働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1632

コンフォートサンダルを履いて、子連れのおでかけもおしゃれに♡

ママになると、いろいろな面で制約を受けることが多くなります。特に夏、子連れでお出かけするときに注意したいのは、サンダルのヒールの高さですよね。ペタンコサンダルは、ちょっとファッション性に欠けてしまうと感じているママもいるのではないでしょうか?今回は、子連れでも安心のサンダルを4種類ご紹介します。

子連れママのサンダル、ヒールは履けない?

出典:HANILOOK

サンダルを選ぶ際、最も気をつけなくてはならないのが、ヒールの高さです。
例えば、赤ちゃんを抱っこしているときに足元がふらついてしまっては危険ですし、歩けるようになってくると、あちこち動き回るようになるため、ママも一緒にバタバタ…。
太めのチャンキーヒールや機能性とデザイン性を考えるなら、コンフォートサンダルがおすすめです。
でも、コンフォートサンダルってちょっとメンズっぽい…?いいえ、そんなことはありません。コンフォートサンダルは、スカートやワンピースにもピッタリ、靴下を履いても素足でもOKです。

コンフォートサンダルメリット①安定感バツグン!

出典:HANILOOK

コンフォートサンダルは作りがしっかりしているため、安定感が抜群です。ヒールがまったくないサンダルの場合、かえって重心が後ろに傾いて歩きにくいこともありますが、コンフォートサンダルは底に適度な厚みがあるため、重心が後ろに傾くことがなく、歩きやすいのが魅力です。
子連れのママにピッタリなサンダル、それがコンフォートサンダルなのです。

サンダル選びはおしゃれさだけでなく、靴ずれのしにくさも考えて

出典:HANILOOK

子連れで遊園地やテーマパークなどに出かけると、思っていたよりも歩くことが多いもの。そのようなときにママが靴ずれを起こしてしまったら、せっかくの楽しみが半減してしまいます。サンダルを選ぶ際には、靴ずれのこともきちんと頭に入れておきましょう。
コンフォートサンダルなら靴ずれの心配が少なく、遊園地やテーマパークにもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。機能性とファッション性を兼ね備えたコンフォートサンダル。足元からおしゃれを楽しみましょうね!

ママプラ編集部

ママプラ編集部は全員ママとパパ。子供たちと過ごす日常をより面白くしたいと日々考えています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事