働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

2584

【卒入園・入学式】日本文化のプロがおすすめする、レンタル着物ができるお店とサイト

せっかくの卒入園・入学式に着物を着たいけれど、「手持ちの着物がない」もしくはご自身のお母様やおばあ様の着物は「サイズが合わなくて着られない!」ということもあるのではないでしょうか?そんな時に便利なのは、着物のレンタルです。もちろん着物を仕立てるよりもリーズナブル。全日本伝統文化後継者育成支援協会の役員である私が、ママが好きな着物をレンタルできるお店やサイトをいくつかご紹介します。

【MICOTO8】着物だけレンタルして、着付けは近くの美容室や自分の場合

12976318_565813930252967_427196544_n(1)

出典: instagram.com(@mariko_1218)

(社)全日本伝統文化後継者育成支援協会が運営している、すべて正絹の振り袖、留袖、訪問着、色無地、小紋、付け下げなどのお着物をレンタルできる【MICOTO8】の着物レンタル。本格的なお着物が揃うのが特徴です。

お値段は、京友禅や加賀友禅などの上等な訪問着で、レンタル価格30,000円(税別・3泊4日)。もう少しリーズナブルに着られる訪問着や付け下げでレンタル価格15,000円(税別・3泊4日)。

着物レンタル価格には、「着物」「帯」「長襦袢」「帯揚げ」「帯締め」が含まれます。着物に合わせた帯や帯揚げ、帯締めのコーディネートをプロに任せられるのも安心。全国に発送もできるので、着物だけをレンタルする場合にはおすすめです。

MICOTO8

【万インターナショナル・表参道】手ぶらで出かけて着物のレンタルだけでなく、着付けまでお願いしたい場合

12798042_1686281401589476_304765079_n

出典: instagram.com(@mariko_1218)

着物ドレスのオーダーメイドから、着物レンタル、着付けサロン会、KIMONOスクールなどを運営している【万(よろず)インターナショナル】。専門の着付け師さんが常駐しているので、着物のレンタルから着付けまで、すべてお願いできるのが特徴です。訪問着など着物の種類も豊富で、着物一式のコーディネートもしてもらえます。何も持っていなくても手ぶらで行って、着物でお出かけ出来るサロン。

お値段は、着物レンタルと着付けも込みで、10,000円(税別・2泊3日)。草履とバックもそれぞれ2,000円(税別)でレンタルできます。

万インターナショナル
住所:東京都港区南青山5-12-24-709
TEL:03-6427-7413

【花ごよみ 六本木店・六本木】手ぶらで出かけて着物のレンタルだけでなく、着付け・ヘアメイクまでお願いしたい場合

o0569080011718290997

出典:猪熊真理子オフィシャルブログ

着物一式レンタルと着付けとヘアメイクができる六本木のレンタル着物サービス。正絹の訪問着のレンタル価格は着付けも込みで約2万円前後〜。ヘアセットの和髪が3,200円です。

花ごよみ 六本木店
住所:東京都港区六本木3-10-9 枻川(かじかわ)誠志堂ビル 4階 
TEL:03-3470-0069(六本木店)

着物を選ぶ際に気を付けるポイント①着物の小物

14374464_1099834870098171_3565916457432776704_n(1)

出典: instagram.com(@hm_chizuさん)

着物をレンタルする際に気をつけるポイントはまず、サイズです。身幅は着物の場合ある程度調整がききますが、身長や腕の長さによって、おはしょり部分やゆき丈(肩から手首のつけ根までの長さ)が足りなくなってしまうことがあります。身長の高い方や、腕が長い方はLサイズのものや身長・サイズの表記があるもの、心配な場合は気に入ったお着物と身長などをお店に伝えて着用可能か事前に聞いてみるのがいいでしょう。

レンタル価格に含まれるセット内容も事前に確認しておく必要があります。肌着や裾よけ、腰紐などは自前で用意する必要があるお店が多いので、事前に必要な小物もお店に確認しておくと安心です。草履もご自身でお持ちのものがあれば、草履はオプション価格になるお店が多いので、ご自身のものを履いても良いと思います。

着物を着た時に気を付けること②所作、トイレへ行くとき

着物と洋服の大きな違いは、「袖があること」「裾が長いこと」「帯があること」の3点です。この3つを意識しておくと、着物の所作で戸惑うことが少なくなります。

まず着物は「袖」があるので、食事中などにテーブルの上にあるものを取る時は、袖が汚れないようにもう片方の手で袖を持ちます。また「裾が長い」ので、階段の登り降りをする時には、右手で軽く「立褄(たてづま)」を持ちます。立褄(たてづま)とは、着物を着た時は右ひざの少し上、右足のふとものの前辺りの着物を持つイメージです。そうすると階段の登り降りでも着物の裾が階段に触れないので、汚れにくくなります。

お手洗いなどに行った後は、裾よけから襦袢、着物の順で裾をきちんと整えます。「帯がある」のも特徴ですので、お太鼓の下の部分「たれ」が跳ね上がっていないか必ず確認しましょう。お手洗いの後、この「たれ」が跳ね上がっていることがよくあるので、必ず気をつけるべきポイントです。また鏡などで、おはしょりのシワや帯締めが下がってきていないか確認し、少し整えておくと着崩れしないでしょう。

まとめ

お子さんにとって一生に一度の大切な卒園式、入園・入学式。人生の節目の時だからこそ、ママも華やかに晴れの日を祝福するのにはお着物がぴったりです。普段なかなかお着物を着る機会がなかなかないママも、レンタル着物サービスなどを上手く活用して、ハレの日を迎えてみてくださいね。

★前編はこちら→卒入園・入学式は着物で上品に!日本文化のプロが教える着物選び

RELATED POST

あなたにおすすめの記事