働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

832

メイク偏差値の正しい上げ方のススメ

私たちはメイクの勉強をする機会もなく、大人になって行きます。
さらにママになると、子供の為にと、ファンデーションすら塗らなくなってしまいますね。

けれど、いざメイクをしようと思ったとき、「あれ、ちょっと違う…」なんてことはないでしょうか?
急いでメイクテクニックを検索してみても、うまくいくとは限らない。

では、どうすればいいか?
お教えします。

メイク偏差値を正しく上げる為の心得とは?

コラム戸田さと美3

メイク偏差値が高い人とは
‟見慣れた顔から離れる勇気”を持っている人。

逆に低いと思う人は
‟自分はこうでないといけない”と決めつけている人。

単にスキのない化粧で塗り固めることが
高偏差値につながることではありません。

むしろ、時には、今までのコスメたちとさよならするくらいの潔さも必要だし、

「わたしには、このファンデーションでないと無理」

「アイラインは黒で囲み目でしょ。」

という固定概念は捨てましょう。

一歩を踏み出す勇気が必要

戸田さと美コラム3

人はどうしても見慣れたものに、安心感を覚えてしまうものです。

いつもと違うことをして変って思われたらどうしよう、とか
何か言われるんじゃないか?って不安になるのも分かります。

けれど、勇気をだして一歩を踏み出してみて。
「なんだかいつもと違うね」
って言われたら大成功!

その後は
「ほんと?どんな風に違うかな?」
と、是非聞き返してみて。

似合ってれば、素直にいい反応がかえってくるし
似合ってなくても、案外みなさんオブラートに包みながら
優しく教えてくれるものです。

まとめ

いいも、悪いも受け止めながら、
新しい自分を作っていく。

それこそがメイク偏差値の上げ方なのです。

なりたい自分になる為の道を創るのはいつだったあなた自身なのだから。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事