働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

128

都会の穴場スポット【天王寺動物園】を遊び尽くす

大阪南の便利な場所にありながら、緑がいっぱいの【天王寺動物園】。子どもも大人も楽しめる都会のオアシスとも言える穴場スポットです。そんな【天王寺動物園】に子連れで遊びに行くなら、とことん遊び尽くしてきましょう。子どもの喜ぶ顔が見られるのはもちろん、大人も童心に戻ってワクワクするはずですよ。

入園前にイベントのチェックをしておこう!

【天王寺動物園】は定例イベントから期間限定のイベントまで当日参加できるイベントが豊富です。事前にホームページからどんなイベントがあるか確認できるため、必ずチェックしておきましょう。スタンプラリーのようなイベントであれば、何時ごろどこでイベントカードが配られるのかをチェック。ふれあい体験など人数制限のあるイベントは、先着順で受付が行われるため、受け付け開始の時間もチェックしておきましょう。

ベビーカー借りるなら新世界ゲートから

出典:http://www.jazga.or.jp/tennoji/ennai_map/index.html

tennoji2
小ぢんまりとした【天王寺動物園】とはいえ、かなりの広さがあります。歩けるようになったとはいえ、長距離は歩けないという小さな子どもを連れているときは、ベビーカーを借りておいた方が安心です。もし、子どもが自分で歩きたくなったら、その時は荷物を載せて押していきましょう。【天王寺動物園】ではベビーカーを300円で借りることができます。貸出場所は【新世界ゲート】の横。500円出せば子どもに大人気の【ゾウさんバギー】も借りられますよ。

食事シーンは必見!【ごはんタイム・おやつタイム】

ななわさん(@nanawa0123)が投稿した写真

【ごはんタイム】や【おやつタイム】が事前に発表されています。飼育員が食事を与える時間はそれぞれ5分から10分程度なので、偶然を期待していてもなかなか見られません。お目当ての動物がいるなら、きちんと時間に合わせて見に行くようにしましょう。定番のゾウやコアラ、肉食動物などの他に、ペンギンやアシカのように曜日が決まっている動物もいます。せっかく食事時間が発表されているのですから、かわいらしい食事シーンを間近で見てきましょう。

カバの水中散歩は大人もビックリ!

【天王寺動物園】のカバ舎には地上からの姿を見られる見学スペースの他に、水中の歩行シーンも目の前で見られるスペースがあります。カバが深いプールの底を素早く歩く姿は、昔の動物園では決して見られなかったもの。子どもはガラス越しに迫ってくるカバの大きさに、大人は水の中を歩くカバの意外な速さに驚くかもしれません。

ライオンとキリンが同居?【アフリカサバンナゾーン】

【天王寺動物園】の【アフリカサバンナゾーン】は、大阪の街中にあるとは思えないほど木々が生い茂った広々とした草原にキリンやシマウマなどの草食動物と、ライオンを同時に見られるスペースです。もちろん同居しているのではなく、それぞれのエリアに分かれているのですが、見た目には一緒にいるように見えるから不思議です。

大人も興奮!開催日限定の【ナイトZOO】

NIGHT
夏場の人気イベントにナイトZOOがあります。昼間は寝ているのに夜になると元気動き出す動物たち。その生き生きとした様子を見られるように開園時間を延長するのがナイトZOOです。入園すればだれでも参加できるため事前予約などの必要はありません。動物が広い敷地に放し飼いになっているサバンナエリアでは、適度な明るさのライトアップも行われ、暗い中でも動物たちの様子を見ることができます。ハロウィンの時期にも同様のナイトZOOが開かれ、ハロウィンらしい趣向でお菓子のプレゼントや動物たちへのかぼちゃのプレゼントなどが行われます。

まとめ

【天王寺動物園】は、雨の日は2か所のゲートで傘の無料貸し出しがあり、あまやどりマップで突然の雨をしのげる場所もわかります。夏場はクーラーやミスト、扇風機、自動販売機のある場所を示すマップもあるので、そういった面でも子連れで行きやすい都会の穴場スポットといえそうです。

天王寺動物園】 大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1−108

RELATED POST

あなたにおすすめの記事