働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

64

ママと赤ちゃんのお出かけを快適に!マザーズバッグを選ぶポイント

おむつにもしもの時の着替え、抱っこひもなど赤ちゃんと一緒の時は荷物が多くなりがちです。荷物が多いからこそ必要な物が全て入って、しかも収納しやすいマザーズバッグは赤ちゃんとのお出かけを快適にしてくれる便利グッズですね。マザーズバッグもたくさん販売されていますので、どれを選ぶかで迷ってしまうでしょう。マザーズバッグを選ぶポイントや人気の高い商品について紹介していきます。

ママの体への負担を軽減!超軽量マザーズバッグ

s

赤ちゃんとお出かけするときは抱っこひもを使うことも多いでしょう。近ごろの抱っこひもはママの体への負担を軽減した設計になっているものの、それでも長時間赤ちゃんを抱っこしていると肩や腰が痛くなってきます。その上赤ちゃんのグッズをいれたバッグを持つのですからさらなる負担がママの体にかかります。マザーズバッグを選ぶときは軽量タイプを選んだほうが持っていても疲れにくいですね。【ドラコエアリーボストン】はその商品名の通りバッグが非常に軽く作られているのが特徴になります。その重さはなんと中身の入った500mlのペットボトル(約500gちょっと)よりも軽いのです。軽量ながらバッグの容量はたっぷりありますので赤ちゃんと長時間のお出かけの時も重宝しますね。

かゆいところに手が届く!機能性の高いマザーズバッグ

a

赤ちゃんとのお出かけはタオルや着替え、哺乳瓶、おむつといった細かい荷物がたくさん必要です。荷物が多くなると必要な時に必要な物を探すだけでも苦労しますよね。収納が細かく分かれているマザーズバッグは、バッグの中身が見やすくて必要な物がすぐに見つかります。【CROSSWALKER】の多機能マザーズバッグは内ポケットが7か所もついていますので細かい物を収納するのにもとても便利です。また取り外しが可能なインナーポケットもついています。たとえばインナーポケットにおむつを入れておいて、おむつ替えの時だけ取り外して使用することもできるのです。他にも防水ポケットがついていますから、よだれや食事で汚れたスタイ、使用後の哺乳瓶など湿り気のある物を保管しておくのにも便利に使えます。

デザイン、機能性の両方を兼ね備えたバッグ

bag

ママになってもオシャレを楽しみたい女性は大勢います。機能性だけでなくデザイン性のニーズをも満たしてくれるのが【ティミ&レスリーマリーアントワネットバッグ】です。見た目はキルティング素材で、通勤やちょっとしたお出かけにも使える洗練されたデザインのバッグですが、マザーズバッグとしての機能性も十分に持ち合わせています。肩掛けにも対応できるショルダーストラップ、保温保冷対応の哺乳瓶ケース、荷物を小分けにできるポシェットといった機能が充実しています。通勤バッグとしても使えますので働くママにもおすすめです。

荷物の少ないお出かけにも使える小ぶりサイズのマザーズバッグ

koube

マザーズバッグは大容量のものを選んだ方がたくさん収納ができて便利ですが、近場や短時間のお出かけのときは少量の荷物で十分事足ります。また今まで小ぶりサイズのバッグを好んで使用していたママにとって大き目のマザーズバッグは使いにくいと思う点も出てくるでしょう。【神戸元町リベラルバルーンバッグ】A4サイズはコンパクトでありながら、おむつ、おしりふき、マグといった必要最低限の赤ちゃんグッズを収納できます。デザインもシンプルでフォルムも上品で美しいですから、赤ちゃんが成長してからも長く愛用できるのもポイントです。値段も手ごろですからセカンドマザーズバッグとして持つのもいいでしょう。

まとめ

自分の使い方に合ったマザーズバッグを選ぶこと!
マザーズバッグを選ぶコツは自分がバッグに何を入れるのかをしっかりとイメージすることです。マザーズバッグには収納ポケットがたくさんついていますので、それぞれの収納ポケットに何を入れるのかを考えながらバッグを選んでいくと使い勝手の良いバッグが見つかりやすくなります。また赤ちゃんを抱えながらバッグを持ちますので軽量であること、哺乳瓶やスタイ、汚れた服など湿り気のある物を入れることも多いですから防水性の高い素材を選んだほうがより快適に使用できるでしょう。通販でもバッグは購入できますがバッグの機能性や軽さを実際にお店でチェックする、他の商品と比較するなどして使い勝手の良いバッグを探してみましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事