働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

16456

4歳女の子ママが行く!子供から大人気の【キッザニア東京】攻略法を徹底解説!

すっかり子どもたちの定番となったキッザニア。4歳以上の子供を持つママたちなら、一度は行ってみようか検討したことがあるはず。
しかし「混んでいそう」「どうやって周ったらいいのか分からない」という懸念から、二の足を踏んでいるママも多いのでは?
そこで今回は【キッザニア東京】の基本情報から周り方、食事まで、その攻略法を徹底的にレポートしたいと思います!

子供に人気の【キッザニア東京】ってどんなところ?

キッザニア東京

キッザニア東京は楽しみながら社会のしくみを学ぶことができる「こどもが主役の街」です。企業が協賛するパビリオンで様々な職業体験をすることができます。

営業時間は1部と2部に分かれており、1部が9:00~15:00、2部が16:00~21:00の完全入れ替え制。
2部は小学校下校後の子供でも来られる時間帯なので、未就学児は1部で行ったほうが比較的空いていて周りやすいといえます。
なお営業時間の30分前から開場となり、お仕事の受付が始まります。

また、毎週水曜日は「English Wednesday」。半数以上のお仕事が英語で行われています。我が家の娘は初キッザニアがこのプログラムでしたが、ボディランゲージも合わせて優しく説明してくださり楽しく参加することができました。簡単な英語での挨拶や自己紹介もするので、英語体験としてもおすすめです。
入場するにはwebからの事前予約が◎。4か月先までの予約が可能です。当日でも空きがあれば当日券が発行されますが、混み具合によっては取り扱わない場合もあります。

キッザニア東京に行く前に子供がどのお仕事をするか決めよう!

kids

キッザニア東京で体験できる職業は90種類以上! 当日入場してからどこに行こうか決めるより、事前にある程度目星をつけたほうが効率的といえます。1つのお仕事あたり、体験所要時間は大体30~40分前後(※お仕事により前後します)。待ち時間も考えて、あらかじめ4種類ほどピックアップしておけば安心ですね。

中でも人気のお仕事は以下の通り。開場と同時に予約(※後述)をしないと即受付終了になってしまうものばかりです。
・お菓子工場(森永製菓)
・ウエディングセレモニー(ゼクシィ)
・メガネショップ(Zoff)
・はんこ屋(三井不動産) 

初めてのキッザニアの場合、混み具合によりますが平均4~6種類のお仕事体験をして、食事ができれば御の字。親のほうが興奮して早く周りたい気持ちが募りますが(笑)子供のペースに合わせて、休憩をはさみながら周りましょう!

子供はキッザニア東京のお仕事3点セットを使いこなそう!

キッザニア東京

まず入場するともらえるのがトラベラーズチェック、JOBスケジュールカード、シティマップの「お仕事3点セット」。
ここで知っておきたいのが、キッザニアでは専用通貨の「キッゾ」があるということ。入場受付時に、50キッゾ分のトラベラーズチェックをもらうことができます。これはそのまま「キッゾを払う」パビリオンで使用できます。またキッゾは、お仕事をするとお給料としてもらえるほか、銀行に預金もでき、経済の仕組みを学ぶことに繋がります。
JOBスケジュールカードはお仕事の受付・予約をするための大切なカードです。子供自身がこのカードを持って目的のパビリオンに行き、受付を済ませる必要があります。

では、先ほどから出てきている「予約」とは何のことでしょうか?
キッザニアもディズニーのファストパスのように、次に周りたいお仕事の予約をすることができます。ただし、2つのお仕事を同時に予約することはできません。予約したお仕事が終了すると新たに予約をとることができます。各パビリオンには待ち時間も表示されており、随時更新されているので、周る時はこまめに確認するようにしましょう!

子供と周る時は【キッザニア東京】にあるインフォメーションボードをチェックしよう!

キッザニア東京

【キッザニア東京】に入ると各パビリオンの入り口に、このようなインフォメーションボードが掛けてあるのが目に入ります。注目すべきは右側の4つの数字。

左上から時計まわりに、①参加定員人数 ②所要時間目安 ③もらえる(もしくは支払う)キッゾの額 ④おすすめ年齢 となっています。

注目すべきは①と④。お友達同士など大人数で行く場合、参加定員人数によっては、全員同じ時間帯に入れないこともあるので注意が必要です。
また難易度によっては5歳~参加可能なお仕事もあるので、年齢制限がないかも合わせて確認したほうが良いでしょう。

ここまでがキッザニアの基本知識になります。
では、ここからは入場してからどのように周るのが効率的かを解説します!

子供は【キッザニア東京】に入場と同時にお仕事を予約!ランチを確保すべし!

キッザニア東京

入場をしたら早速お仕事をしたくなるのが子供。でもちょっと待って! その気持ちを抑えてまずはお仕事の予約をしましょう。
ここでのポイントは待ち時間が長いお仕事を予約すること。その間に別のお仕事をすることが可能になります。
さらに1部の場合、フード系のお仕事も早めにチェックすると良いでしょう。作ったものをランチにするため、お昼にかけてこの手のお仕事は混みあう傾向にあります。早めの時間帯に体験してしまい、ランチまでは持ち歩くというのもおすすめです。

ランチにおすすめのフード系お仕事は以下の通り。

・ハンバーガーショップ(モスバーガー)
・ピザショップ(ピザーラ)
・サラダショップ(RF1)
・食品開発センター(ニチレイ)
・料理スタジオ(ABCクッキングスタジオ)

穴場は食品開発センターと料理スタジオ。
娘が行ったときは食品開発センターではピラフ、料理スタジオではちらし寿司をつくることができました。いずれも待ち時間が短く衣装も可愛い!
なお【キッザニア東京】で作った食品は、衛生上の観点から施設内で消費することが原則とされているので、持ち帰りはしないようにしましょう。

ママのランチについては、キッザニア内にモスバーガーやピザーラ、RF1などの実店舗があるため、購入して子供と一緒に食べることができます。

子供が【キッザニア東京】で手に入れたキッゾやトラベラーズチェックはどうする?

キッザニア東京

キッザニア東京内にはいくつかの車が走っています。男の子は目を輝かせて喜ぶことでしょう。ただこのタイプのパビリオンには落とし穴が。車の乗車時間分、他のパビリオンよりも時間がかかってしまうのです。消防署、病院、宅配センター、観光バスが主だったものですが、この中であれば最大でも2種類くらいがおすすめ。
ただこの乗車時間を逆手にとり、この間にランチの席確保や、ママのランチ調達をするという手も。子供はスタッフの方の元に必ずいますし、お任せすることができるのも、【キッザニア東京】ならではのメリットといえます。

中でも人気なのは消防署。キッザニアのPR写真でもお馴染みですが、消防士の服を着て火災現場まで車で移動し、消火活動をするといったもので、迫力満点。
年齢が少し上がると消防車で移動する際のアナウンスも任せてもらうことができます。

病院で体験できるのは救急救命士。人工呼吸の仕方やAEDの使い方を学ぶことができます。本格的な内容になっていて、私自身が企業で働いていたときに受講した救急救命講習とほぼ同じ内容だったのには驚きました!

・消防署(アメリカン・ホーム・ダイレクト)
・病院・救急救命士(Johnson&Johnson)
・宅配センター(ヤマト運輸)
・観光バス(はとバス)

女の子におすすめ♡【キッザニア東京】では看護師さんになって赤ちゃんのお世話ができます

キッザニア東京

キッザニア東京の対象年齢は3歳から。3歳未満の子どもは体験することはできませんが、もちろん一緒に入ることはできます。ただ動きたい盛りの1歳~2歳。そんな時のために施設内にはいくつかのベビースペースがあります。

その中でもミルクハウスの中にあるスペースでは、調乳できるレンジやポットが完備されているだけでなく、ベビーフードや粉ミルクが無料で提供されています。
おもちゃや絵本もあるので、下の子供がいるママには本当にありがたい空間ですね。

ちなみにミルクハウス(森永乳業)でのお仕事はパフェ作り。
同様のスイーツを作るパビリオンにはソフトクリームショップがありますが、混んでいる上にすぐに食べないと溶けてしまうという難点が。
その点、ミルクハウスはパフェの持ち運びができますし、パビリオン自体が奥まったところにあって比較的空いているので、意外な穴場と言えます。

上の子供が目の前で体験している間、下の子供の息抜きもできる。【キッザニア東京】はまさにママに優しい施設ですね!

ママと子供が【キッザニア東京】で知っておいたら便利なポイント

キッザニア東京

冬に訪れる場合、屋内ではコート類がかさばりますね。【キッザニア東京】の入り口横にはロッカーがあるので、入場前に預けるのがおすすめです。

また、施設に入ると入国カードがもらえるのですが、途中入退場の場合は必ずこのカードが必要になります。
友達同士で入り、途中で誰かが抜ける場合も、このカードが必要になるので注意が必要です。

まとめ

ディズニーリゾートに次ぐ屈指の人気スポットに躍進した【キッザニア東京】。うちの子供にはまだお仕事体験は早いかしら…と思っているママのみなさん。子供は意外にママがいないところで大きく成長しているものです。
楽しそうに参加する子供の姿を見て、思わず涙してしまうかもしれませんよ!

次のお休みには是非、キッザニアを訪れてみてはいかがでしょうか?

RELATED POST

あなたにおすすめの記事