働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

12824

子供もママも大満足!子連れディズニーシーの楽しみ方を紹介します

子連れでディズニーランドはよく行くけれど、ディズニーシーはあまり行かないという話をよく聞きます。
理由は「雰囲気が大人っぽいから」「小さい子供の遊ぶところが少ないから」など様々。
まさに私がその考えのひとりでした。
でも行ってみたら違ったんです!小さな子供が楽しめるアトラクションやショーがたくさんあり、いつも行くディズニーランドよりも充実していました。
娘の6歳のお誕生日(年長さん)に行って、実際に開園から帰るまでに周ったルートをご紹介します。

子連れディズニーシーの楽しみ方①「ヴィレッジ・グリーディングプレイス」でダッフィーと写真を撮り、気分を盛り上げよう

ディズニーシー

ディズニーは開園時間が日によって変わるのですが、私が行った日は平日の月曜日で朝8時半オープンでした。
1番人気の「トイ・ストーリー・マニア!」のファストパス(FP)が取りたかったので、8時に着くように行きました。
そして開園と同時にまず私だけ1番行きたいと思っていた「トイ・ストーリー・マニア!」のところまでダッシュ!

ところが、FPですでに60分待ち!
『え!?FPでこんなに並ぶの?』
10列で並んでおります~のアナウンスを聞いて泣く泣く諦めました。

ちなみにこの日は9時の時点で200分待ちでした。
子連れで行く場合、「トイ・ストーリー・マニア!」を潔く諦めるのもひとつの手かもしれません。

ディズニーシー、ディズニーランドの両方の待ち時間が分かる無料アプリがあるので、これを予めダウンロードしておくことをおすすめします。

*無料アプリ:アトラクション待ち時間

一方、私が「トイ・ストーリー・マニア!」に行っている間夫と娘は「ヴィレッジ・グリーディングプレイス」へ。
ここではダッフィーと一緒に写真が撮れます。
ディズニーシーにはディズニーランドと違って6カ所もキャラクターと写真が撮れるところがあるんですよ。

注意が必要なのが、「ヴィレッジ・グリーディングプレイス」には家族揃わないと列に並べないということ。
入口でキャストの人に止められます。
必ず家族揃って一緒に行きましょう!

子連れディズニーシーの楽しみ方②パレードは空いている場所から遠目から見ても感動します!

disney2

ディズニーシーのパレードもすごく楽しいですよね。
私たちは10時半からのパレード「ファッショナブル・イースター」を見ました。

リドアイルというキャラクターが陸上で踊る場所があるのですが、近くの高い場所から見ました。
ここからもバッチリミッキーたちも見えました!
パレードは目の前でなかったけれど、音響の側だったので見応えも十分あります。
人があまりいないので、高台はパレードも見るときのおすすめの場所です。

子連れディズニーシーの楽しみ方④「ホライズンベイ・レストラン」でミッキーやミニーと触れ合う

ディズニーシー1

お昼ごはんはとにかく混むので早めか夕方に食べるのがベスト。オープン時か閉園近くが1番空いています。
「ホライズンベイ・レストラン」ではご飯を食べながら、ミッキーミやニー、プルートがテーブルにきてくれます。

11時15分頃入って45分待ち。

lunch

メニューは大人も子供もサラダ、スープ、デザートの中から2品選べます。
大人のメインは3種類の中から選べました。
子供はキッズプレートです。

kidslunch

私たちはソファー席に通してもらいました。
テーブルに着くと、さっそくミニーちゃんがやってきてくれました。
サプライズで娘に「チュッ!」これに娘はびっくり大喜び。

熊本薫ディズニーシー

ミッキーもぎゅーってしてくれてサインもくれて、プルートも一緒に踊ってくれました。
ぐるぐるテーブルを周っているので、何回も触れ合うことが出来ます。
子供もママも大喜び間違いなしのレストランです。

子連れディズニーシーの楽しみ方⑤キャラクターショーは子供も楽しめる仕掛けがいっぱいです

マジックランプシアター

次に向かったのはマーメイドラグーン。
「マーメイドラグーンシアター」や「ジャンピン・ジェリーフィッシュ」という上下にゆっくり動く乗り物があります。
ここでしばらく遊んでお隣にある、アラビアンコーストへ行きました。

3Dのメガネをかけて見る「マジックランプシアター」のFPをとって、時間になるまで「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」へ。
これはゆっくり動く船に乗るアトラクションですが、結構暗いところが多いので、小さな子供にはちょっと恐いかもしれません。

shinndobad

その後「マジックランプシアター」の時間になったので観ました。

もう、期待以上の楽しさ!!
娘も大喜びしていました。
ディズニーシーに行ったらショーは絶対に観た方がいいです。

子連れでディズニーシーの楽しみ方⑤子供が会話をすることが出来るのであれば「タートル・トーク」に行くべし

bigband

次に向かったのはブロードウェイ・ミュージックシアターの「ビッグバンドビート」へ。
大きなホールでミッキー、ミニー、デイジー、マリーちゃんたちのショーが観られます。
※土日は抽選みたいです。

我が家は15時30分の回を観ました。
すごく迫力があって楽しかった~!
そして何より必ず座れるし、涼しいところもポイントでした。
大人は寝ないように注意!

そしてラストは娘が楽しみにしていた「タートル・トーク」!
「クラッシュに張り切って質問するんだ!」と意気込んでいました。
ta-toru

キッズ鑑賞スペースがあるので、子供は低めのベンチ椅子でウミガメのクラッシュと話せます。

そしてついに質問の時間が来て娘が真っ先に「はーーーい!!」と挙手。
クラッシュから指名を受けて無事話すことが出来ました。

子供がチンプンカンプンなことを言っても、うまくクラッシュが会話を続けてくれます。
「クラッシュとお話が出来たー♪」と出た後も楽しそうでした。

そして「タートル・トーク」が終わり、ディズニーシーを出たのは17時すぎ。
朝からたくさん遊べて、大満足の娘でした。

end

まとめ

いかがでしたでしょうか。
身長が低かったり、ジェットコースターのようなアトラクションでなかなか遊べない子供も楽しめるルートを紹介しました。
ディズニーシーへ行くときの参考になると嬉しいです。
家族みんなで楽しんで来てくださいね。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事