働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

48

夏休みの裏技紹介!富士サファリパークを楽しむポイント

夏休みのお出かけに富士サファリパークへのレジャーはいかがでしょうか。たくさんの動物に間近で触れ合えるチャンスがあります。ここでは富士サファリパークを楽しむための裏技を紹介します。

ジャングルバスでサファリゾーンを回ろう


 

富士サファリパークを楽しむためにジャングルバスでサファリゾーンを回ることがおすすめです。そのためには、入園後ジャングルバスのチケットを購入しなければなりません。お目当てのバスに乗るためにも早めに購入したほうが良いでしょう。もし、列に並ぶのが嫌という人であればWebでの事前予約も可能です。富士サファリクラブに会員登録して、事前予約することで購入の手間がはぶけます。さらに会員登録することで、入園料も大人2,700円が2,000円、子供1,500円が900円になるのでお得になります。クマ、ライオン、トラ、チーターなどたくさんの動物が現れ、子どもたちも大喜びしてくれるでしょう。餌やりポイントでは、動物が餌を食べにやってきてくれます。すぐ近くで動物達が餌を食べる姿は迫力があり、感動的です。子どもたちにとっても貴重な体験になります。

ライオンの赤ちゃん触れ合い撮影会に参加しよう

ライオンの赤ちゃんと触れ合える撮影会も人気のイベントです。こちらもチケット制になっているので購入しなければなりません。一日に撮影可能な人数は限られているので、早めのチケット購入が必要になります。混雑時にチケットを購入したいときの裏技として、ふれあい牧場の奥にあるチケット売り場で購入するほうがスムーズなことがあります。すぐに売り切れてしまうので、ジャングルバスをWEB予約しておき、入園後すぐに触れ合い撮影会のチケットを購入するほうが確実です。撮影の際はライオンの赤ちゃんを抱っこしながら写真を撮ってもらえます。ライオンの赤ちゃんを抱っこするチャンスはなかなかないので貴重な体験になりますし、写真も思い出の一枚になるでしょう。

自分の車でサファリゾーンを回る

自分の車でサファリゾーンを走ることもできます。開園時間の間なら何回回ってもいいので、ゆっくり動物との時間を楽しめます。より楽しむためにも、1度ジャングルバスでサファリゾーンを回って見どころを理解しておくほうが良いでしょう。ジャングルバスにはガイドさんもついているのである程度の知識を持つこともできます。そのうえで、自分の車で回ると時間を割くべき場所とそうでない場所がわかるので時間の無駄がありません。子供たちは間近で動物を見ることができ大興奮してくれますし、大いに盛り上がる時間になります。もちろん、ドアは危険なので決して開けてはいけません。

タイムスケジュールを工夫する

人気のテーマパークということもあり、富士サファリパークは休日になると非常に混雑します。そのため、早め早めの行動がおすすめです。開園9時で、8時半ごろには列ができ始めることもありそのころには並び始めたほうが良いです。そうすると必然的にランチ時間も早くなるので、レストラン混雑に巻き込まれなくて済みます。もし、その後旅館やホテルなどに宿泊するようであれば早めに到着して、ゆっくりくつろぐこともできるでしょう。子供が小さいうちは特に、混雑や渋滞に巻き込まれると大変なことも多いので早めのスケジュール設定がおすすめです。

まとめ

富士サファリパークでは、サファリゾーン巡りやライオンの赤ちゃんとの撮影会など見どころがたくさんあります。あらかじめ、計画をたて工夫したり裏技を使ったりすることで混雑時でも十分に楽しむことができるでしょう。

富士サファリパーク】静岡県裾野市須山2255-27

RELATED POST

あなたにおすすめの記事