働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 1608

罰則や事故の原因にも!親子で守る自転車ルール

子連れで移動するのに欠かせない自転車。電動自転車が当たり前になったおかげで、昔よりも機動性が良くママも楽々♪おでかけにも気軽に使えますよね。

ところで、自転車の交通ルールは理解していますか?2015年6月から改正道路交通法が一部施行されたことで、自転車も取締りが強化され、罰則も厳しくなりましたが、まだまだ認知度は高くないようです。
春からの自転車で通園・通勤デビューするママも、毎日子供を乗せて自転車を乗りこなすベテランママも、今一度自転車ルールを確認してみませんか?警察の方から、特にママに気をつけて欲しい点などのお話を伺ってきました。

知ってた?守らないと罰則のある自転車ルール

「自転車は車道を走る」「子供はヘルメットを着用する」といった基本的な自転車のルールを学ぶことはもちろん大切ですが、まずはどんな時に罰則があるのか気になったので、警察の方にいただいた資料からまとめてみました。
知らずにやっていたことが、実はルール違反だったりしませんか?ぜひ自分の普段の行動を振り返ってみてください。

【守るべき自転車ルールと罰則の例】

・車道は左側を通行すること
 →3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

・自転車道がある場合は自転車道を通行すること
 →2万円以下の罰金又は科料

・飲酒運転禁止
 →5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

・2人乗り運転(幼児用座席を除く)禁止
 →2万円以下の罰金又は科料

・他の自転車と並んで走行してはいけない
 →2万円以下の罰金又は科料

・夜間はライトを点灯すること
 →5万円以下の罰金

・信号無視禁止
 →3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

・一時停止標識がある場所では必ず止まる
 →3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

・踏切の遮断機が閉じようとしている時や警報機が鳴っている間は踏切に立ち入らない
 →3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金

・ブレーキ不良(備えていない)自転車運転禁止
 →5万円以下の罰金

・傘差し運転、携帯などの物を持ちながらの運転禁止
 →5万円以下の罰金

・イヤホン等で周りの音や声が聞こえない状態での運転禁止
 →5万円以下の罰金

気になる自転車ルール、これはOK?NG?

jitensyarule02

次に、自転車を日常的に使うママが知っておきたいルールと例外的なことについて、Q&A形式でご説明します。

Q1:自転車1台に子供は何人乗せていいの?

A1:一般的な自転車には6歳未満の幼児を1人だけ乗せることができます。さらに6歳未満の幼児をおんぶ紐などでおんぶして乗ることも可能だそうで、この場合、ママ1人の自転車に子供2人が乗れることになります。

また、最近では幼児二人用同乗自転車として販売されている自転車がありますが、これは2人子供が乗れるような特別な造りになっているので、前と後ろに座席をつけ、6歳未満の幼児を2人乗せることができます。ただし、この自転車ではおんぶしてもう一人乗せることができません。つまり、どんな自転車も子供は2人までということです。

Q2:自転車は車道を走らないと違反だって言うけど、近所の車道は道幅が狭い上に車が多くて子供を乗せていると怖いし、なにしろ駐車してる車が多すぎて通れないんですが…。

A2:道路工事や駐車車両が連続しているために車道の左側部分が通れない場合や、交通量が多く、車道の幅も狭いなどの理由で自転車の通行の安全が確保しづらい時には歩道を通行してもOKです。

また、歩道に「普通自転車歩道通行可」の標識がある場合は、自転車でも歩道を通行することができます。その代わり歩行者優先なので、基本的に車道寄りを徐行運転すること、そして人が多ければ降りて自転車を押すなどの配慮もお願いします。

Q3:自転車のベルの正しい使い方って?歩道で歩行者が道を塞いでいたら鳴らしていいの?

A3:歩行者をよけさせる目的で使用することはできないので、上記の理由では違法行為になります。自転車のベルは車のクラクションと同じで、むやみに使わず、見通しの悪い交差点や道路を通行するときや、危険を防止するためやむを得ないときのみ使いましょう。

子供が事故に遭わないために気をつけること

jitensyarule03

子供の交通事故の割合で言うと、自転車乗用中の事故が6割を超えるそうです。
また、歩行中の事故死傷者のうち、年齢別に見ると7歳が一番多く、次に8歳と続きます。一人で歩く機会が増え始めるのに反してまだ経験が浅く、危険予知能力が低いためだそうです。

子供の事故を防ぐために親ができる一番大切なことは、子供と一緒に通学路や近所のよく通る道を歩きながら危険な箇所や交通ルールについて説明すること(交通安全教育)です。

もちろん、子供が交通ルールを守っていても、相手が信号無視やわき見運転をすることで事故に巻き込まれてしまうことも多々あります。そういった悲しい事故を防ぐためには、なるべく車の運転手とアイコンタクトを取るように指導することが有効だそうです。
青信号で横断歩道を渡るときでも、必ず「左右の安全確認」を行い、近くに車がある時には、運転手が自分のことを見つけてくれているか確かめさせることが重要です。

子供は背が小さいために死角に入りやすいので、子供自ら相手の視界に入っているか確認することで運転手の視界にも入ることになり、事故が未然に防げます。

①道路に飛び出さない
②信号を守る
③青信号でも左右の安全確認をすること
④道路で遊ばないこと

当たり前のことですが、この4つは、小さいうちからきちんと教え込みましょう。

まとめ

いかがでしたか?毎日のように自転車に乗っていると、つい注意不足になってしまったり、歩行者の気持ちになってゆっくり交通ルールについて考えることもなかったりするのではないでしょうか。
悲しいことに、どんなに自分が気をつけていても、交通事故は起きてしまいます。危険を最小限に抑えて、安全運転で子供と楽しく自転車ライフを送りましょう。

殊野 真緒

1歳女の子のママ。親子モデル・ライター・ブロガーとして活動中の1児のママ。家庭の省エネエキスパートの資格を持ち、省エネ・エコ・プチDIY・ハンドメイド・アプリが得意分野。マイブームは段ボールや牛乳パックで家具雑貨作り。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事