働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

184

【須磨水族館】は見た目に反した穴場水族館

神戸市の【須磨水族館】は、見た目が派手で大きい大阪の【海遊館】と比較するとかなり地味な存在かもしれません。でも、子供を連れていくのにはピッタリな水族館ですよ。というのも、面白い体験型のイベントをたくさん開催している穴場水族館だからです。

子供にとって疲れない移動距離

hitomiさん(@shigure0711)が投稿した写真

【須磨水族館】は正式名称を【神戸市立須磨海浜水族園】と言います。入場料は18歳以上1,300円、15歳から17歳は800円、小・中学生は500円、未就学児は無料です。大水槽のある屋内施設だけでなく、いくつかの施設に分かれているため、狭さはあまり感じられません。くまなく移動してもほぼ平面で移動でき、建物同士が近いため、子どもの足でも移動しやすい施設です。

【須磨水族館】のイルカショーは大人気

水族館というとイルカショーを思い浮かべる人も多いかもしれませんが、現在イルカショーを行っていない水族館もたくさんあります。そんな中、【須磨水族館】のイルカショーは人気が高く、イルカショーが始まると身動きが取れないほどになるほどです。見られる時間が限られているため、事前にスケジュールをチェックして、早めに席を取るようにします。小さい子供は前の人の頭で見えなくなってしまうと、途中でつまらなくなってしまいます。子供の目線を考えて席の場所を選ぶようにしましょう。

ペンギンと一緒に並んで記念撮影を撮ろう

Soshi?さん(@fanta1202)が投稿した写真

1日に1回、有料ですが、ペンギンと並んで写真を撮れるタイミングがあります。ただし、ペンギンとの記念撮影はホームページからの事前予約できません。当日先着順に参加申し込みするイベントなので、タイミングが合うようならチケットを取っておくのがおすすめです。1組1,000円で5人まで一緒に写真を撮れます。チケットの購入場所は本館1階のインフォメーションの奥にあります。

触ってビックリ!イルカやアザラシにタッチ

@mnma1658が投稿した写真

1人200円払えばイルカやアザラシを直接手で触ることができます。アザラシは1日1回だけですが、イルカは土日祝日には3回タッチするチャンスがあります。小さい子供でも、保護者が付き添えば参加できる体験イベントです。イルカやアザラシは実際に触ってみると想像しているのとは違った手触りですから、大人でも楽しめます。

ペンギンやリクガメの餌やりをしよう

KYOさん(@kyoyamabe)が投稿した写真

ペンギンやリクガメの餌やりも1人200円で体験できます。小さい子供でも保護者同伴なら餌やりの体験ができるので、チャンスがあればやらせてあげると喜ぶでしょう。大人と違って、小さな子どもは背が低いため、ペンギンやリクガメの顔が目線と同じくらいの高さになります。目の前で餌を食べる姿をみられるのですから、かなり迫力が感じられるはずです。

小さな子供でも安心して遊べる遊園地

わたなべさん(@anew0724)が投稿した写真

【須磨水族館】の中には小さな子供が乗れる乗り物もたくさんある遊園地があります。イルカがショーを行うプールの隣にあるため、イルカショーを見に行くと子供の目には確実に止まります。子どもの場合、同じような見学だけを続けていると飽きてしまうこともあるので、もし乗りたいというようであれば、1つか2つ選んで乗せてあげると、その後もスムーズに見て回れるかもしれません。どの乗り物も1回300円で乗ることができます。

地曳網体験など調査や観察会が多い

ささいさん(@sa_sa_i_)が投稿した写真

【須磨水族館】では、館外で行うイベントの募集も頻繁に行われています。かなりの割合で募集が行われるのが地曳網体験で、その後一緒に料理して食べるパターンと、生き物や漂着物を観察するパターンがあります。参加費は無料のことが多く、費用が掛かる場合でも500円程度です。須磨水族館のホームページのトップページを見ると募集中のイベントがわかるので、たまにチェックしてみると面白いイベントが見つかります。

まとめ

【須磨水族館】は、神戸市立の水族館のため入場料が安く、有料イベントも料金が安めに設定されています。また、移動が平面なので、ベビーカーに子供を乗せていても見学しやすい施設です。体験型のイベントも多いため、小さな子供でも記憶に残りやすいでしょう。

須磨水族館】兵庫県神戸市須磨区若宮町1丁目3-5

RELATED POST

あなたにおすすめの記事