働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 6808

絶対崩さない!美容ブロガーが教える入卒園式のママメイク

大切な我が子の卒園・卒業式に入園・入学式を控えているママ。きっと当日は、涙が溢れて止まらないことでしょう。でも、涙でメイクが崩れてしまいそう…と心配されてはいませんか。節目となる晴れの日ですから、写真だってたくさん撮りたいですし、もちろんその写真に写る自分もなるべく綺麗な顔でいたいですよね。息子2人で入卒を4回経験美容ブロガーの私が「こうしたらかなり崩れにくい!」というティップスをご紹介させていただきます。参考にしていただけたら嬉しいです。

崩れない入卒メイク①落ちない仕込み


 

最初のステップは仕込み。メイクが落ちやすいのは乾燥でカサカサしている肌や、色々塗りたくって厚い層ができている土台なので、丁寧にスキンケアして、でも塗りすぎていない状態がベストです。そして、メイクを始める前に、仕込んでおける”落ちないメイク”はしておきましょう

アートメイクのように専用サロンに行ったり費用がかさんだりということなく、今は自宅で自分で簡単にティントメイクができる時代。この2パートはメイクをしている印象を特に醸しやすい部分なので、メイクの半分はキープできたようなものです。かなり安心感がありますね。前夜に眉もリップもティントしておけば、忙しい当日の朝のメイク時間を短縮することもできますよ。

ティントメイクに使うコスメは、ネットやバラエティショップで購入できます。私のおすすめは、ちょっと赤みがかった【Fujiko(フジコ)】のフジコ眉ティントの「モカブラウン」です。

崩れない入卒メイク②落ちても綺麗なコスメ

さて、下準備ができたら早速メイクです。ベースメイクは均一にかつ薄く、何層にも重ねるのが崩れないコツ。下地とファンデーションだけよりも、下地・ファンデーション・コンシーラー・パウダーと薄い層を重ねるくらいの方が崩れにくいです

ベースができたらば、今度はポイントメイク。モチが良いもの・落ちにくいもの、落ちても汚くないものを日頃から揃えておくことをおすすめします。
一番難解なのは、涙がもろにかかる目元のメイク。まず、崩れた時に悲惨な状況にならないよう、真っ黒なコスメは選ばない方が良いでしょう。下まぶたは最も涙やハンカチの摩擦を受けるところなので、ポイントメイクはゼロに。上まぶたには、アイラインを引き、それをアイシャドウでぼかしましょう。

この時、いつもならダークブラウンなどの“締め色”と呼ばれる濃い色を持ってくるママが多いかもしれません。実際、その方が目は大きく見せやすいですしね。
ですが、涙で崩れそうな日のメイクでは、もう少し柔らかい色にしておきましょう。万が一落ちてきてしまった時の“パンダレベル”が違います。

リップも、ティントではカラーバリエーションが少ないと思いますので、好みカラーの落ちにくいルージュを重ねるのも良いと思います。

また、アイシャドウで締め色を使えない分、マスカラは塗っておきたいところですよね。ウォータープルーフの涙や水で落ちないマスカラを選び、必要以上にのせずに洗練された目元の印象をキープさせましょう。
私のお気に入りは、【フローフシ】の「モテライナー リキッド(アイライナー)」と、「モテマスカラ(マスカラ)」です。滲まず落ちたとしても小さなカスがちょこんとつくくらいで、そうなった時だけ指で取れば汚く崩れることがないのがポイントです。

ルージュは【ゲラン】の「ラ プティット ローブ ノワール」、【イヴ・サンローラン・ボーテ】の「ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ」がモチが良いかと。
チークもレッド・ローズ系よりも、落ちたり広がっても自然で明るい印象のピーチ・コーラル系がおすすめです。

崩れない入卒メイク③FIXコスメでコーティング

n e iさん(@nei_64)が投稿した写真


 

落ちにくい・落ちても綺麗なコスメを駆使してポイントメイクまでできたらば、安心の最終仕上げをしましょう。
本当に最近のコスメは高機能で素晴らしく、メイクをピタッとフィックス(固定)してくれるフィックスミストなるものがあるのです(もちろん顔の表面をガチガチに固めるわけにはいかないので、100%落ちないという訳ではありません)。
私の知っている限りでは、【SUQQU】と【資生堂IBUKI】から発売されています。パウダーが固定できるってすごいですよね。

アイブロウに関しても、気持ち濃い目にメイクしておく方が写真写りが良いので、ティントをしていたとしても少しパウダーなりペンシルなりで描き足す方がベストです。その際は是非、アイブロウコートを使いましょう。マニキュアのトップコートのように使えて、プチプラコスメブランドの【キャンメイク】で調達できます。夏のレジャーにも重宝しますので、1本持っていると要所要所で活躍してくれますよ。

崩れない入卒メイク④こまめなハンカチ使いとお直し

③までで当日の朝のメイクについてのポイントは終わりなのですが、最後に、メイクを崩さずキープする方法もご紹介します。

まず、ハンカチはすぐに取り出せるところにしまっておきましょう。厚地のタオルよりも、指や爪に覆いかけて目尻などの細かいところも拭えるハンカチの方が良いでしょう。式典出席への出席というTPOを考えても、いつもはタオル派のママもこの日は1枚素敵なハンカチを準備してみましょう。そして、涙の粒が大きければ大きいほど一度に広い面積が崩れやすくなり、そうすると見た目にムラが目立ちやすく、お直しするのも大変になりますので、涙が小さいうちにこまめに拭うことが鉄則です。そして、どうしても崩れやすい下まぶたにはさっと塗って指でポンポンとタップしてなじませればOKで、持ち運びも簡単なスティック・ペンシル・小さなチューブなどのコンシーラーを1つ用意しておくと、洗面所に行けなくてもさっとお直しできて便利です。

まとめ

いかがでしたか?ティントやFIXコスメなど、現代の最新優秀コスメを上手に使うことで崩れにくさが格段にアップします。崩れにくいコスメ、崩れても汚くならないコスメでメイクして、入卒の式典当日は我が子の成長した姿を幸せの涙とともに大いに喜びましょう!入卒を迎えるママの皆様、おめでとうございます!

HITOMI

米国州立大学卒業後、結婚、出産。小学生と幼稚園年の男の子のママ。美容誌MAQUIA公式美容ブロガー5期目。読者モデル。 http://ameblo.jp/bunbiryoudou

RELATED POST

あなたにおすすめの記事