働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 23144

【授乳期・抱っこ期・よちよち期】ママのための「オフショル」着こなし術

昨年に引きつづき、この夏もトレンド必至のファッションアイテムと言えば、オフショルダートップス。

乳幼児を育児中のママたちからは「ちょっと難易度が高めかも…」と思われがちなアイテムですが、ママたちのデイリーなコーディネートにも、取り入れられるオフショルダーがあるんです。ここでは、ママタイプ別に、おすすめのオフショルダートップスと着こなし術をご紹介します!

授乳期ママには…フレアシルエットのオフショル♡

まず最初に紹介するのは、母乳育児中の授乳期ママにおすすめしたいフレアシルエットのオフショルダーブラウス。

フレアシルエットのオフショルダーブラウスなら、すそから赤ちゃんを中に入れてそのまま授乳ができるので、ケープも不要。授乳期にこそ、とっても便利なアイテムなんです。

出典:WEAR.jp

出典:WEAR.jp

出典:WEAR.jp

とくにおすすめなのは、腰骨くらいまでのコンパクト丈のアイテム。
ブラウスのすそは、あえてパンツに入れずに出しておくことで、産後に気になるぽっこりおなかや腰回りをカバーしてくれる効果も。

トップスがゆるめのシルエットなので、パンツは細身のアイテムを選んで、ゆるピタのバランスを意識しましょう。
ママの定番ワードローブ・デニムパンツなら、今年は切りっぱなしのスキニーデニムや、ダメージデニムを合わせるのもいいですね。

抱っこ期ママには…オープンショルダータイプのオフショル♡

続いて紹介するのは、抱っこ期の子供を育児中のママにおすすめしたい、オープンショルダータイプのオフショルダートップスです。

オープンショルダーのトップスなら、抱っこ中、子供にお洋服を引っ張られても大丈夫。抱っこひもを使ってもずれる心配が無いので安心してオシャレを楽しむことができます。

出典:WEAR.jp

出典:WEAR.jp

出典:WEAR.jp

オープンショルダーは、通常のオフショルダーと比べて露出度が控えめなので、パパからも好評なんだとか。
合わせるボトムは、やや太めのシルエットのパンツがイチオシ。トップスのすそはパンツに入れるか、ブラウジング(軽くたるませる)して、メリハリをつけた着こなしを楽しみましょう。

よちよち期ママには…オフショル+サロペット♡

最後に紹介するのは、よちよち期の子供を育児中のママにおすすめしたいオフショルダーの着こなしテクニック。

公園や児童館などで、子供の後を追って立ったり座ったり、前屈みになったりすることの多いよちよち期ママには、デコルテや腰の部分から下着が露出することの無いよう、サロペットと合わせて着こなしてみましょう。

出典:WEAR.jp

出典:WEAR.jp

出典:WEAR.jp

サロペットは、動きやすくて同性からの好感度も高い、ママにぴったりのトレンドアイテムのひとつ。
オフショルダーは、体にフィットするニットや、ボリュームスリーブで、シンプルなデザインのものを選ぶとコーディネートがしやすいですね。

まとめ

この夏も、トレンド必至のオフショルダーアイテム。
ママのタイプ別におすすめのアイテムと着こなしのポイントをご紹介しました。
ぜひ、夏のデイリーなコーディネートに取り入れてみて下さいね。

宮森 渚朝

ベビーマッサージ講師、webライター。高知県在住。3歳・0歳の男の子ママ。 育児がもっとhappyになるベビーマッサージ教室「ハッピーアイスクリーム」を主宰。読者モデルとして活動中。 息子との毎日や、読者モデルとしての経験、ベビーマッサージ講師の活動などから、ママに嬉しい情報を発信していきます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事