働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

912

綺麗になりたいママ必見!シナモンが叶える簡単アンチエイジング法

綺麗になりたい!いつまでも美しくでありたい!というのは、ママになっても変わらない女性にとって永遠の願いですよね。しかし、日々鏡の前で自分にかけられる時間も限られているママが多いはず。ゆっくりお手入れしたいけど、そんな時間がないママの強い味方となるのが、アンチエイジングスパイスである「シナモン」です。忙しいママが綺麗でいられる手助けをする「シナモン」の魅力についてお伝えします。

あの漢方薬にも使われていた!ママが知っておきたいシナモンとは?

シナモン 

シナモンロールやコーヒーのトッピングなど、スパイシーながらも甘い香りが特徴のシナモンは様々な用途に用いられていますが、漢方薬として使われているのをご存知ですか?

実は、シナモンは漢方薬の中では「桂皮」や「ニッキ」とも言われ、現在も使われる生薬なのです。漢方薬では葛根湯にも使用されており、発汗や解熱作用があるとされています。そのほか、鎮痛作用や整腸作用もあり生理痛で悩む方への漢方や、漢方胃腸薬にも使用されています。

シナモンなら忙しいママでも手軽にスパイスとして使えるので、日常生活に取り入れることができます。

ママ必見!シナモンの驚くべき美容効果とは?

image

先ほど紹介したようにシナモンは漢方薬としても使われているスパイスなのですが、ママには嬉しい驚くべき美容効果がたくさんあります。

・アンチエイジング効果
シワ・たるみ・シミ・くすみなど様々なアンチエイジング効果が期待できます。年齢とともにコラーゲンの減少や紫外線の影響による光老化により、シワやたるみが目立つようになりますが、シナモンにはそれらの根本的要因ともいえる、毛細血管の修復・改善を行うことによるアンチエイジング効果が期待できます。
毛細血管は、身体の隅々まで栄養を届ける働きがあり、健康的な肌をつくるうえで欠かせない肌のターンオーバーや生まれ変わりを整える働きもあります。

・冷え症・むくみ改善効果
シナモンは冷え症の改善にも効果的とされています。先ほど毛細血管の話をしましたが、冷えの要因のひとつに血液循環の滞りが挙げられます。血液の流れが悪いことで、特に手足などの末端が冷え、冷え性に悩まされるママも少なくありません。血液の流れを改善することで、冷え性に効果的です。また、血液循環が改善することで老廃物の排出がスムーズになり、むくみの改善にも効果的といえます。

・ダイエット効果
シナモンは肥満の大敵とされる脂肪細胞を小さくする作用があるとされています。また肥満の要因とされる血糖値にも働き、血糖値を下げ、中性脂肪を低下させる働きがあります。整腸作用もあるため、便秘解消によるデトックス効果も期待できます。

働くママ、忙しいママでも簡単!シナモン活用術

シナモン活用法

忙しいママでもシナモンを簡単に取り入れられる方法をご紹介します。まずは家にシナモンパウダーを常備することがおすすめ。シナモンパウダーを使った、簡単活用術をお伝えします。

・アンチエイジング・美肌対策
シナモン自体に抗酸化作用が高く、アンチエイジング効果や美肌効果がありますが、掛け合わせることで相乗効果を狙いましょう。

・アーモンドミルク(無糖)×フルーツ×シナモンのスムージー
・かぼちゃ、にんじん×シナモンのホットスープ

アーモンドミルクやかぼちゃには、ビタミンEが豊富に含まれており、アンチエイジング効果があります。グリーンスムージーを作る際に、お好みのフルーツにアーモンドミルクを加えることでアンチエイジング効果を高めることができます。仕上げにシナモンパウダーを振りかけましょう。そのほか、かぼちゃやにんじんなどの温かいスープの仕上げにトッピングするのもおすすめ。どちらも美肌を作るうえで欠かすことのできない、ビタミンが多く含まれています。シナモンは加熱されても効果は変わりません。

・冷え症対策
冷え症対策には、身体を温める働きが高い飲み物と組み合わせることで相乗効果を狙うのがおすすめ。

・紅茶×生姜×シナモン
・ココア×生姜×シナモン
・ホットワイン×シナモン

紅茶、ココア、赤ワイン。どれも身体を温める働きが高い飲み物です。そこに生姜をプラスすることで、より血流促進効果が期待できます。コーヒーショップへ行くと無料でシナモンがトッピングできるお店もありますが、冷えで悩むママは、是非コーヒーを飲む際にトッピングするのがおすすめ。コーヒーは身体を冷やす働きが高いので、ホット・アイスどちらを頼んだ場合でも、冷え症対策の観点からいうと、シナモンをトッピングすることがおすすめです。

・ダイエット・整腸効果

・焼きりんご×シナモン
・焼きバナナ×シナモン

フルーツは生食することで、熱に弱いビタミンやミネラルを効果的に摂取することができますが、りんごやバナナは焼くことで腸内環境を整える働きが高まります。もともとどちらのフルーツも食物繊維が豊富なのですが、焼くことによりオリゴ糖が増え、整腸作用が高まります。そこにシナモンを掛け合わせることでデトックス効果を高めることができます。腸内環境を整え、不要なものをしっかり排泄できる身体作りをすることも大切です。

その他、ヨーグルトやトーストなどのトッピングとしても美味しくシナモンを摂取することができます。お菓子作りの際に加えたり、カレーを作る際に入れるのもおすすめです。
シナモンパウダーは1振りで0.1gほど。1日の摂取目安量は0.6gなので摂取のし過ぎには注意しましょう。
また、シナモンには子宮を収縮させる作用があるため、妊娠中の摂取は注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
シナモンパウダーさえ用意すれば、忙しいママでも手軽で簡単に毎日の生活に取り入れることができます。スーパーでも数百円で購入できるので、是非毎日の生活に取り入れてみて下さい。用意する際には砂糖入りのシナモンシュガーではなく、シンプルなシナモンを用意しましょう。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事