働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

592

スカーフをアレンジしたいママ必見!巻き方を工夫してワンランクUP

スカーフの巻き方がいつもマンネリ気味のママは、新しい巻き方をマスターしてみては?シンプルなコーデにも使えるスカーフは、工夫次第でいろいろなおしゃれが楽しめます♪格上げできる巻き方3つを紹介します。

クールなママを演出。シックで大人っぽい大判スカーフの巻き方

078_1

出典:http://weheartit.com/

かっこいいママにはこんなスカーフの巻き方がおすすめです。大判のタイプは無造作に一周するだけでかっこいい。裾がランダムになるよう調節してみましょう。

ブラックのスカーフはシックだから、モノトーンファッションに組み合わせてみたいですね。肌寒い時の防寒対策としても使えます。カジュアルな雰囲気のジョガーパンツスウェットパンツ、Tシャツなどにも相性バツグンです。

巻き方がわからなくても、大判なら巻くだけでおしゃれになります。

スタイ風のすっきりスカーフの巻き方

078_2

出典:https://www.instagram.com/

女性らしい印象のレオパード柄のスカーフ。首に一周させてシンプルに巻くのも素敵ですが、きゅっと前で結んだデザインもかわいい。片側をくるっと一周させて、裾を輪の中に入れたら引っ張るだけです!

顔周りがV地になってすっきりとした印象に。ママコーデに取り入れると、子供を抱っこするときでも邪魔になりません。シンプルなカットソー、ブラウスなどに組み合わせてみましょう。

シンプルファッションに合わせるなら、色で遊べて肌さわりがいいのが便利です。

スカーフをトップの裾から垂らしてみる

078_3

出典:https://www.instagram.com/

スカーフは首に巻くだけでなく、無造作に垂らすだけでもおしゃれ。パンツのベルトループにちょっと引っ掛けて、スカーフをなびかせてみましょう。歩くたびにスカーフが揺れて、個性的なファッションが楽しめますね。

シンプルなファッションで少し物足りないかな?と思ったら取り入れたいスカーフの巻き方です。パンツにベルトとして使う方法はよく見かけますが、垂らす考えは無かった!という方も多いのでは?

横から見ても、前から見てもきれいなポイントになります!

まとめ

スカーフの巻き方で迷ったら、紹介した使い方を利用してみてくださいね!どれも簡単なテクばかりですから、慣れていない人もどんどん挑戦してみましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事