働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

144

子ども連れも楽しめる穴場【ツインリンクもてぎ】

【ツインリンクもてぎ】では【日本グランプリ】など二輪、四輪のレースが行われます。そのため、大人が楽しむ場所というイメージを持っている人が少なくないでしょう。しかし、敷地内には子ども連れでも十分楽しめる穴場もあります。森の中にある【ツインリンクもてぎ】のよさを味わい尽くす方法をご紹介しましょう。

子どもでも乗れる乗り物がいっぱい

tentwin【ツインリンクもてぎ】には遊園地の部分があります。しかも、自分で運転して楽しむ乗り物が集められた遊園地です。3歳以上の子どもなら1人で乗れるものも多く、付き添いの人が遠隔操作で子どもに気付かれないように遠隔操作できる乗り物あります。上手に乗れたらご褒美のカードや免許証を作ってもらえるので、子どもが1人で頑張る気持ちを引き出せます。

プロの指導でアウトドアチャレンジ

twin04
【ツインリンクもてぎ】には、たくさんの自然体験プログラムが用意されています。予約が必要ですが、幼児も参加できるファミリー向けのプログラムもあります。日帰りと泊まりのプログラムがあり、月によって内容が変わります。例えば、秋のプログラムには、稲刈り体験やアウトドアクッキング、初心者向けのファミリーキャンプなどがあり、手頃な料金でプロの指導を受けられます。

楽しさ溢れる遊びの宝庫【遊びの森】

twin03
【ツインリンクもてぎ】には、広大な森があります。その森を【遊びエリア】【遊び・体感エリア】【発見・体験エリア】【眺望エリア】の4つに分け、それぞれ楽しい遊び方ができるように整備されています。【遊びエリア】には、【冒険つりばし】や【じゃぶじゃぶ池】【冒険の塔】などがあり、思いっきり身体を動かして遊べます。【遊び・体感エリア】のメインは【うりんぼ迷路】で、森の中を探検気分で散策します。【発見・体験エリア】には【カブトムシの丘】や【ミズスマシの沢】【生命の広場】などがあり、生き物とのふれあいを楽しめます。【眺望エリア】は眺めのよい高台から周りの景色を楽しむエリアです。どのエリアも普段はなかなかできない体験ができるというところが【遊びの森】のおすすめポイントです。

冒険マップ片手に指令カードを見ながら探検

twin02
【遊びの森】エリアで毎日開催されている【森の指令アドベンチャー(ガキ大将への挑戦)】というプログラムも、子ども連れファミリーにはおすすめです。1回800円で挑戦できる冒険で、【オオタカ隊】【カブトムシ隊】【オニヤンマ隊】の3つのコースから好きなコースを選んでチャレンジします。最初に渡される【冒険マップ】と【指令カード】を元に指令をクリアしていき、途中でスペシャルカードを受け取りながらゴールを目指します。すべての指令をクリアしたら、各コースの森の隊員バッジを、3つのコースすべてをクリアしたら、ガキ大将認定会員としてスペシャルバッジをもらえます。自分の力で指令をクリアしながら覚えたことは忘れないはず。大人に教えられて覚えるよりも、子どもに身に付きます。

小さい子どもにはシールブックがおすすめ

twin05
1人で【森の指令アドベンチャー(ガキ大将への挑戦)】にチャレンジするのはまだ難しいという小さな子どもなら【めっけた!はろー!もりのぺたぺたぶっく】がおすすめ。600円で買えるシールブックで、森の中にいる生き物や植物のシールを森のイラストの上に貼れるようになっています。季節によって異なる森の様子になっていて、生き物の種類も違っています。これを持ちながら森の中を歩けば、ただ歩き回るよりも子どもは楽しめます。森の中には生き物に詳しいスタッフの人もいるので、質問しながら歩くと、知らなかった生き物の秘密をたくさん覚えて帰れます。

まとめ

【ツインリンクもてぎ】は、モータースポーツを楽しむだけの場所ではありません。子どもたちに普段はできない貴重な体験をさせてあげられる施設です。宿泊施設やデイキャンプ場もあるので、家族みんなでたのしんでみてはいかがでしょうか。
ツインリンクもてぎ】 栃木県芳賀郡茂木町桧山120−1

RELATED POST

あなたにおすすめの記事