパジャマよりは、前開きでガバっと胸元を開けられるボタンデザインがおすすめです。

②股上が深いこと

上述の通り、私は前開きパジャマを開けて授乳していたので、夜間はもう開けっぱなしでした。
季節にもよりますが、それではお腹が冷えてしまうのです。腹巻を別に巻くのも良いですが、ズボンの股上が深めになっていてお腹を冷えから守ってくれるデザインのパジャマもあるので、検討してみてください。

③ズボンのウエストゴムが調整可能なデザイン

②とは相対するデザインになってしまうことが多いかもしれませんが、ウエストのゴムが調整可能だと、大きくなっていくお腹に合わせて変えられるだけでなく、産後に体型が戻っても使えるので、かなり重宝しますよ。

④パジャマに見えないデザイン

産後入院中に友人や家族がお見舞いに来ることもありますし、退院後も外出が難しいため、ネットスーパーやネットショッピングを多用することになり、宅配の方とも頻繁に顔を合わせます。
おしゃれはせずとも、できれば見られても恥ずかしくないものを使いたいですよね。

出産入院パジャマにも人気ブランドがある

出産入院パジャマ

次に、出産入院パジャマで人気のあるブランドをご紹介します。

①【エンジェリーベ

syussannyuuinpajamaerabikata003

可愛いのにリーズナブルな人気ブランド。パジャマに見えないおしゃれなデザインも豊富にあり、プレゼントにも喜ばれそうです。

 

②【スウィートマミー

syussannyuuinpajamaerabikata004

MINMIさん、小倉優子さんなど芸能人にも愛用者の多いおしゃれブランド。1着は持ってみたいですよね。

 

③【赤すぐ.net

syussannyuuinapajamaerabikata005

ママの声をしっかりと反映していて、機能性や種類の多さも安定しています。この画像のパジャマは授乳ケープにもなるカーディガン付き。便利すぎますよね!

 

④【ベルメゾン

syussannyuuinpajamaerabikata006

パジャマの種類がかなり豊富で「来客向き」「家事がしやすい」など、機能性に特化しています。また「入院対応」と表記されているパジャマもあるので、安心して購入できますよ。

 

他にも、専用のパジャマでなく、ユニクロのパジャマを大きめサイズで購入している方や、夏場ならブラトップキャミをパジャマと下着代わりにしている方も多いようです。
どんなものを購入したらいいのか、産院で相談するのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
私は何も調べずに、ベビー用品専門店でマタニティ服を買ったついでにパジャマを買って、後々後悔することがありました。ただ、購入した数着のうち1着だけは使い勝手がよく、2年ほど着続けています。皆さまもぜひ、お気に入りの一枚を探してみてくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事