働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

ハート 3112

ママも子供もこれで安心!お出かけに必須な虫よけ対策

外遊びやキャンプなど、アウトドアに最適な季節がやってきましたね!夏は紫外線対策に気をくばる人が多いと思いますが、同じくらい気をつけたいのが虫よけ対策。暑いと蚊やブヨなど、虫たちの活動範囲も広がります。虫に刺されると、特に子供は我慢出来ずにかいてしまい、患部を悪化させてしまうことも少なくありません。「気づいたら蚊に刺されていた」なんてことにならないよう、外へ出るときは親子で虫よけ対策をしましょう。

化学物質には要注意!虫よけ選びの注意点

虫よけと聞いて多くの人が思い浮べるのは、スプレータイプのものではないでしょうか。体や衣服にシュッとスプレーするだけなのでとても手軽ですが、赤ちゃんや子供に使う場合は吸い込んでしまわないよう注意が必要です。中には天然成分を使ったものもありますが、虫よけの成分としてディートと呼ばれる化学物質を使っているものも多くあります。正しく使えば虫よけ効果は高いと言われていますが、口に入る可能性があることから、手や顔へはスプレーしないようにとされています。多くの虫よけは、生後6ヶ月までは使用できません。ディートが使われている虫よけに関しては2歳未満までは1日1回、2歳以上12歳未満までは1日3回以内と定められています。
使われている成分やタイプによっても異なるので、必ず確認して使用方法を守りましょう。

子供も安心!タイプ別、おすすめの虫よけ

虫よけは様々なタイプのものが販売されています。子供でも安心して使える、おすすめの虫よけをタイプ別にご紹介します。

【パーフェクトポーション】 アウトドアボディスプレー

天然成分が配合された、さわやかな香りのするスプレータイプの虫よけです。
体にスプレー出来るのはもちろん、テントの中など屋内空間にスプレーすることでも効果があります。
お肌に優しいスプレーなので、子供はもちろん敏感肌の大人も安心して使えます。

【フマキラー】 スキンベープ 虫よけスプレー

ミストタイプのスプレーで、ディートを10%使用しています。
大容量で低価格。蚊以外にブヨやマダニなどにも効果的なので、毎日の虫よけ対策で使うのがおすすめです。

【ピジョン】 虫よけ ジェルタイプ

ジェルタイプの虫よけはスプレータイプと違って吸い込む心配もなく、お肌が露出している部分に直接ムラなく塗ることができます。
チューブ型の容器で持ち運びも便利です。無香料なので、虫よけの香りが苦手な人にもぴったりです。

【ピジョン】 虫くるりん シールタイプ

洋服や帽子、ベビーカーなどに貼るタイプで、虫よけ効果のある天然ハーブがシールに染み込ませてあります。
1回につき6か所貼るのが目安で、子供が簡単にはがせない場所に貼るのがポイントです。ほかにも布用ミストやつり下げタイプも。

【Youhome】 虫よけリング

おしゃれでファッション性が高い、ブレスレット型の虫よけです。
サイズ調節が可能なので、腕はもちろんベビーカーやバッグなどにも付けられます。成分も天然由来のものが使われているので、小さな子供でも安心です。

外にいる時間や場所に合わせて種類を使い分けても良いですね!
スプレータイプは肌に直接散布した後に、手で広げるとより効果的です。虫よけと同時に日焼け止めを塗る場合は、必ず日焼け止めを先に塗りましょう。

虫よけ対策は洋服の選び方もポイント

スプレーなどの虫よけ以外にも、簡単に虫よけ対策できる方法がいくつかあります。

・汗をこまめにふく
蚊などの虫は、汗のニオイに誘われてやってきます。暑い夏に刺されることが多いのは、この汗が原因の一つです。汗をかいたら放置せず、こまめにふき取ると良いでしょう。ふき取った後は再度虫よけするのを忘れずに。

・お肌の露出を控える
肌の露出が多いほど、虫に刺されるリスクも高まります。山など自然が多い場所へ行くときは、なるべく肌の露出を控えた服装で行きましょう。軽くてサラッとした、通気性の良い素材のものを選べば暑さ対策も万全です。

・明るい色の服を着る
虫は黒などの暗い色や、花粉に似た黄緑や黄色の服に寄ってくると言われています。キャンプなどのアウトドアではなるべくこれらの色を避けて、明るい色味の服装を心がけましょう。

・虫よけ効果のある服を着る
防虫効果のある成分を素材に織り込むインセクトシールド加工を施して作られた、着るだけで虫よけになる洋服もあります。

【CAYA】
おしゃれな着る虫よけとして人気のブランドで、メッシュタイプのパーカーは、ロンパースや大人用のサイズもあります。
そのほかTシャツやパンツも豊富で、虫よけ対策の全身コーディネートが揃えられます。

まとめ

スプレーやシールなどでの対策はもちろん、汗や衣服に気をつけることも大切です。
虫に刺されると思わぬトラブルを引き起こすこともあります。日ごろから虫よけ対策をしっかりして、楽しい夏を過ごしましょう!

Shuka

好奇心旺盛なアラフォーフリーランス(ライター/ブロガー)。夫・高1の娘・小3の息子の4人家族です。読みやすく、ためになる記事を心がけています。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事