働くママと子供の毎日をもっと素敵に。MAMAPLA(ママプラ)

1208

夏休みに一押しの子連れ東京観光スポット【新宿・井の頭公園・東京駅】

もうすぐ夏休みが近づいて来ました。この夏休みに東京旅行を考えていらっしゃるママも多いのではないでしょうか?今回は子連れでも気軽に楽しめる東京観光スポットを3ヶ所ご紹介したいと思います。
特に新宿の観光スポットは東京在住者でも知らない方が多い穴場の展望室なので、ぜひ足をお運びください。

新宿のど真ん中に45Fの無料展望室!?

都庁

まず、最初にご紹介するのは新宿の中心にある、東京在住者でも知らない方が意外と多い、穴場の無料の展望室です。なんと、その展望室「都庁」の中にあります!

45階の展望室からは晴れていれば、東京タワーやスカイツリーだけでなく、富士山まで眺めることができます。展望室には南展望室(第1及び第3火曜日定休)と北展望室(第2及び第4月曜日定休)があり、それぞれの休室日が違うので、事前に都庁の公式ホームページでチェックをされてから見学されることをおすすめします。

また、都庁には清潔な授乳室やオムツ交換台まで完備されているので、赤ちゃん連れでも安心して訪れることができます。

さて、私は南展望室と北展望室を両方見学しましたが、南展望室の方が東京タワーを綺麗な角度で見ることができるので、一押しです。そして、景色を見ながらランチを楽しみたいご家族には、北展望室がおすすめ!

画像は北展望室のランチメニュー(2016年5月に撮影)です。
サラダとドリンクまでセットで約1,200円とお得ですよ。北展望室は東京タワーの方角を眺めながら食事をできるレストランがあり、座席も広々としており、子連れでも安心して利用できます。

都庁は新宿駅の西口から徒歩10分ですが、繁華街ではなく、オフィス街なので、あまり道も混雑しておらず、ベビーカーでものんびりとお散歩を楽しむことができます。

都庁の展望室は9時30分から23時まで(入室締切22時30分)入室できるので、新宿の夜景まで楽しむことができます。

この夏休みに東京旅行を考えているご家族の方は、ぜひ都庁の展望室も見学されてくださいね!

大人から子供まで楽しめるお洒落な「井の頭公園」

井の頭公園

次にご紹介するのは「住みたい街ランキング」で常に上位を獲得している吉祥寺駅から徒歩すぐの「井の頭恩賜公園」です。

井の頭公園は吉祥駅(中央線、または京王井の頭線)の公園口改札を出て、丸井の前の信号を渡り、そのまま丸井の脇の路地を真っ直ぐに歩くだけで簡単にたどり着けます。
丸井から井の頭公園へ向かう道にはとってもお洒落な雑貨屋さんやオープンカフェがあるので、ママも散策しているだけでワクワクするはず!そして丸井から井の頭公園へ向かう道にファミリーマートがあるので、飲み物やサンドイッチなども購入することができますよ。

平日でも井の頭公園は意外とランチタイムはベンチが混んでいるので、レジャーシートを忘れずに持っていくことをおすすめします!

井の頭公園は、遊具は少ないのですが、緑がとっても多く、特に晴れた日のレジャーシートで食べるランチは最高に美味しいです。

井の頭公園には「井の頭自然文化園」と呼ばれる小さな動物園があります。
園内には清潔なおむつ交換スペースや遊具が充実した広場もあるので、子連れでも安心して利用できます。

残念ながら、長寿の象として有名だったはな子ちゃんは2016年5月26日に永眠されてしまいましたが、井の頭自然文化園には可愛いモルモットとふれ合うことができるコーナーや、間近でリスを見学することができるエリアがあるので、子供達は大喜びのはず!

正門入口から入園すると、すぐ右側にモルモットのふれ合いコーナーがあります。
モルモットのふれ合いタイムは(午前10時~正午、午後1時から3時まで)時間制限があるので、事前にネットで調べてから来園することをおすすめします。

また、小さな遊園地スペースもあるので、特に幼稚園児以下のお子さんに喜ばれると思います!
敷地の広い動物園は歩くことに子供達が疲れてしまい、途中からグズグズになってしまうパターンが多いのですが、井の頭自然文化園は小さな動物園なので、子連れにはベストサイズの大きさだと思います。

暑い日は冷房の効いた「東京駅」の穴場スポットへ

東京駅

最後にご紹介するのは、東京駅八重洲北口地下一階にある「東京キャラクターストリート」と「東京おかしランド」です。

東京駅は平日でも混雑をしていて、帰省をする際の手土産を買うお店を探すだけでも悩んでしまいますが、そんな時は東京駅八重洲北口地下1階へ行けば、子供用のお土産から大人にも喜ばれるお菓子まで全てを購入することができます!

まず、東京キャラクターストリートにはキャラクターショップだけでなく、NHK、在京キー局5局のオフィシャルショップなどもあり、子供だけでなく、ママの好きなドラマのグッズ探しなどを楽しむことができます。

また、松竹の歌舞伎グッズ専門店もあり、親子3代でワクワクした時間を過ごすことができます。
特にプラレールのショップでは実際に走っているプラレールを見学することができるので、年少の息子は大興奮でした。

また、女の子に大人気のハローキティショップやプリキュア プリティストアもあるので、年齢や性別に関係なく、楽しい時間を過ごすことができます。
夏休みにご実家へ帰省される方は東京キャラクターストリートで、ご親戚のお子さんへの手土産を買われるのはいかがですか?

そして、東京おかしランドでは、「ぐりこ・や Kitchen(江崎グリコ)」「森永のおかしなおかし屋さん(森永製菓)」「カルビープラス(カルビー)」の3社に加えて、イベントエリアでは期間限定ショップを楽しむことができます。また、工場見学のように、ガラス越しにお菓子を作っている様子を見ることができるので、お料理好きのママには一押しの場所です!

全国の地域限定のお菓子も販売されているので、東京おかしランドへ行けば、日本全国のご当地スイーツを味わうことができてしまいます!
もちろん、東京限定のお菓子も販売されているので、ご実家へ帰省される際やママ友への手土産に喜ばれると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

夏休みに子連れで東京観光をされるママはぜひ、都庁の展望室、井の頭公園、東京駅をチェックされてください。
親子で素敵な時間を過ごすことができますように。

RELATED POST

あなたにおすすめの記事