働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1648

入場無料の【かまぼこ博物館】でアクティビティを体験しながら『食育』をしよう!

ライターの久保居 亜由美です。

蒲鉾は日本伝統の食品として、昔から各家庭で食べられてきました。
お祝いごとや行事食にも欠かせない食品ですよね。

ですが、かまぼこが何からできているのか、子供に教えられない親が少なくないと知って驚きました。

そんな蒲鉾の歴史を学んだり、実際に作ったりできる【かまぼこ博物館】が子供の食育にピッタリですのでご紹介いたします。

【かまぼこ博物館】の楽しみ方

P9187110

「かまぼこ」を通じて、お買い物やお食事、歴史、伝統、見学、体験などを楽しめる「かまぼこの里」の中に【かまぼこ博物館】はあります。

P9187105

施設の外には、顔出しパネルも。

P9187047

【かまぼこ博物館】は、かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことなど、楽しみながら学べる博物館です。
また、ガラスごしでかまぼこ職人たちの技を身近で見られるうえ、実際のかまぼこづくりも体験できます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

■かまぼこ・ちくわ手づくり体験教室

P9187060

職人さんと一緒にかまぼこやちくわを作る体験ができます。

もちろん、見学もできるのですが、目の前でできあがっていくかまぼこやちくわの香りを嗅いでいるだけで、お腹が空いてきます。

P9187057

普段は買って食べているかまぼことちくわを実際に作ってみませんか。

自分で作ったアツアツ出来たてを食べたら、きっと感動するのではないでしょうか。

かまぼこやちくわ嫌いのお子様も好きになるかも!?

P9187062

■板絵ギャラリー

P9187070

>1982年より行っている「小さな美術展かまぼこ板絵国際コンクール」作品常設ギャラリーです。4ヶ月毎に展示作品の入替を行います。

有名な作家さんの作品も多数飾られています。小さなかまぼこ板のキャンパスに大きな世界がいっぱい。

P9187069

子供だけでなく、大人も見て楽しめる板絵がずらっと並んでいました。

P9187067

■魚の勉強もできます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かまぼこを知るコーナーもあり、タッチパネルで情報検索したり、顕微鏡を覗いてミクロの世界を探検も。

かまぼこに関係のある魚の展示もされていたりと、遊びながらかまぼこのことがわかります。

■鈴廣のかまぼこは「天然素材・安心無添加」

家族の健康を預かるママにとって、気になる添加物。

鈴廣のかまぼこは「天然素材・安心無添加」なので、安心して家族みんなで食べることができます。

P9187114 P9187115

こんなかわいいトミカモチーフのかまぼこや、リカちゃんのかまぼこを子供のお弁当に入れたら喜びますよね。

P9187116

また、メッセージなどを入れてオリジナルのかまぼこを作ることができるプリカマをお土産にしてはいかがでしょう。

P9187123 P9187124

【かまぼこ博物館】で学んだあとはカフェでひとやすみ

P9187153

【かまぼこ博物館】で学んでつかれたら、鈴なり市場にある【汐風カフェ】でひとやすみにおすすめ。

旬のフルーツたっぷりのおいしいスイーツが楽しめるのはもちろん、窓が大きく、開放感がありますし、キッズチェアも用意してくださいます。

また、ここのカフェがおすすめの理由はこれ。

P9187142

窓側の席からはこんなに近くに電車が見えるんです。

風祭駅がすぐそばに!

喜ぶ子供は多いのではないでしょうか。子供が電車にくぎ付けになっている間に、ママとパパもひとやすみを。

P9187148

店舗詳細

汐風カフェ

神奈川県小田原市風祭245
電車(箱根登山鉄道)風祭駅下車すぐ

0465-24-3141

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大人も子供も一緒にかまぼこについて学んでみたくなりましたか。
【かまぼこ博物館】は入場無料なので、ショッピングやお食事のついでなど気軽に立ち寄ってみてください。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事