働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

304

子連れでこそ楽しめるおすすめ海外旅行!

長時間の移動が必要な海外旅行は子連れだと何かと問題が多いです。しかし、そんな海外旅行も行き先の特徴を押さえることで子連れでも問題なく楽しめるのです。ここでは小さい子供でも楽しめる人気の海外旅行先をご紹介します。

コスパ&移動時間すべてを兼ね備えているグアム

子連れ 旅行1

小さい子供がいる家庭の海外旅行として外せないのがグアムです。飛行機での移動も、どの航空会社をとっても4時間以内と短時間で行けますので、小さいお子さんがいても安心です。

フライト時間が長いと、泣いたりして周りに迷惑をかけてしまったり、体力面などが心配されますが、4時間ほどでいけるグアムであればこの点も問題ありませんね。

また、ハワイなどと同様にグアムは日本語が通じやすいことでも有名です。子供のことで精いっぱいになってしまいがちな海外旅行も、日本語が通じるというアドバンテージがあると快適に過ごしやすいでしょう。この他にも、サイパンなども短時間で行けますし、観光地としての人気も高いのでおすすめです。

幼稚園に上がるくらいの子供がいるならハワイがおすすめ!

子連れ 旅行2

3歳以下のお子さんがいる場合には、長時間のフライトはなかなか難しいものですが、幼稚園に上がるくらいの年齢になれば、ある程度のフライトにも耐えられるでしょう。

日本人にもっとも人気のあるハワイは、フライトに7時間以上の時間が掛かりますが、このような長時間のフライトであっても、飛行機の中での過ごし方を工夫することで快適に過ごせるはずです。
3歳以上であればハワイの観光地で行われている海のレジャーなどにも参加できるものが増えてきますので、子供も一緒に楽しめるはずです。また、アメリカ・カリフォルニアにあるアナハイムなどもおすすめです。

ディズニーランドがあることで有名なこの都市ですが、他にもディズニー関連のテーマパークがあり、子供が喜ぶこと間違いなしの環境です。ちなみに、3歳以上になると、航空代金は幼児料金から子供料金となり、座席もひとりにつき一席が原則です。
そのため、同じ行先であっても、旅費は幼児期に行く海外旅行よりも高くなる傾向にありますので注意が必要です。

定番をずらしながらも外れのない観光地

子連れ 旅行3

上述したハワイやグアムなどは、海外旅行の定番であり、外れはないものの珍しい感じもありません。せっかくの海外旅行だから、定番から少しずらした場所に行きたい!という子供連れの方におすすめなのが、シンガポールやセブ島です。

シンガポールにはマーライオン、マリーナベイサンズなどをはじめ、さまざまな観光地がひしめき合っています。街並みもとてもきれいで、都会の雰囲気を感じながらも広い道路などが海外旅行をしているという感じを実感させてくれます。

また、セブ島はハワイと同じくらい海のレジャーが豊富な観光地です。海の透明度もハワイなどに遜色がないほど綺麗で、なおかつフライト時間が比較的短いのが特徴的です。夏の時期にハワイに行くと、ビーチは人で溢れかえっていることが多いですが、セブ島であれば場所によってはプライベートビーチのような空間を味わうこともできます。旅費も比較的安く済むため、セブ島は子供連れにとって穴場スポットといえるでしょう。

治安面もしっかりと確認しよう

子連れ 旅行5

小さい子供と一緒に行く海外旅行では、やはりフライト時間など、移動への配慮が必要になってきます。

しかし、ここで取り上げたところはいずれも人気観光地であり、現地では子供が楽しめるアクティビティやレジャー施設が沢山あるところばかりです。また、治安もいいところばかりなので、その点も気にする必要がないというのは大きいでしょう。
特にシンガポールなどは治安面でいえば世界的にも高く評価されていますので、3歳以上のお子さんがいる場合には、一度検討してみるのもいいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。
小さい子供がいると、長時間のフライトなど様々なハードルがありますよね。
ぜひ参考にしてみてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事