働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 488

歩きやすさ重視!働くママが選ぶサンダルの選び方3選

働くママはなにかとスニーカーに頼りがち。抱っこして歩いたり急いで仕事へ向かったり。時間のないママは足元のおしゃれを怠りがちなのです。そこで、歩きやすさも重視したおしゃれなサンダルの選び方をご紹介します。

足首が固定できるサンダルを選ぼう

歩きやすさを重視したサンダルといえば、足首固定は当たり前。バックルがついていると足首にしっかり固定でき、小走りで歩いてもズレることがありません。ヒールがないタイプなら子供を抱っこしても小走りで走れるです。出来ればくるぶしのバックルの間に少し余裕があるものを選ぶと靴擦れしません。なおかつ、抱っこしたままでも脱ぎやすいよう着脱が簡単なものを選ぶと良いでしょう。

しっかり足の甲にフィットするサイズを選ぼう

サンダル選びで大切なことは、足の甲がしっかり押さえられているかどうかです。足の甲にゆとりがあると歩くたびに指が前へすべり、靴擦れしやすくなってしまいますしふくらはぎに負担がかかってすぐに疲れてしまいます。足を少しだけ動かすことができるくらいのゆるさで充分です。出来るだけ甲にフィットする物を選びましょう。

サンダルを選ぶ時には足の幅にも注意!

シューズを選ぶとき、多くの方が「足の幅」を無視しがちです。サンダルは極端に細いものからゆったりしているものまでさまざま。あまりにも細くヒールのあるサンダルを選ぶと、外反母趾になる可能性があります。土踏まずをサンダルの中心に合わせて、足の力がどこに入っているか確かめてください。足の左右に力がかかっている場合は、幅がきついということです。

働くママにはどんなサンダルがおすすめ?

働くママは、歩く、走る、早歩きで歩く、長時間座る、というケースが多いと思います。そこで、長時間履いたまま歩いても走っても負担にならないサンダルがおすすめ。長時間歩く時はフラットなタイプのサンダルが良いですが、たとえば、かかとにストームがあるサンダルやヒールではなく厚底のサンダルなどは、歩く際に負担が分散してくれるので歩きやすいですよ。

まとめ

高さがあるとどうしても歩く時に不安定になりますが、バランスよく歩きやすいサンダルなら働くママでも負担を感じずにおしゃれに着こなすことができます。大切なことは試着をすること!必ず試着をして、歩きやすくおしゃれなサンダルを見つけてください。

mayu.

1児の働くママ。子供の習い事や教育、ファッションなどに興味があります。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事