働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

3136

【子連れハワイ旅行】買い物・食事・プールが充実のホテル「ヒルトンハワイアンビレッジ」

前回、子連れハワイのフライト対策についてお伝えしましたが今回はホテル編!私たち家族が宿泊したのは子連れに優しいと名高い【ヒルトンハワイアンビレッジ】です。
このホテルがおすすめされる理由・・・泊まってみてやっぱりありました!

その魅力についてお伝えしていきます。

ホテルの魅力①広大な敷地と沢山のショップ

IMG_2632

【ヒルトンハワイアンビレッジ】は、DFSやカピオラニ公園といったワイキキ中心街から少し離れた場所にあります。中心街から車で10分ほど行ったあたり、アラモアナショッピングセンターの至近に構えているホテルです。

ホテル内には、

・アリイタワー
・レインボータワー
・タパタワー
・ダイヤモンドヘッドタワー
・ラグーンタワー

というように旅行客向けの5つの棟が立ち並んでいます。(※タイムシェア棟を除く)

大抵のハワイ旅行プランについてくる「トロリー券」を活用して色々なところに出かけるのですが、子連れともなると、滞在期間中子供の体調を考慮して「今日は動かないでゆっくり休もう」という日が出てくるので、ホテル内でゆっくり過ごすことになることも多々。

そんなとき、ヒルトンハワイアンビレッジであればママも子供も飽きないような施設が豊富に用意されています。

ハワイのお土産の大定番「ホノルルクッキーカンパニー」はもちろん、ジュエリーや衣類のお店、美容化粧品、さらにはコンビニ感覚で利用できるABCストアも2店舗入っています。

少しお散歩をするだけでも目移りしてしまうくらいにお店が立ち並んでいます。

チェックインの際に渡されるハンドブックには全店舗の情報が載っているだけでなく、ガイドブックを提示することで割引が受けられるのでとても重宝しますよ。

また我が家はJALパックでの旅行だったのですが、ホテル内には日本語スタッフ常駐のコンシェルジュデスクがあったため、なにか分からないことがあった場合や遺失物、道案内まで気軽に相談できるスポットとして利用させていただきました。

ホテルの魅力②ハワイ最大級の広さのプール

IMG_2598

ヒルトンハワイアンビレッジは、言わずと知れた名所があります。

それはプール!人気のパラダイスプールの他に、タワー専用のプールが3か所あります。

我が家はアクティビティが充実しているパラダイスプールに入り浸っておりました。

パラダイスプールは、ラグーンタワーのホノルル側の裏手に位置しているので、宿泊タワーによっては少し歩くことになります。

熱帯植物と溶岩が印象的なまさに南国ムード抜群のプールです。

ちなみにプールエリアに入るには、専用のカードキーが必要。外部の方が出入りできないような仕組みになっているので安心ですね。

4つのスライダープールは動き回るの大好きな子供も大満足。

小さな子供向けのスライダーから始まり、入口から出口まで真っ暗でスリルたっぷりの溶岩スライダーは大人も顔負けの怖さです。

ここで注意したいのは、身長135cm以下の場合、腕に付ける浮輪または、ライフジャケットが必要なこと。

足が固定されないタイプの浮輪は持ち込みができません。

さらにジャグジーは5歳以上が対象年齢。大人もゆっくり浸かっているので、騒がないなどの最低限のマナーは守りたいですね。

ホテルの魅力③朝食にも困らない!テイクアウトもおまかせあれ

IMG_2495

ハワイの滞在は大抵朝食はついていないパターンが多いため、テイクアウトをしてホテルのテラスなどでいただくのが一般的。

毎朝ABCストアの冷たいサンドイッチ…?いえいえ、【ヒルトンハワイアンビレッジ】の中には朝食に最適なお店が沢山あります。

その中でも特におすすめなのが「LANIKAI JUICE(ラニカイ・ジュース)

1997年、カイルアに第1号店をオープンして以来、オーガニックの野菜やフルーツにこだわったヘルシーなジュースやスムージーで一躍人気店になりました。

一押しはアサイーボウルやピタヤボウル。冷たいアサイーピューレの上にバナナやベリー類などのフルーツやグラノーラがたっぷり。

IMG_2629

1つでも十分なボリュームがあるため、子供とシェアして食べるのもおすすめです。

またハワイはどうしても体重が増えてしまいがち。少しデトックスしたいな…という時もこちらのスムージーで朝食代わり、なんていうこともできますよ。

このほかにも早朝から営業しているアメリカンパンケーキのお店やスターバックスなど、温かい食事をテイクアウトすることもできます。

テイクアウトの場合は「To Go!」とオーダーしてみましょうね。

もちろん店内で食べる際の子供椅子等も完備されているので、安心して利用できます。

ホテルの魅力④5歳以上は是非試してみて!「キャンプ・ペンギン」

ヒルトンハワイアンビレッジでは、5歳以上の子供を対象に「キャンプ・ペンギン」というケイキクラブがあります。

両親がリゾート内でリラックスして過ごす間、5歳から12歳の子供が太陽の下で遊んだり、友達を作ったり、ハワイの文化を学ぶことができる、楽しさいっぱいのキッズクラブのこと。

半日ないし全日、子供だけでハワイならではの文化体験をすることができます。

午前中は、ビショップ博物館やチルドレンズ・ディスカバリー・センター、ホノルル動物園に遠足へ。

午後はプール&ビーチ遊び、工作などのアクティビティを日替わりで行います。

いきなりサマースクールに入れるのは敷居が高い…と思われている方、一度体験されてみてはいかがでしょうか?

まとめ

毎週金曜日にあがる花火も【ヒルトンハワイアンビレッジ】の名所のひとつ。
日本では信じられないほど真上で上がる花火に、娘の心は鷲掴みにされたようで、いまでも「ハワイの花火…また行きたいな」とつぶやいています。

1つのホテル内で多様な経験が味わえる、まさに一石二鳥ならぬ一石四鳥くらいの価値があるホテル、それが【ヒルトンハワイアンビレッジ】なんです。
ハワイ旅行の際は是非、こちらに宿泊してみてはいかがでしょうか?

RELATED POST

あなたにおすすめの記事