働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 808

ヘアアレンジに欠かせない「ねじり編み」と「ロープ編み」の特徴と違いを徹底解説!

こんにちは!青山のヘアサロン【BUMP】の渡邊義明です。
今回は、ヘアアレンジに欠かせない「ねじり編み」と「ロープ編み」の特徴と違いを徹底解説します。
「”ねじり編み”と”ロープ編み”は何が違うの?」というご意見を多く頂いておりましたので、動画を作ってみました!
分かりやすく解説をしていますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

ママさん向け ヘアアレンジに欠かせない「ねじり編み」と「ロープ編み」の特徴と違いを徹底解説!

■使ったもの■

*PUバンド 2本

*ダッカール

作りやすい髪の毛の長さは、ボブヘア〜ロングヘアの方まで出来ます。ただし、レイヤーが入っていてトップの髪が襟足に届かないと難しいです。

ヘアアレンジプロセス

■作り方■

*ねじり編み方法

①サイドの毛束を取り分けて、そのほかの部分はダッカールで留めておきます。サイドの髪を後ろに向かって上向きにねじっていきます。

②ねじっている髪を2㎜束を引っ張ってボリューム出していきます。

*ロープの編み方法

①サイドの毛束を取り分けて、そのほかの部分をダッカールで留めておきます。サイドの部分を上下に半分に分けて、ロープ状に交互に編んでいきます。

②ロープ状に編んでいる所を2㎜束を引っ張ってボリュームを出します。

*ハーフアップで可愛く仕上がる場合

①左右の表面の髪を取り分けて、後ろに向けてねじり編みして後ろでダッカールで留めます。

②反対側も後ろにロープ編みして左右合わせてゴムで結びます。(この時、引っ張り過ぎると分け目が出過ぎますので、少し緩めにすると良いです)

③ゴムの部分にヘアアクセをつけたり毛先の部分をコテで巻くと、より可愛くなりますよ。

ヘアアレンジプロセスを早送り動画でご覧ください

解説フル動画はこちら

渡邊義明公式YouTube(SALONTube)

まとめ

ママの皆さんいかがでしたでしょうか?
今回は「ねじり編み」と「ロープ編み」の特徴と違いを解説しました!
単純に言うと「ねじり編み」はねじるだけ、「ロープ編み」はロープ状に編むだけ。見え方に違いがあって、ロープ編みの方が凹凸がハッキリしていて、ねじり編みの方が凹凸が少ないです。
個人的には、「ロープ編み」はガッツリアレンジしたい時に適していて、「ねじり編み」は、パパっと簡単にアレンジする時におすすめです。
この2つの編み方は色々なヘアアレンジに使えるので、是非覚えておいてくださいね。

渡邊 義明

ライフスタイルプロデューサー・美容師。誰でも簡単にすぐできる髪型とYouTubeで評判を呼び、今話題沸騰中の美容師。 ヘアアレンジ、美容に関する動画配信中。インスタグラマーとしても活躍中。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事