働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

17784

子連れで新幹線に乗りたい!移動のコツと裏ワザを知ろう

旅行や帰省時など、新幹線を使う機会は結構ありますが、子供がいるととにかく移動が大変です。騒いだらどうしよう...泣き出したらどうしよう...どうやって車中を過ごせばいいの?と、何かと不安ですよね。私は、子供が生後1ヵ月の頃から新幹線を利用しています。初めは本当に緊張したものですが、何度も経験したおかげですっかり【子連れで新幹線移動】をマスターしました。そこで今回は、【子連れで新幹線移動】を成功させるコツや裏ワザをご紹介します。これをマスターすれば、ママ同士での旅行や母子旅行も気軽に行けますよ。

その①荷物はとにかく減らして軽くしよう

旅行

新幹線は、恐らく旅行や帰省するときに使う方が多いはずです。
そうなると、マザーズバッグだけでも重くて大変なところに旅行の荷物が加わり、大荷物になりますよね。
新幹線の天井付近には荷物を置く棚がありますが、子供を連れて荷物を上げたり下ろしたりする作業は大変です。
また、大型連休や年末年始などの混雑時は、荷物棚のスペースにも余裕がありません。
そのため、できるだけ荷物を減らすことをおすすめします。

・新幹線内や移動中に使う荷物以外は、事前に宿泊先や帰省先に送っておくとよいでしょう。
 もちろん、帰りは自宅宛に荷物を送ることをおすすめします。
(特に、離乳食、オムツ、着替えなどのかさばって重いものは送ると便利!)

・移動中に持つバッグ自体を軽めの素材にしましょう。

・圧縮袋を利用し、少しでも荷物スペースを減らしておくとよいでしょう。

その②食事や授乳を乗車前に済ませてお昼寝率UP

子連れ_新幹線_ 移動のコツ2

新幹線内で子供に食事をさせることはおすすめしません。環境がいつもと違うことで子供は興奮してキョロキョロしてしまい、食事に集中しなくなりがちです。座席は限られたスペースで狭いうえに、食事中にこぼしたり、洋服を汚したりしたら大変ですよね。

そこで、必ず新幹線に乗る前に子供の食事や授乳は済ませておきましょう。食事の時間を逆算し早めに駅に到着して、駅内のレストランや待合室などで食事を取らせることをおすすめします。お腹がいっぱいになってから新幹線に乗車すれば、お昼寝する確率もぐっとあがりますよ。
私はこの方法のおかげで毎回、車内で子供をのお昼寝させることに成功しています!

その③多目的室や多目的トイレの近くの席を予約

shinkansen

新幹線内には、身体の不自由な方のために多目的トイレや多目的室が用意されています。
子連れで新幹線に乗車する場合、オムツ替えや授乳をすることを考えると、このような多目的室や多目的トイレの近くの車両だと安心です。

■多目的室とは?
新幹線には「多目的室」が設置されています。
身体の不自由な方が優先となりますが、利用がない場合は車掌さんに声をかけると鍵を開けてもらえます。
少しゆったりとした個室になっているので、授乳や着替え、おむつ替えなどに利用できます。

■多目的トイレとは?
身体の不自由な方が優先で利用できるトイレです。こちらは一般のトイレより広いので、おむつ替えがしやすいのが特徴です。
また、多目的室や多目的トイレのある車両のデッキは他の車両デッキよりスペースが広いため、子供がぐずったときに少し歩いたり、お散歩したりするのにも使えますよ。

その④車両の前か後ろの通路側がおすすめ

子連れ_新幹線_ 移動のコツ5

新幹線の座席を予約する場合、「③多目的室や多目的トイレの近く」に加えて、車両の前か後ろの通路側をおすすめします。
ベビーカーを持参する場合は、畳んで置く場所に困りますよね。
新幹線の車両の前か後ろなら他の座席よりスペースが少し広く確保されているので、ベビーカーを置くことができます。

また、子供がいるとつい窓側を予約したくなりますよね。
しかし、新幹線にはビジネスマンやゆっくり休みたい方もいらっしゃいます。
子供が騒いだり、泣いたりした場合、おむつ替えや授乳をするために座席を立つ回数が想像以上に多くなります。他の方の迷惑にならないためにも、すぐに座席を立てる通路側にしましょう。

【裏ワザ】当日空いていればラッキーなオープン席をゲット

子連れ_新幹線_ 移動のコツ6

新幹線には、必ず車いすの方専用の座席が確保されています。もし、車いすのお客様の方の利用がない場合は当日に、その座席がオープンにされ、当日に限り予約することができるようになります。
こちらの【オープンシート】は通常3列の座席のところ2列席になっていて、そのまま車いすを置けるスペースが作られています。というわけで、なんとベビーカーを畳まずにそのまま座席に横付けすることができるのです。
混雑時にこちらの席を予約するのは難しいのですが、それ以外で時間に余裕のある日なら【オープンシート】を予約することをおすすめします。

ベビーカーのまま新幹線に乗れて座席に横付けできると、手が空いてとっても楽ですよ。私はこの裏ワザをマスターしたおかげで、毎回とても快適な新幹線の旅を過ごせています。

まとめ

いかがでしたか?子連れで新幹線移動する時も、ちょっとした工夫でグンと楽になります。今回ご紹介した方法を実践してみれば、きっと快適な子連れ新幹線移動ができるはずですよ。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事