働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 800

時間を忘れて夢中になること間違いなし!都内にある子どもの本の専門店5選

名古屋にある子どもの本の専門店『メルヘンハウス』が2018年3月31日をもって閉店となりました。1973年に日本初となる子どもの本の専門店として誕生し、これまで長い間親しまれてきた本屋さんが閉店となったことは、とても残念なニュースですね。 しかし、メルヘンハウスが先駆けとなった子どもの本の専門店は、今では日本全国に存在し、子どもや大人に絵本の魅力を伝え続けています。 子どもの本の専門店は、どのお店も個性的! 選書の仕方はもちろん、店内にも楽しいこだわりが盛りだくさんです。子どもだけでなく、ママも楽しめる子どもの本の専門店へ、お出かけしてみませんか? 今回は都内にある子どもの本の専門店をピックアップしてご紹介します。

クレヨンハウス東京店【表参道】

KUREBOOKSさん(@kurebooks)がシェアした投稿

子どもの本の専門店として、こちらも30年以上の長い歴史があるクレヨンハウス。育児雑誌『クーヨン』や絵本の定期便『ブッククラブ』でもおなじみで、名前を知っているママも多いのではないでしょうか? 表参道にある店舗では、絵本は約5万冊もそろっていて、じっくりと座り読みOK! お気に入りの絵本がきっと見つかりますよ。 建物内のほかのフロアでは、クレヨンハウス独自の目線で選んだ世界中のおもちゃや、大人向けの書籍、オーガニック商品の品ぞろえも充実。授乳室やベビーシートが完備なのも嬉しい配慮ですね。 オーガニック野菜が買える八百屋や、レストランやカフェもあるので、一日中親子で楽しめるお店です。

ロハス通り 楽しすぎた。。 久しぶりのクレヨンハウス✏ 大好きな絵本にたっぷりひたり。 楽しいおもちゃにウキウキ シュタイナー教育思い出し 雑貨にいやされ マーケットとレストランに体のなかからいやされ パワーチャージ!! アロマの香り オーガニックオイル 調香師のいるボディミルク屋さんで、ほんといい香りにクラっ~✨⭐😍 ディスプレイがすてきなお店ばかり。目の保養。。 疲れたらまた体にいい場所で潤す。。 ああっ。。。ほんといい場所です。 近くに住みたい(笑) クレヨンハウスを知る前に、こんな場所あったらいいのにぃ。。と思っていたら あった!実在していた!! という学生時代。。 #ハナリンのブログ、クレヨンハウスが紹介されていて、触発され訪れるわたし。 忘れていた思いがふつふつ湧いてきました。。 ハナリンありがと!! #クレヨンハウス#ロハス通り#ニールズヤード#ブラウンライス#ジョンマスターオーガニック#調香師#トラヤカフェ#教会#今日もウエディング

kuramo.花凜さん(@tom.kur.cremecitron.verbena)がシェアした投稿 –

子どもだけでなく、大人1人で入っても、ゆったりとした時間を過ごせるのも魅力的ですね^^

#crayonhouse #クレヨンハウス #なにやら怖い絵本を読んでいる模様 #表参道 #tokyo #東京

hinohotaruさん(@hinohotaru)がシェアした投稿 –

昔からのファンも多いクレヨンハウス。お楽しみがいっぱいなので、時間に余裕をもって訪れたいお店ですね。

ブックハウスカフェ【神保町】

都内の子どもの本専門店出典:Book House Cafe“本の街”といわれる神保町に2017年にオープンした、子どもの本とカフェのお店。子どもの本を中心に、約1万冊の品ぞろえがあります。 カフェスペースはソファ席や個室、キッズスペースもあり、本に囲まれてゆっくりとくつろぐことができます。 子どもの本に関する展示やフェア、イベントの開催が多いのも特徴。本を選んだり、カフェでのんびりしたり、展示を楽しんだり、さまざまな楽しみがあるブックカフェです。 なお、夜はブックバーになりお酒も楽しめるので、大人の時間を過ごすのもオススメですよ。

神保町の絵本やさんへ …・☆ 動物のおめんをつくる ワークショップに参加のため 子どもたちはじめての神保町📖 #ブックハウスカフェ 絵本がいっぱいの空間に わくわく💗 毎週のように ミニギャラリーで原画展や ワークショップが 開かれているみたいです☺︎ .. 今回は #松田奈那子 さんの #あいさつってたのしい のワークショップに 参加させてもらいました🐰 .. 娘は動物好きなので 大はりきり 動物のおめんを 工作しにいくよーと伝えていて 事前に作る動物を 選んでおくのですが、 自分ははことり 弟にはきつねを選んでました .. 実際に文章を書かれた 石津ちひろさん先生の 読み聞かせと言葉遊びも 贅沢でした☺︎ .. #母子の休日 🚃 #日曜日の子どもとの時間 神保町までは、 意外とアクセスが 簡単で良かった💦🙌

イ マ ム ラ ト モ ヨさん(@tomoyo_imamura_)がシェアした投稿 –

子どもが楽しめるさまざまなワークショップが開催されているので、チェックしてから足を運ぶのもいいかも^^
内装もかわいい絵がたくさんで、まるで絵本の世界にいるみたい…! こちらも授乳室やおむつ替えスペースが完備されているので、小さな子ども連れでも安心して行けますよ。

ちえの木の実【恵比寿】

都内の子どもの本専門店出典:ちえの木の実現代っ子に“読書の魅力”に触れてほしいという願いがこもった、子どもの本のセレクトブックショップ『ちえの木の実』。 ロングセラー絵本から最新刊まで、選び抜かれたあらゆるジャンルの本が並びます。定番以外の本も多くあるので、新しい本との出会いがあるかもしれません! 定期的におはなし会が開催され、ワークショップや季節ごとのイベントも開催されるそうですよ。

今日は天気もよくて#恵比寿 までちーちゃんとデート❤ 目的は#ちえの木の実 という絵本屋さん‼ 最近また絵本ブーム再来で、 1日で20冊以上読んで読んでってなるから、絵本を求めてやってきました✨ 2階で本を試し読み聞かせができて、まったりした雰囲気でよかった😄 またいきたーい‼ * #1歳2ヶ月 #床においた瞬間に大泣き #ハイハイで必死に抱っこ紐に戻ろうとしてた #すぐに絵本をみてご機嫌に #絵本を選んでる姿は愛くるしい #これで今週に入って3冊購入 #朝食後即絵本タイム1時間 #喉が痛い #家の絵本ほぼ暗唱できるように #ママリ #新米ママ #組曲

Mizuho Yoshidaさん(@mie_jijiko)がシェアした投稿 –

外観も内装もとってもおしゃれ! 2階では読み聞かせもできるので、子どもの「読んで! 読んで!」にも応えられるのが嬉しいですね^^
雰囲気のある店内。子どもだけでなくママも夢中になる気持ち、わかりますね。

ニジノ絵本屋【都立大学】

都内の子どもの本専門店出典:ニジノ絵本屋『ニジノ絵本屋』は、出版やイベント、パフォーマンスも行う個性的な絵本専門店。 取り扱う絵本は、ニジノ絵本屋で出版した本や、ご縁がつながった作家さんの作品など、ほかの本屋さんではなかなか見かけないラインナップ。ユニークな品ぞろえや店内イベントなどで、ファンを増やしています。
作家さんたちとのイベントもたくさん行われているので、イベントをチェックしてから足を運ぶのもよさそう^^
絵本と一緒にならぶ雑貨たちもとってもかわいい! こんなお店なら、子どもも大人もウキウキしてしまいますね!

てんしん書房【茗荷谷】

都内の子どもの本専門店出典:てんしん書房文京区小石川に、2017年10月にオープンした子どもの本屋さん『てんしん書房』。赤ちゃん向けの本から児童書、大人も楽しめる良書がそろっています。 自由に使える読み聞かせスペースとイスがあり、ゆっくりと本を選んでほしいという店主の気持ちが伝わってきますね。あたたかみのある店内で、ゆっくり過ごしたくなるお店です。
店内も、木の温もりと色彩豊かな絵本たちで、心がほっこり♪ ついつい時間を忘れて長居しそうな空間です。

わたしも主人も読書家ではないので 息子には本が大好きな子になって欲しい📚 ✴︎ ✴︎ せっかく文学の街に住んでいるので時間があるときは本屋さん巡り ✴︎ ✴︎ 最近、近所にできた可愛い絵本屋さん ここにある絵本全部欲しい 今回は 『お父さんが登場する絵本と、サンタさんが出てくる絵本』 をリクエスト ✴︎ ✴︎ 内容と描写がとってもステキな二冊でした。 店主さんは近所の小学生のお相手も❤︎ ✴︎ ✴︎ #えほんきろく #絵本 #子供の本屋 #てんしん書房 #五味太郎 #タケの一番好きな作家さんは #鈴木のりたけ

まえちゃんさん(@takerun0817)がシェアした投稿 –

本好きにはたまらない空間のようですね! 懐かしさを感じる本屋さんなら、子どもだけでなくママもパパも楽しめそうです。 このほかに、銀座にも子どもの本がたくさんある老舗の本屋さんがあります。その名も『教文館ナルニア国』。mamaPRESSの記事でも紹介しているので、こちらもぜひご覧くださいね♪銀座の子どもの本専門店『教文館ナルニア国』に行こう親子で楽しめる子どもの本の専門店。個性的なお店ばかりなので、お気に入りがきっと見つかりますよ♪ ぜひ、行ってみてくださいね。 TOP PHOTO/Kristen Prahl/Shutterstock 参照/クレヨンハウス東京店ブックハウスカフェちえの木の実ニジノ絵本屋てんしん書房メルヘンハウス「メルヘンハウスは2018年3月31日をもって閉店いたします。」

提供元:mamaPRESS -ママプレス-

mamaPRESS -ママプレス-

「ママになっても楽しみたい!輝きたい!」という方たちのためのWEBサイト、それがmamaPRESSです。