働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 2480

冬の味覚に、雪まつり!子連れで楽しい北海道旅行

毎年2月は「さっぽろ雪まつり」の季節。2017年は、大通・すすきの会場は2月6日(月)〜2月12日(日)、つどーむ会場は2月1日(水)〜2月12日(日)の日程で開催されます。
雪まつりに合わせて札幌に行くなら…せっかくの機会ですから、観光やグルメも楽しみたいですよね。
ここでは、特に幼稚園〜小学生くらいのお子様をもつママへ、北海道出身であるママの私が冬におすすめの観光&グルメスポットをご紹介します!

今年のさっぽろ雪まつりの見どころは…?

氷と雪の祭典、さっぽろ雪まつり。
毎年、世界中から約240万人もの観客を動員する人気のお祭りで、約5tの雪で作られた200近くもの雪像は、雪国・北海道ならではの迫力です。

【開催日時】
大通会場:平成29年2月6日(月)〜2月12日(日)
つどーむ会場・平成2月1日(水)〜2月12日(日)

【アクセス】
大通会場:大通公園西1丁目から西12丁目まで
※地下鉄各線「大通駅」出口を出てすぐ目の前が会場です

つどーむ会場:札幌市スポーツ交流施設 「つどーむ」
※地下鉄東豊線「栄町駅」・地下鉄南北線「麻生駅」
大通り会場・札幌駅北口・札幌バスターミナルよりシャトルバスを利用

すすきの会場:南4条通から南7条通までの駅前通
※地下鉄南北線「すすきの駅」すぐ・大通会場からも徒歩10分程度

迫力のある巨大雪像を楽しめるメイン会場は「大通会場」。子供が喜ぶ雪の滑り台などが楽しめるのは「つどーむ会場」、芸術的な氷の像を鑑賞できるのは「すすきの会場」です。

メイン会場である「大通会場」はもちろんですが、ファミリーで出かけるなら、ぜひ「つどーむ会場」にも足を運んでみて下さいね。

雪まつりに出かける際の服装

出典:http://ameblo.jp/anemomo-nagisa

雪まつりに出かける際の服装ですが、“とにかく暖かく”が基本中の基本です!

札幌の2月の平均気温は−3℃程。
1日を通してマイナスの気温が続きます。

ヒートテック等のインナーに、トップスは数枚を重ね着、ボトムもタイツを重ねるなど防寒重視で靴下も重ね履きがおすすめ。
アウターはダウンコートなどロング丈のしっかりしたもので、足元もブーツ(滑り止めがついているもの)が必須です。
手袋やイヤーマフ、帽子などの小物もあると安心ですね。

小さい子供が一緒の場合、気を付けたいこと

出典:http://ameblo.jp/anemomo-nagisa

ちょっと分かりにくいですが、2016年の雪まつりに出かけた際の私と2歳の息子の洋服です。
小さいお子様が一緒の場合には、雪のためベビーカーは使えません
歩ける年齢の場合はスキーウェア等で完全防備を。抱っこで連れていく場合にも、寒くないように工夫をしましょう。

ただし、外とは打って変わって室内は暖房設備がしっかりしており、夏のように暑いことも多いため、体温調節ができるようにしておくと安心です。

このときばかりはおしゃれよりも暖かさを重視して、風邪をひかないように雪まつりを楽しんで下さいね。

ウィンタースポーツに、温泉…キロロリゾートがおすすめ♡

さてここからは、雪まつりと合わせて楽しみたい、観光&グルメスポットについてご紹介します。

冬の北海道旅行といえば、外せないのがウィンタースポーツ。
子供と一緒にウィンタースポーツをするなら、特におすすめなのが【キロロリゾート】です。


 

【キロロリゾート】は札幌から一番近いスノーリゾート。
車で60分程度、冬にはシャトルバスも運行しており気軽にアクセスできるのが魅力です。

雪質は北海道でも最高レベル、ゲレンデには初心者〜上級者までが楽しめる多彩なコースが用意されている他、小さな子供が遊べるスノーパークや、スキーが苦手でも楽しめるスノーモービル・バナナボートなどのスノーアクティビティも豊富に揃っています

3歳から参加できるレベル別のスキー教室が人気で、子供はしっかりスキーの練習、パパとママは久しぶりにデート気分を味わう…なんてこともできちゃいます。
また生後6ヶ月から利用できる託児所があるのもうれしいポイントです。

リゾートというだけあり、ママに嬉しい温泉やスパ施設も充実。
冬期間も利用できるプールもあるので、家族みんなで思い思いの過ごし方ができそうです。

ホテルはスキー場に併設されたシェラトン北海道スキーリゾートと、プールなどが揃うキロロタウンに近いトリビュートポートフォリアホテル北海道の2カ所。
どちらもリゾートらしい高級感と、家族連れに優しいアットホームな雰囲気をあわせ持つ子連れで過ごしやすい魅力的なホテルですよ。

ウィンタースポーツに、温泉に、ちょっとリッチなホテルステイに…
欲張りに楽しめちゃうキロロリゾート、ぜひチェックしてみて下さいね。

KIRORO公式ホームページ
所在地:北海道余市郡赤井川村常盤128番地1
電話番号:0135-34-7111

冬だから、もっとロマンティック…【小樽運河】へいってみよう♡

takaさん(@akapopu)が投稿した写真


 

キロロリゾートでたっぷりウィンタースポーツを楽しんだあとは…札幌までの帰り道でぜひ立ち寄りたいのが「小樽」です。
小樽と言えば、異国情緒漂うクラシックな石造りの建造物や運河、オルゴールやガラス製品が有名で、ロマンティックな観光地として大人気です。

その小樽がより魅力的に、ロマンティックになるのが冬です。
運河沿いのガス灯にあかりが灯り、真っ白な雪とともに作り出す幻想的な風景は一見の価値があります。

運河から徒歩圏内には、子どもも一緒に楽しめるオルゴール堂などの観光スポットや【六花亭(ろっかてい)】【LeTao(ルタオ)】など全国的にも人気のスイーツショップが多数。
パパに嬉しい地ビールも充実しているので、家族皆で楽しめること間違い無しです。

小樽観光協会おたるぽーたる

札幌では冬の味覚を堪能すべし♡


 

年中美味しい物が食べられる北海道ですが、冬の味覚はやっぱり格別!
年末年始にはタラバガニが旬を迎え、牡蠣やいくらもまだまだ美味しい季節。
北海道中の美味しい物が揃う札幌では、ぜひ冬の味覚を堪能してもらいたいところです。

外しちゃいけないのが、旬のタラの白子をつかった料理。
サッと湯通ししてぽん酢で食べたり、鍋に入れたりからあげにしたり…
北海道以外では馴染みの薄い、”ハッカク”や”ゴッコ”と呼ばれる地元のお魚も、お刺身や鍋で食べるととっても美味しい!のでぜひ、堪能してみてください。

子連れでも気兼ねなく利用できて、個室があり、北海道グルメを堪能できるおすすめのお店は以下の通り。ぜひチェックしてみて下さいね!

①店名:産地直送北海道
電話番号:011-206-0820
住所:札幌市北区北6条西1丁目JR高架下
アクセス:JR/地下鉄 札幌駅より徒歩1分
平均予算:3,000円

公式ホームページはこちら

②店名:ROBATA 活男
電話番号:011-200-0444
住所:札幌市中央区南五条西2-8-10 氷雪の門横1F
アクセス:地下鉄 すすきの駅より徒歩3分
平均予算:5,000円

公式ホームページはこちら

③店名:北の魚づくし
電話番号:011-231-4558
住所:札幌市中央区南三条西3丁目 アルファ南3条ビルB1F
アクセス:地下鉄 大通り駅より徒歩3分
平均予算:4,000円

公式ホームページはこちら

まとめ

2017年、さっぽろ雪まつりの基本情報と、雪まつりと合わせてお出かけしたい観光&グルメスポットをご紹介しました。少しでも旅行プラン作りの参考になれば嬉しいです。

宮森 渚朝

ベビーマッサージ講師、webライター。高知県在住。3歳・0歳の男の子ママ。 育児がもっとhappyになるベビーマッサージ教室「ハッピーアイスクリーム」を主宰。読者モデルとして活動中。 息子との毎日や、読者モデルとしての経験、ベビーマッサージ講師の活動などから、ママに嬉しい情報を発信していきます。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事