働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1656

美人度3割アップのメガネの選び方

パソコンやスマホの普及に伴い、ブルーライトカットのためにメガネをかける方が増えてきているようです。
私もPCやスマートフォンを見るときには、ブルーライト用のメガネをかけていますが、肩こりや目の疲れが格段に違うため、手放せないアイテムとなっています。しかし、「メガネに興味はあるけど、どんなものを選べばいいかわからない」という方も多いのではないでしょうか?そこで、似合うメガネを徹底的に研究してみることに。今日はその研究結果とブルーライトについて解説したいと思います。

ブルーライトは眼精疲労やシミの原因にも

ブルーライトとは、パソコンやスマホの画面から発せられる光のこと。波長が短いため散乱しやすく、長時間見ていると視界がチラつき目が疲れやすくなります。
エネルギーが強いので、網膜へのダメージなどにも影響を及ぼすことがあります。
近年の研究結果ではブルーライトでシミができるということもわかっており、ブルーライトでできたシミは、紫外線でできたシミより濃く深いものになることもあるそう
いずれにせよブルーライト用のメガネをかけると、肩こりや眼精疲労の軽減にもつながるので、仕事でパソコンを長時間使う方は、ブルーライト対策のメガネを検討してみるといいでしょう。

基本のメガネフレームは5タイプ

ボストン、ラウンド、ウェリントン、スクエア、オーバルと、大きく分けて5種類のタイプがあります。
最近のトレンドとしては、ラウンドが人気で、かけるだけで、優しく可愛い雰囲気になります
雑誌などでも、よく取り上げられていますよね。
ラウンド系は可愛らしさをアピールするにはバツグンですが、顔の形によっては、顔が大きく見えたり、一気に垢抜けない印象になってしまうことも。
次の項目で似合うフレームを顔の形別にご紹介しているので、フレームの色や太さを調整して似合うフレームを探してみてください。

顔のタイプ別メガネの選び方

出典:https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog

まずは、鏡を用意して自分の顔立ちをチェックしてみましょう。

●面長さんは、ウェリントンやラウンドの太めフレームで顔の幅を小さく見せると、バランスが良く、小顔にみえます。

●ホームベース・四角型さんは、オーバルやボストンをつけると、やわらかな印象に。逆にスクエアだと、角張ってゴツゴツした印象になってしまいます。

●丸顔さんは、スクエアでフレームを細めにすると、丸顔が引き締まって見えますよ。太いフレームだと、重たい印象になってしまいます。

●三角顔さんは、ラウンドやボストンがおすすめです。大き目の、ウェリントンやラウンドだと、メガネだけが目立ってしまうので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?ブルーライトって怖いですよね。今は様々なブルーライト対策のメガネが安価に購入できるので、お仕事でPCを使用っている方はぜひ一本は用意しておきましょう。
本当に似合うメガネを見つけると、つけるだけで、美人度が3割アップします!バランスを意識して、自分にぴったりの美人メガネを探してみてくださいね。参考になれば幸いです。

近藤 さやか

メイクアップアーティスト。アジアで2万人以上の女性を綺麗にし、メディアやイベント、CMなど多数出演経験をもつ。また2000冊以上の本やセミナーから脳科学・心理学、行動心理学などを学び女性を内面、外見共に輝かせるトータルビューティクリエイターとして多方面で活動中。https://ameblo.jp/sayaka-beautyblog