働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

72

自然を満喫できる穴場【富士山こどもの国】

子どもと一緒に自然の中でいろいろな体験をしたいと考えているお父さんやお母さんはたくさんいるでしょう。でも、どこに連れて行くかは、何をするか以上に重要な問題ですから、悩んでいる人もいるかもしれません。楽しいだけでなく、安全であることも大事だからです。そんな人には【富士山こどもの国】がおすすめ。大人も子どもも富士山の自然を満喫できます。

自然を遊び尽くすためのプログラム

Asamiさん(@aassaammii0531)が投稿した写真

【富士山こどもの国】には、自然の中で遊び尽くすためのプログラムが5種類用意されています。例えば、毎月変わる日にちや季節限定のイベントです。例えば、秋ならニジマスを釣るイベント、つかみ取りするイベント、塩焼きを作って食べるイベントがあります。他にも、無料で参加できるテニスコート18面分の巨大な【ススキの迷路】もあり、小さな子どもと一緒に楽しむこともできます。

無料で参加できる自然観察会

astrock1973さん(@astrock1973)が投稿した写真

自然の中で安全に楽しむなら、専門家の指導を受けながら観察や実験をするという方法もあります。【富士山こどもの国】では、月替わりで富士山の大自然を題材にした実験や観察、自然観察のプログラムが用意されています。園内を散策するだけでもたくさんの植物や動物、昆虫に出会える場所です。ガイドさんや専門家の先生の話を聞きながら、親子で富士山の四季を味わうのも楽しい自然体験になるでしょう。

遊び方が身に付く【草原の国】

【富士山こどもの国】には、48ヘクタールもの広さを誇る大草原があります。そこではアスレチックやパークゴルフのようなスポーツと、竹や木片を使った工作、ウサギやモルモットなど小動物とのふれあいができるようになっています。おすすめは無料で遊べる5種類のミニアスレチックと動物とのふれあい。小さな子でも付き添いがあれば参加できます。くぎ代100円だけで参加できる【トンカチ工房】はお父さんの腕の見せどころかもしれません。

冷たさや音も大事な遊び道具

maaaaさん(@makohifam)が投稿した写真

【富士山こどもの国】には、池や小川での遊びを満喫できる【水の国】もあります。いかだを作ったり、カヌーに乗ったりできる池は水深約90cm。オタマジャクシやヤゴも住んでいる綺麗な池です。もちろん、小さい子どもを安心して遊ばせることができる水深の浅いところもあります。水深が5cmほどのせせらぎと、水の滑り台や砂場がある【水の遊び場】であれば安全に楽しめます。

大自然の中でバーベキューを楽しもう

Parrisさん(@mrvirgo79)が投稿した写真

【富士山こどもの国】には【草原の国】の中にバーベキュー場もあります。事前予約が必要ですがテーブル1台当たり1,020円で利用できます。食材を持ち込むことも、食材を注文することもできますが、着火剤や炭、食器類をレンタルできるのは食材を注文した場合だけです。食材を注文しておくとテーブルの利用料金は960円になりますが、自分たちで焼きたいものを持ち込むのも楽しいかもしれません。その場合は、食器類などのレンタルがないため、バーベキューで使うものは一式持って行くようにしましょう。

遊牧民族の住居【パオ】に泊まる

【富士山こどもの国】には、【パオ・キャンプ場】や【ホテルロッジ】もあります。1日では遊び尽くせない広大な場所ですから園内に泊まって、星空を眺めたり、朝の散歩を楽しんだりするのもよいでしょう。ロッジやテントに泊まるのも楽しいひと時になりますが、【富士山こどもの国】で泊まるなら、遊牧民族の住居「パオ」に泊まってみるのがおすすめです。小型のパオは約9畳で、最大6名までですが、約22畳もある大型のパオは最大20名まで泊まれます。

まとめ

【富士山こどもの国】は、小さな子どもが安全に自然を体験できる場所です。自然の中で子どもと一緒にいろいろな体験をすれば、お父さんやお母さんも童心に戻るはず。親子で共通の思い出を作ることができる大自然の穴場スポットです。

富士山こどもの国】静岡県富士市桑崎1015

RELATED POST

あなたにおすすめの記事